立花岳志プロフィール

立花岳志について

150401-01-2

立花岳志:公式プロフィール

立花岳志(タチバナタケシ)

作家/ブロガー/心理カウンセラー/コンサルタント/イベントプロデューサー/歌手/株式会社ツナゲル代表取締役社長兼C.E.O.など、複数の職業を持ち多面的に活動するスラッシャー

1969年東京都生まれ。年間1,000万PVブログ No Second Life (https://www.ttcbn.net/no_second_life/)主宰。
会社員の傍ら始めたブログが人気を博し41歳で「ブロガー」として独立。
ブログを中核とした個人の情報発信により、出版、広告、セミナー運営、企業研修、コンサルなど幅広い分野で活躍。
また、自身の度重なる燃え尽き体験から岡部明美氏に師事し実践的心理療法を学び、2015年より心理カウンセラーとしても活動。
2014年6月には株式会社ツナゲルを設立し、代表取締役兼CEOに就任。
著書に「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」、「ノマドワーカーという生き方」、「クラウド版デッドライン仕事術」(吉越浩一郎氏との共著)など多数。
現在東京南麻布と鎌倉のデュアルライフを実践中。

立花岳志略歴(ロングバージョン)

出生〜高校時代

  • 1969年(昭和44年)7月5日生まれ。酉年、蟹座、A型。東京都出身、左利き。
  • ミュージシャンの両親の長男として生まれ、曽祖母や親戚一同の暖か過ぎる愛情を一身に受け、すくすくと天真爛漫に育つ。生まれた頃から、父方の杉並区の家と母方の麻布の家を行ったり来たりするデュアルライフな日々を送る。
  • その割に内弁慶がひどく、幼稚園や小学校では「泣き虫」で有名。担任の先生にはいつも「身体は大きいのに涙腺が弱くて」とからかわれ続ける。
  • 小学校6年生の時に両親が離婚して、それまでの「大矢岳志」から「立花岳志」にバージョンアップを果たす。小学校の卒業式から突如立花姓に変更となったうえ坊主頭で登場し、学校中の噂をさらう。
  • 中学時代はブラスバンド部の部長、高校時代は軽音楽部でボーカルなど、文化系でとおす。高校2年生のときには今の身長190cmに到達。
  • 高校時代後半以降東京で発生したバブルと地上げ、さらに失恋などを経て自分は天才でも何でもなかったことに気づき、2〜3年ひどく落ち込む。

大学〜20代半ば

  • 法政大学文学部英文科に入学するも、バンド活動に明け暮れて留年。翌年からは心を入れ替えて真面目に大学に通う。バンド活動は大学2年ごろからフェードアウト。
  • バブル期の西麻布・六本木地区の熱に踊る人達に身近に触れつつも、大学一年のときの失恋の痛手が深く、残りの大学3年間は恋人なし、自己否定の中でもがいて過ごす。
  • 法政大学文学部英文学科卒業。猛烈にスイッチが入り、15枚で良い卒論を英語で276枚も書き、伝説を作る(卒論は革張り製本され今でも大学図書館に所蔵されている)。
  • バブルが崩壊する中まったく就職活動をせず、大学卒業後はフリーランス翻訳者を目指し、翻訳専門学校に通いつつ、翻訳のアルバイトをして過ごす。
  • 一方夜の顔として、17歳から24歳まで六本木や銀座のレストラン、バー、パブなどの飲食業でコア・アルバイターとして働く。バブル絶頂期の六本木の夜をリアルに体験する。
  • 翻訳専門学校を卒業したものの、「自分は翻訳が天職ではない」と悟り、フリーランス翻訳者の道を自ら断念。せっかく必死に学んだ「英語」「翻訳」と元々持つ「コミュニケーション能力」を両立できる仕事を探し、翻訳会社の株式会社川村インターナショナルに営業担当として入社。
  • 就職先の川村インターナショナルに入社した初日にオフィスにあったMacに初めて触れ、あまりの美しさ、使いやすさに衝撃を受ける。
  • 1995年に初めてインターネットに触れる。最初はニフティーサーブのインターネット・フォーラムから。そして1995年には初代Mac(PowerMac 75100/100)を購入。以来プライベートではMac一筋。
  • 1995年にプロバイダーと契約し、ホームページ・スペースを持つ。何を書いていいのか分からずしばらく放置したのち、1996年3月からテキスト日記「思うこと(独酔亭日乗)」をスタート。
  • 「日記リンクス」「日記猿人」など初期インターネット・リンクサイト(SNSの前身的存在)に関わり、1998年には66名を動員するオフ会を開催するなど、積極的にネットとリアルを融合する活動を行う。
  • 会社では文字通りバリバリ働き、入社2年で主任、4年で係長に昇進する。

20代後半〜30代後半

DSC01738

  • 仕事の忙しさにかまけて体調管理を怠り、学生時代に70kgだった体重が105kgまで激増し、完全なメタボとなる。
  • フリーランスとしての生き方を諦められず、20代後半から30歳前後にかけて、純文学の小説を執筆し、新人賞に応募する日々が続く。
  • 2000年の「第37回文藝賞」で、作品「アンダー・プレッシャー」が一次選考突破作品50の一つに選ばれるも、受賞はならず。
  • 以降小説の熱が冷め、「独立したいけれど手に職がなくてできない」と悶々として過ごすようになる。
  • その間も仕事では結果を出し続け、30歳で課長に昇進。大手外資IT企業への参入・交渉などの営業マネジメントを行う。
  • 2001年に一度目の結婚。
  • 2003年から2006年にかけて、勤務先の会社の業績が大きく落ち込み、苦しむ日々を送る。直属の上司の病気退職に伴い、業務統括・シニアマネージャーに就任、文字通り社長の右腕となる。営業だけでなく制作、情報システム、Web広報などを一手に統括。V字回復の原動力となる。
  • 2007年、この頃から会社の仕事への情熱を見失い、一回目の結婚も行き詰まり、八方塞がりの感覚を持つ。105kgの肥満体で体調も非常に悪く、医師「生活習慣病のどれもがいつ発症してもおかしくない状態と言われる。さらに、バブル期に親が抱えた借金返済の肩代わりをすることになる。
  • 2008年、「このままでは自分の人生はこのまま終わってしまう」と悟り、「人生を劇的に変える!」と一人誓う。

30代後半〜独立まで

画像 418

  • 2008年12月8日、人生を劇的に変えるためのツールとして、ブログ「No Second Life」を開始。また、同日一度目の妻と離婚。
  • サラリーマンとしての仕事の傍ら、「最後尾から圧倒的な結果を出すには、ブログの優先順位を『最高』にするしかない」と決意、原則1日3回更新を続ける。
  • 2010年4月、プロブロガーの方と実際に話をする機会を得て、「自分もプロブロガーになりたい」と渇望するようになる。
  • 2010年4月、セラピスト・作曲家の大塚彩子と再婚。
  • 2008年から2010年にかけて、ランニングと緩やかな食事制限により、約2年半で25kgのダイエットに成功。
  • 2010年6月、会社に退職願いを提出し、7月に受理される。この時点でブログ・SNSへの本名・顔出しを行う。
  • 2010年9月、イベント “Dpub”を初開催。独立以降のイベントプロデューサーとしての仕事がスタートする。

独立〜現在

  • 2011年3月に株式会社川村インターナショナルを円満退社して念願の独立を果たし、「プロフェッショナル・ブロガー」を名乗る。
  • 2011年9月、第1回No Second Lifeセミナーを主催し自ら登壇。以降セミナー運営、講師としての活動を本格化させる。
  • 2012年1月、念願だったフルマラソンを4時間44分で初完走。
  • 2012年2月、初の電子書籍、「西麻布バブルダイエット」刊行。
  • 2012年6月、デビュー書籍「ノマドワーカーという生き方」を東洋経済新報社から刊行。スマッシュヒットとなり、この年4冊の書籍を出版する。
  • 2013年2月、度重なる燃え尽き症候群状態を克服すべく、岡部明美さんの3daysワークショップに参加。心の学びに触れその奥の深さに衝撃を受け、心の学びをスタート。以降、岡部明美さんの7期、9期LPL、11期LPL養成講座を受講し、2015年より心理カウンセラーとしての活動を開始。
  • 2013年4月、少人数制ワークショップ「人生を劇的に変える!超実践 2days ワークショップ」を初開催。人気講座になる。
  • 2014年5月より、テンプル大学日本校アート学部の講師として、情報発信とブログの講座を担当。
  • 2014年3月、5冊目の書籍「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」を大和書房より刊行してヒット作となる。
  • 2014年6月、株式会社ツナゲルを設立し、代表取締役兼CEOに就任。
  • 2014年11月、憧れの師である吉越浩一郎氏との共著、6冊目の書籍「クラウド版 デッドライン仕事術」を東洋経済新報社より刊行。当時異例の電子書籍同時刊行を実施し、電子書籍の週間チャート入りを果たす。
  • 2015年5月、株式会社ツナゲルの本社を六本木に移転し、自社サロン「六本木ソノラスタジオ」を設立。
  • 2016年9月、鎌倉に創作拠点を設立し、東京と鎌倉のデュアルライフをスタートさせる。
  • 2017年夏、妻と恋人の複数恋愛制、ポリアモリー体制をスタート、後日ブログで公開しテレビ出演もする。
  • 2018年3月、7冊目の書籍「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」をサンマーク出版から刊行し、ヒット作となる。
  • 2018年7月、ポリアモリー状態が終了。
  • 2018年12月、妻大塚彩子との婚姻関係を終了させ離婚。独身となる。

現在、ブロガー、作家、心理カウンセラー、人材開発トレーナー、イベントプロデューサー、セミナー講師、情報発信コンサルタント、など、数多くの肩書きを持ち、多面的・精力的に活動中。

立花が好きなもの、大切にしているもの

  • 時間と場所に縛られない生き方
  • 心の探求、自己探求、内観
  • 本質を追求し、学び続けること
  • 仕事と遊びが完全に融合したライフスタイル
  • 美味しいご飯とお酒
  • 友達と語り合う時間
  • 独りの時間
  • 健康管理(睡眠・食事・運動)
  • 読書
  • 麻布と鎌倉のデュアルライフ
  • 音楽(クラシックから演歌・民謡まで)
  • 効率化、ライフハック
  • 成功実現、自己実現

立花岳志 著作一覧

「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」(サンマーク出版 ・2018年3月刊行)

「クラウド版 デッドライン仕事術」(東洋経済新報社・2014年11月刊行)

「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」(大和書房・2014年3月刊行)

「やせる「仕組み」で人生を劇的に変える iPhoneダイエット」(サンマーク出版・2012年10月刊行)

「できるポケット スマートフォンで Facebook & Twitter を使いこなす本」(インプレスジャパン・2012年9月刊行)

「ノマドワーカーという生き方」(東洋経済新報社・2012年6月刊行)

「西麻布バブルダイエット」(インプレスコミュニケーションズ・2012年2月刊行)

執筆・講演のご依頼について

立花岳志への原稿執筆、インタビュー、講演などのご依頼は、E-Mail: ttachi@ttcbn.net 、または、Facebookメッセージにて、直接本人にご連絡ください。

当ブログにおける、アプリ、ガジェット、書籍、その他商品やサービスのご紹介依頼について

当ブログは、主宰者立花岳志が実際に「良い」と感じたモノだけを紹介するポリシーで運営しております。

多数のご依頼をいただいておりますが、ご紹介に至らない場合もあることをご了承ください。

ご理解、ご了承いただけますと幸いです。

立花岳志の活動場所・コンタクト先

立花の主なコンタクト先は以下の通りです。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします