白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)参拝レポート 〜 加賀国一之宮の美しき神社に初の正式参拝!! [白山市神社]

広告

石川県白山市にある加賀一ノ宮「白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)」という神社に参拝してきたのでご紹介。

こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。

当ブログでは、僕自身、そして読者の皆さんが人生をより自由に、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしています。

僕は日本人として日本の歴史や文化、そして日本の神様を大切にしています。

旅先でもできるだけ多くの神社に参拝するよう心掛けています。

今回は石川県白山市に鎮座している加賀の国一ノ宮、白山比咩神社のご紹介です。

2019年12月に初めて参拝してお札を頂いてから参拝できていなかったので、今回1年半ぶりの金沢の旅の機会に是非参拝したいと思っていました。

金沢在住のお友達が車を出してくださり、実現できました。

しかも、地元のお友達が正式参拝するというので、一緒に昇殿させていただいての参拝となりました。

この日は同じメンバーで、金沢市内の「東山回転寿司 金福」でランチをしたあと参拝にやってきました。

そしてこのあとは、金劔宮にも参拝しました。

2021年8月の金沢の旅は、こちらのタグでまとめており、以下から一覧表示ができます。

さっそく紹介しましょう。

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ) 基本情報

神社名 白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)
住所 石川県白山市三宮町ニ105-1
電話番号  076-272-0680
創建年 崇神天皇(すじんてんのう)7年(前91)
ご祭神 白山比咩大神 = 菊理媛尊(くくりひめのかみ)

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

入場料 無料
駐車場 あり
ウェブサイト 公式サイト

Wikipedia

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)御由緒

以下は公式サイトからの引用。

崇神天皇(すじんてんのう)7年(前91)、本宮の北にある標高178mの舟岡山(白山市八幡町)に神地を定めたのが創建と伝わります。応神天皇(おうじんてんのう)28年(297)には手取川の河畔「十八講河原」へ遷り(うつり)ましたが、氾濫のためしばしば社地が崩壊するので、霊亀2年(716)に手取川沿いの「安久濤の森」に遷座しました。
文明12年(1480)の大火によって、40余りの堂塔伽藍がことごとく焼失し、末社三宮が鎮座していた現在地へ遷りました。

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)地図とアクセス

美川インターから 車で約20分。

最新!白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ) 2回目の参拝レポート 2021年8月

参拝日と参拝方式

2021年8月9日(月)に正式参拝。

当日の様子

▲ やって参りました、白山比咩神社。

この日金沢市内から車で来る途中、何度か土砂降りの雷雨に遭った。

参拝できるかな〜と心配していたが、ご覧のとおり到着したらすっかり青空に戻っていた。

おかげで表参道からアプローチできることになった。

これもご利益、ありがとうございます!!

 

▲ ご由緒。

 

▲ そしてこの長い表参道のアプローチが本当に最高なのだ。

前回は12月中旬だったが、今回は真夏の8月。

鬱蒼とした木々と、苔むした石段、そして両側で鳴くヒグラシの声が響いて堪らない。

 

▲ 琵琶の滝も涼しげで良いね。

 

▲ そして二の鳥居が見えれば階段はもう終わり。

 

▲ 摂社の「荒御前神社(あらみさきじんじゃ)」。

 

▲ 荒御前神社に先に参拝するのがルールと地元の方に教えていただいた。

 

▲ 神門は木の枠が剥き出しになっていて、何か準備中という風情。

 

▲ そして拝殿は写真だけ撮って、脇から昇殿しての正式参拝。

神楽の舞いもあり、素晴らしい参拝となった。

 

▲ 白山奥宮遥拝所(はくさんおくのみやようはいしょ)。

白山山頂にある奥宮に対して遥拝するための場所。

奥宮はそう簡単には行けないだろうが、いつか一度行ってみたい。

 

▲ 白山の説明書き。

この日のまとめ

自宅から持参した古いお札をお返しし、新しいお札もいただくことができた。

そして初の正式参拝は嬉しかった。

これからもできるだけ機会を作って参拝したい神社だ。

前回の参拝レポートは、この下のリストの下にありますので、併せてご覧ください!!

石川県神社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

白山比咩神社に言及している当ブログの記事はこちら

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ) 1回目の参拝レポート 2019年12月

参拝日と参拝方法

2019年12月16日(月)

社頭参拝。

当日の様子

▲ やってきました、白山比咩神社。

この日は表参道からの参拝ということで、お友達がわざわざ遠回りして正面に回ってくれた。

正面が一の鳥居。

カメラの乱反射だけど虹が写ってて神々しい。

 

▲ ペット禁止の立て札に「サルが出ました!」という笑えない貼り紙が。

 

▲ ご由緒が書かれている。

 

▲ そして表参道を昇っていくのだが、この参道が言葉にできない素晴らしい気に満ち溢れた場所だった。

 

▲ 12月16日だというのにまだ紅葉が残っていた。

 

▲ そしてこの滝がまた素晴らしい。

 

 

 

▲ 12月の金沢にしては見事な晴天。

 

▲ 二の鳥居が神々しく輝いている。

 

▲ そして神門に到着。

とても穏やかで優しい気に満ちている。

やはり女神様の場所だからなのだろうか。

 

▲ 手水舎。

 

▲ 手水舎には龍が。

 

▲ 摂社の「荒御前神社(あらみさきじんじゃ)」。

 

▲ 荒御前大神、日吉大神、高日大神、五味島大神の4柱が祀られているとのこと。

先に荒御前神社に参拝。

 

▲ そして幣拝殿に到着。

いつもかなり賑わっているそうだが、この日はご利益か、我々以外誰もいない参拝だった。

 

▲ まだ12月16日だったが、すっかり初詣でモード??

 

▲ 白山奥宮遥拝所(はくさんおくのみやようはいしょ)。

白山山頂にある奥宮に対して遥拝するための場所。

 

▲ 白山山頂の説明書き。

 

▲ 裏手にある禊場。

平成18年完成とのことでまだ新しい。

 

▲ 表参道の途中にあるご神木の老杉。

 

▲ あまり特別扱いされていなくて、他の木と同じように静かに佇んでいた。

記念写真

▲ 立花B塾生のいしちゃんがわざわざ車を出して連れてきてくれました!

いしちゃんありがとうございました!!

この日のまとめ

12月の金沢とは思えない雲一つない快晴に恵まれ、しかも本殿前は誰もいない静寂の中での参拝。

まさにご利益という感じでありがたかった。

出張で行くと車がないので、なかなか気軽に参拝というわけにいかないが、これからも折々に参拝に来たいと思う。

女神様らしい、とても穏やかで優しい、でも凛とした雰囲気の素晴らしい波動に満ちた場所でした。

石川・金沢神社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!