兼六園 — 金沢屈指の観光スポットは日本三大庭園で国の特別名勝!晴れた紅葉の時期にまた来たい!

広告

金沢屈指の観光スポット、兼六園に行ってきたのでご紹介。

2014年3月金沢への旅、4日目、最終日。

今回の旅は、僕の腰の調子がイマイチだったため、あまり長距離を歩くことができず残念だった。

せめて最終日にちょっと散歩でも、ということで、日本庭園、兼六園に出かけることにした。

途中から冷たい雨が降ってきてしまうあいにくのお天気だったが、楽しめた。

さっそく紹介しよう。

兼六園 — 金沢屈指の観光スポットは日本三大庭園で国の特別名勝!晴れた紅葉の時期にまた来たい!

150922-05 - 1

▲ やってきました、特別名勝 兼六園。

今回は真弓坂口という、坂の下の入口から入った。

入場料は大人310円(2015年9月現在)。

 

150922-05 - 2

▲ 兼六園はかなり急な斜面に作られていて、立体的にいろいろなものが配置されている。

 

150922-05 - 3

▲ 坂を登って高いところに出ると池がある。

普通池は低いところにあると思うのだが、そのあたりも上手く作られていて面白い。

 

150922-05 - 4

▲ この日は3月16日と、真冬ではないが、まだ金沢では春と呼ぶには寒すぎる時期。

花もほとんど咲いていなくて、広葉樹はみんな葉が落ちていて、ちょっと寒々しい感じだった。

 

150922-05 - 5

▲ 池にはたくさん鯉がいた。

 

150922-05 - 6

▲ 中央奥に滝がある。

 

150922-05 - 7

▲ 何箇所か茶屋のような建物があった。

今回は入らなかったが、次回は試してみたい。

 

150922-05 - 8

▲ この日はどんよりした曇り空で、やがてパラパラと冷たい雨が降ってきてしまうあいにくのお天気。

 

150922-05 - 9

▲ 池からの眺めも鉛色の空の下でちょっと寒々しい。

 

150922-05 - 10

▲ 名物の雪吊り。一度雪がしっかり積もっているところを見てみたいね。

 

150922-05 - 11

▲ この噴水は、兼六園の高低差を利用したもので、動力は一切使っていないのだそうだ。

すごいなぁ。

 

150922-05 - 12 150922-05 - 13 150922-05 - 14

▲ 梅がわずかにほこりび始めていた。

 

150922-05 - 15

▲ 白梅も1部咲きといったところだろうか。そこまでもいっていないか。

このあと雨が強くなってしまい、カメラをしまって雨宿りとなったので、写真はここまで。

 

まとめ

兼六園は、初めて金沢に来たときに来て以来なので、10年ぶりくらいだったはず。

前回は真夏ですごくお天気が良かったので、金沢の町を一望できる景色に感動した憶えがある。

今回はお天気がちょっと残念だったのと、寒かったので、あまりゆっくり回れなかった。

次回は好天の紅葉の時期に来たいね。

兼六園 スポット情報

金沢をもっと知りたい人が読む本

金沢情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします