バルバッコア 六本木ヒルズ店 訪問レポート 〜肉塊を浴び続けるシュラスコ食べ放題ディナー!飲み放題も付いて驚きのコストパフォーマンス!![六本木グルメ]

広告

バルバッコア 六本木ヒルズ店 2回目の訪問レポート 〜肉塊を浴び続けるシュラスコ食べ放題ランチ!! 止めるまで出続ける「わんこ肉塊」!![六本木グルメ]

▲ やってきました、六本木ヒルズ。

 

▲ バルバッコアはウェスとウォークの5Fにある。

 

▲ 開放的な入口。

利用日と利用シーン

2018年8月31日のランチタイムに1名で利用。

当日予約なしで訪問。

5分ほど待って入店。

店内の様子

▲ 190席もあるので、広々とゆったりしたレイアウトの店内。

青山本店もそうだが、バルバッコアは空間をぜいたくに使っていて素敵だ。

メニュー

▲ この日は入店時にスタッフの方に「シュラスコですか?グリルですか?」と聞かれ、「シュラスコで」と答えたため、料理のメニューが出てこなかった。

ランチタイムは3,600円(休日は3,800円)でシュラスコととサラダバー、デザートバー、それにソフトドリンク飲み放題までが付く「シュラスコランチ」が断然オススメ。

ほかには、平日限定で、チキンやビーフのグリルにドリンクバー、サラダバー、デザートバーが付くランチが2,200〜2,900円で用意されている。

もちろん僕はシュラスコランチをお願い。

 

▲ グラスやボトルのシャンパンメニュー。

▲ 白と赤のグラスワインのメニュー。

ドリンクを待つ間にサラダバーへ!取り過ぎ注意!!

▲ 飲み物のオーダーを終えると、スタッフの方に「サラダバーをどうぞ」と言われるので、サラダバーへと向かう。

 

▲ すごい種類のサラダバーが並んでいる。

これも全部食べ放題。

 

▲ 気を付けないといけないのが、サラダバーにはサラダだけではなく、カレーやコロッケ、ライスなどのボリューミーな料理も並んでいる点。

最初からカレーやコロッケなどを食べ過ぎると、この後のお肉に影響が出る。

サラダバーは控え目にして、お肉に備えよう。

 

▲ というわけでこの日のサラダはこの程度に。

飲み物がやってきたら、メダルをひっくり返して肉祭りスタート!!

▲ サラダバーから戻るタイミングを見計らって、スタッフの方が飲み物を持ってきてくれる。

この日はグラスのシャンパンをいただいた。

 

▲ 飲み物が来たら、サラダを食べ始める前にやるべきことがある。

 

▲ やるべきこととは、このテーブルの上のメダルを、赤からグリーンにひっくり返すことだ。

入店時はメダルは赤になっている。

 

▲ このメダルをひっくり返すと、ご覧のとおりグリーンになる。

このグリーンのメダルは「肉を持ってきて」の合図。

まだまだ食べたい、どんどん食べられるという間は、グリーンにしておく。

お肉がどんどん出てくるので、途中で「ちょっと休憩」とか、「もうおなかがいっぱい」というときは、メダルを赤にすると、店員さんは来なくなる。

さあ、「わんこ肉塊」シュラスコ祭りがスタート!!

▲ シュラスコの特徴として、肉を塊のまま串に刺したり鉄板に乗せたりして、スタッフさんがテーブルまで持ってくる点があげられる。

バルバッコアの場合、最初の数品は出てくる順番が決まっていて、毎回スタートはこのチキンとソーセージから始まる。

ブラジル人の店員さんがテーブルにやってきて、「食べる?」と聞いてくれるので、うなずくかニッコリすればOK。

 

▲ 続いて豚肉、ポークグリルがやってきたので、こちらもお願い。

 

▲ というわけで、お皿が賑やかに。

ソーセージ、チキン、ポーク。

これだけで普段の昼ごはんになるぐらいの一皿だ。

 

▲ こちらは鶏のハツ、心臓の肉だ。

 

▲ 日本の焼き鳥でもお馴染だが、ブラジルでもハツを食べるのだ。

これは絶対食べよう!イチボ肉ピッカーニャ!!

▲ バルバッコアに来たら絶対食べて欲しいのがこちら、イチボ肉、ピッカーニャだ。

串に刺さったでっかい塊肉がそのままやってくる。

上の写真を見ると、トングで僕が肉を挟んでいるのが見える。

店員さんが肉をカットしてくれ、それをお客さんがトングで受け止め、お皿に置くのだ。

 

▲ こちらがイチボ肉、ピッカーニャ。

表面に少し脂があるが、中は真っ赤な赤身肉だ。

 

▲ 柔らかくてジューシー、そしてしっかりした旨味が素晴らしい!!

ピッカーニャはぜひ食べて欲しい。

これもオススメ!フラウジィニア、カイノミ!!

▲ 続けて出てきたのがこちら。フラウジィニア、カイノミ。

 

▲ 牛のおなかの肉。

ジューシーで脂がなく、旨味が強い。

 

▲ グラスの赤ワイン。

 

▲ しっかりしたカベルネ・ソーヴィニヨン。

 

▲ 日本人にはあまり馴染がない、焼きパイナップル。

 

▲ 焼くことで甘味が強くなり、肉をたくさん食べたあとの口と胃腸がさっぱりする効果もある。

 

▲ 続いてはペッパーステーキ。

 

▲ ブラックペッパーの風味がして香ばしい。

 

▲ こちらも変化球。焼きチーズ。

 

▲ トロッとしたチーズが美味い。

 

▲ コントラフィレ、サーロイン。

 

▲ ピッカーニャもお代わりして、もうおなかがいっぱい!

デザートバーとドリンクバーでダメ押し!オススメは自分で作るソフトクリーム

▲ なんとデザートも食べ放題。

これで3,600円は正直すごいコスパだと思う。

デザートバーのおすすめは、自分でカスタマイズするソフトクリーム。

チョコレートチップを乗せたり、マンゴーのソースをかけたりしている。

コーヒーもいただいて大満足フィニッシュ!!

スタッフの対応

ドリンクは日本人スタッフが、そしてシュラスコを運ぶのはブラジル人スタッフに分かれている。

ブラジル人スタッフは寡黙な人もいるが、皆さんとても親切で優しい。

お会計

7,870円(税込)

シャンパン1杯、赤ワイン2杯を飲んでこのお値段は安い。

この日のまとめ

平日のランチタイム、一番安いグリルランチでも2,200円。

それでも満席の盛況。

シュラスコランチ3,600円でこれだけ食べ放題は本当にコスパが良いと思う。

今回は一人ランチだったが、仲間と一緒にワイワイするのも良い。

バルバッコア六本木ヒルズ店、オススメです!!

バルバッコア 六本木ヒルズ店 1回目の訪問レポート! 2015年12月

肉塊を食いたくなったらバルバッコア♪

バルバッコア 六本木ヒルズ店をご紹介。

バルバッコアはいえばシュラスコ、シュラスコといえば、ブラジルの肉を豪快にテーブルで切り分ける、串焼き料理。

バルバッコアは以前から青山・表参道にお店があったが、最近あちこちに店舗が増えている。

僕の地元六本木ヒルズにもお店ができていて、嬉しい限り。

今回はランチで訪問。

さっそく紹介しよう。

バルバッコア 六本木ヒルズで肉を浴び続ける食べ放題ランチ!!まさかの!止めるまで出続ける「わんこ肉塊」!! [麻布グルメ]

151209-02 - 1

▲ やってきました六本木ヒルズ。

お天気の良い日の銀の塔は気持ちがいいね。

 

151209-02 - 2

▲ バルバッコアはウェストウォークの5Fです。

 

151209-02 - 3

▲ 開放的な入口なんだけど、入口に全面的に段差がある。

これ、夜とかお酒入るとつまずく人が多いと思う。

なぜここに段差を作ったのだろう?

 

151209-02 - 4

▲ バルバッコアといえば、肉の食べ放題が有名だけど、豪華なサラダバーもポイント高い。

ただし、野菜やカレー、ポテトなどを食べ過ぎてしまうと、肉が入らなくなるので要注意だ。

あと、肉はビールに良く合うのだが、ビールで腹を膨らませてしまうと、肉の大量摂取に悪影響が出るので、こちらも気をつけたい。


151209-02 - 6

▲ 日本ではサラダにあまり入れないと思われる、焼きナス的なもの、その右にある筍的なものはブラジル料理だろうか?

 

151209-02 - 7

▲ あと、おさえておきたいのは、この自家製とうがらし。

これを小皿に盛って、肉につけて食べると非常に美味いのだ。

 

151209-02 - 8

▲ 46歳、大人なのでサラダを控え目に出来るようになりました。

30代の頃に最初にこのお店を知ったころは、毎回サラダとカレーを食べすぎて後悔していたものです。

 

151209-02 - 9

▲ さあ、肉の祭典がスタート。

お店の人に聞いたわけではないんだけど、毎回シュラスコ祭りは、このソーセージとチキンからスタートする。

初めての人はほぼ例外なく歓声を上げてくれるレベル。

 

151209-02 - 10

▲ 肉にロックオンするgori.meはあちゅう。今回はブロガー・作家・ビジネスオーナーの集いだったのだ。

この二人だけで月間何百万PVなるんだろうか??

はあちゅうがさっそくブログにこのお店の記事を書いていて、さすがと思い追撃。

151209-02 - 11

▲ チキンとソーセージ。美味そう。

 

151209-02 - 12

▲ シュラスコの問題点は、切り分けたあとのお肉が、なかなか美味しそうに写真に撮れないこと。

お皿が汚れていくのも一つの原因。

というわけで、最初に切ってもらったお肉をどうぞ。

 

151209-02 - 13

▲ ご覧のように、豪快にテーブルで肉を切り分けてくれる。

そして「ストップ」と言うまで延々と肉が出てくる、「わんこ肉塊」なのだ!

 

151209-02 - 14

▲ 最高!!

 

151209-02 - 15

▲ そして、バルバッコアで絶対食べるべきは、こちら、ピッカーニャ。いちぼ肉。

見て見て見て〜、美しいでしょー??

 

151209-02 - 16

▲ 目の前でこうしてナイフを入れてくれる。

巨大な肉塊の表面を削るように切り取り、そしてまた肉の表面を焼き、その表面を削りとる、を繰り返す。

 

151209-02 - 17

▲ はあちゅう、目が本気です。

 

151209-02 - 18

▲ そしてはあちゅうが撮っていた写真がこちら。

肉塊をつまんでいるのは,11社の会社を経営する天才若手経営者であり、ベストセラー作家でもある晋ちゃんこと小川晋平さん

 

151209-02 - 19

▲ ピッカーニャ。

うーん、やっぱりお皿が汚れてくると、カッコ良くないなぁ。

 

151209-02 - 20

▲ バルバッコアでは焼きパイナップルも外せないアイテム。

これも美味いよねー。

「もういりません」と言うまで、ガンガン肉が出てくる。しかも薄切りなんてなし。全部塊肉を目の前でけずってくれるのだから素晴らしい。

 

151209-02 - 5

▲ バルバッコアのシュラスコランチがすごいのは、デザートも食べ放題だってこと。

デザートバーから好きなだけどうぞ!

 

151209-021 - 1

▲ まるで宝石の鑑定をするかのように真剣な表情でデザートを取り分けるはあちゅう。

 

151209-02 - 23

▲ ゴリ君はソフトクリームの機械の止め方が分からず、人生最大の危機に陥ったとのこと。

 

151209-02 - 22

▲ 46歳の僕は大人風にソフトクリームをプレーンで。

 

151209-02 - 24

▲ はあちゅうの新刊「かわいくおごられて気持ちよくおごる方法」をプレゼントいただきました!

記念撮影。

新刊出版おめでとう!!

 

151209-02 - 25

▲ そういえば、こんな本をもらっておきながら、おごらず割り勘にしてしまったぞ(笑)。

 

151209-02 - 26

▲ 僕以外はみんな20代の若者だけど、みんな自分の足でしっかり立ってバリバリ前に進んでいるカッコいい奴らばかり。

最高の人たちとの最高のランチでした。

まとめ

僕は霜降りより赤身が好きなので、薄切りの焼肉屋さんで霜降りより、バルバッコアで肉塊の方が好き。

しかもランチは3,600円で夜と同じクオリティの肉も、サラダもパンも、そしてデザートも何でも食べ放題なのだから凄い。

ランチで3,600円と考えると高いけど、特別な日に肉塊を浴びるように食べられると思えば、なかなかのコストパフォーマンスなのではないか?

がっつり肉を喰らって幸せな気持ちになれるよ!

バルバッコア六本木ヒルズ店、おすすめ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!