尾山神社 参拝レポート 〜 ステンドグラスが美しい 金沢市中心部にある 前田利家公を祀った ちょっとモダンな神社に参拝 [金沢神社]

広告


金沢市の中心部、武蔵が辻と香林坊の中間あたりにある「尾山神社」という神社に参拝してきたのでご紹介。

金沢は市の中心部にたくさん神社があるのだが、その中でも異彩を放っているのがこの尾山神社。

神門は明治8年に造られたモダンなスタイルのもので、神社には珍しくステンドグラスが嵌め込まれている。

パッと見たら神社の門とは思えないだろう。

前田利家公がご祭神の、いかにも金沢らしい神社である。

さっそく紹介しよう。

尾山神社 基本情報

神社名 尾山神社
住所 石川県金沢市尾山町11-1
電話番号 076-231-7210
創建年 明治6年(1873年)3月14日
ご祭神 前田利家公

お松の方

入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 公式サイト

Wikipedia

尾山神社 御由緒

以下は公式サイトからの引用。

尾山神社の歴史

慶長4年(1599)閏3月3日、利家公が薨去します。その後、二代利長公は、利家公を仰ぎ神として祀ろうとしました。しかし、当時、前田家は、なんといっても外様大名の立場です。徳川幕府の許可なくして、勝手なことはできません。利長公とて、徳川幕府をはばかり、公然と神社創建に踏み切ることができませんでした。

そこで利長公は、守護神としていた物部八幡宮ならびに榊葉神明宮を遷座する名目で、卯辰山麓に社殿を建立し、利家公の神霊を合祀しました。これが、卯辰八幡宮です。むろん藩あげて、厚く祭儀を執り行い、尊崇しました。

ちなみに、物部八幡宮は、もと東海老坂村の鎮座です。利長公が、越中国の守山城におられたとき、守護神としていました。榊葉神明宮は、もと越中国阿尾の鎮座です。

加賀藩祖前田利家公と正室お松の方を祀る

さて、廃藩置県後、旧加賀藩士等は祭祀を継続し、利家公の功績を不朽に伝えんと、明治6年旧金谷御殿の跡地である現在の社地に社殿を新築しました。尾山神社と称して、郷社に列せられます。翌明治7年には県社に昇格、そののち明治35年には別格官幣社に列せられました。また、平成10年には正室であるお松の方も合祀されました。

尾山神社 地図とアクセス

金沢駅より北鉄バス南町・尾山神社下車徒歩3分。

最新!尾山神社 2回目の参拝レポート! 2019年11月

参拝日と参拝方法

2019年11月18日(月)に参拝。

社頭参拝。

当日の様子

▲ やってきました尾山神社。

この参道もモダンというか神社っぽくない。

 

▲ 鳥居から神門を臨む。

 

▲ 観光地らしく英語や点字の表記もある。

 

▲ そしてこちらが神門。

夜はステンドグラスが美しくライトアップされる。

 

▲ 神門は重要文化財に指定されている。

 

▲ そして拝殿へ。

この奥に本殿がある。

 

▲ 利家公の銅像。

うしろの紅葉が美しい。

 

▲ そして尾山神社はこの池がとても美しい。

旧金谷御殿の庭園だったものだそう。

 

▲ 道路より高い位置に神社があるのにここに池があるというのが不思議だが、地下水を汲み上げて流している人工的な池とのこと。

 

▲ 蓮の葉とカエル。

 

▲ さし石(力石)。

 

▲ こちらは摂社の金谷神社。

 

▲ どーんと、2代から17代までの藩主、当主と正室(夫人)が合祀されている。

全員が神様になったというのが凄い。

 

▲ 金谷神社にも参拝。

 

▲ お松の方の像。

 

▲ まるで当初からいまのように観光客で賑わうことを想定していたかのような美しい配置。

この日のまとめ

尾山神社にもちょくちょく参拝していたのだが、記事を書くのは2回目。

これからは参拝のたびに記事が書けるように体制を整えていこう。

モダンで美しい、金沢らしい神社。

過去の参拝レポートはこの下の神社リンクのさらに下にあります。

併せてどうぞ!

神社情報記事はこちらにも!もう1記事いかがですか?

尾山神社 1回目の参拝レポート 2017年5月

金沢市中心部にある、尾山神社に行ってきたのでご紹介。

2017年5月金沢への旅2日目。

寿司店「」でランチを終えた僕は、すぐ隣にある尾山神社へと向かった。

尾山神社はこれまでも何回も前は通ってきたが、参拝したのは今回が初めて。

さっそく紹介しよう。

尾山神社 〜 金沢中心部にある 前田利家公を祀ったちょっとモダンな神社を参拝  [2017年5月 金沢旅行記 その8]

▲ やってきました、尾山神社。

この鳥居の後ろにある神門が、とても独特。

 

▲ 神門。

塔にはステンドグラスが入っており、洋館のように見える。

神門は神社の建立よりも遅れて、1875年に完成したそう。

 

▲ 神門をくぐって境内へ。

 

▲ 尾山神社に参拝するのが初めてなので、拝殿を見るのも初めて。

予想以上に大きくて立派な神社でビックリした。

 

▲ 参拝します。

 

▲ 5月の爽やかな風が吹き抜ける拝殿。

奥に本殿が見える。

 

▲ 拝殿から神門を振り返る。

 

▲ すごく勢いのある「尾山神社」の文字。

 

▲ 主祭神である、前田利家公の像。

 

▲ 高台なのに池があってビックリ。

しかもかなり大きくてきれいな池。

 

▲ 階段をのぼった上の高台に池があるなんて、下の通りからは想像もできなかった。

 

▲ 参拝できて良かった。

 

▲ ちょっとだけ門前町をチェック。

 

▲ かなり気合いが入っている飲み屋さん。

 

▲ 写真右の茶色い壁の建物が、お寿司屋さん「飛」。

入口が通り沿いにないので、ここからだとまったく分からない。

「飛」の記事はこちらからどうぞ。

まとめ

兼六園や茶屋街も良いが、この尾山神社もかなり良い。

鳥居から奥が見えないが、神門を潜ると別世界が開けて、とても清々しい。

まだ行ったことがない人は、ぜひ行ってみて欲しい。

予想外に、というか、予想以上に良い空間だった。

尾山神社、オススメ!

旅の次の記事はこちら

尾山神社 公式サイト

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします