鮓 村瀬 訪問レポート 〜 西麻布の熟成鮨のエース!!変幻自在!早春の豪華お任せフルコースに悶絶しっぱなし!! [麻布グルメ]

広告


西麻布一丁目のEXシアターのすぐ裏手、六本木六丁目交差点脇にある「鮓 村瀬」というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。

この鮓村瀬には、オープン当初から通い続けているが、本当に素晴らしいお店だ。

料理もお酒も最高だが、店主村瀬さんの愛情あふれるこだわりが本当に素敵。

たとえば、予約時刻を一斉スタートにしないから、お客は18時でも18時30分でも19時でも、好きな時間に予約ができる。

あと、滞在時間を「2時間」とか「2時間半」と区切らず、お客さんが満足するだけいて良い。

多くの有名店が「一斉スタート」で「2時間半制」などにしているが、それを村瀬さんは「そんなの店の都合でお客さんには関係ないこと」とばっさり。

食べログでもハイスコアを維持していてミシュランからも声がかかってもおかしくない状況だが「今のお客さんに迷惑が掛かるんで断ります」と、これまたばっさり。

常にお客さん目線で最高を目指すこだわりが半端ない、愛のお店なのだ。

末長く繁昌し続けて欲しい名店。

今回最新は2020年3月の訪問レポート。

レポートを書いた回数だけで16回目。書けていない訪問も何度かあったのでもう20回以上は通っているだろう。

鮓 村瀬はこんなお店

  • 営業は夜のみ、お任せコースのみの構成
  • 予約は早い方が良いが困難店ではなく、数週間前なら取れる
  • 一斉スタートはないので予約時刻は自由に決められる
  • コースは握りとおつまみが順不同に出るスタイル
  • お寿司は熟成寿司が中心
  • 握りはネタによって白酢のシャリと赤酢のシャリを使い分ける
  • コースは品数が多く、とにかくおなかいっぱいになる
  • コース所要時間は約3時間
  • 予算は一人3万円前後
  • 強い匂いの香水は控えましょう(特にカウンター)
  • 寿司を食べずに置きっぱなしにしておしゃべりしていたりすると大将に注意されることもあります

鮓 村瀬 基本情報

鮓 村瀬 お店の外観

▲ やってきました、西麻布 鮓村瀬

住所は西麻布だが、六本木六丁目の交差点のすぐ裏で、文化圏としても限りなく六本木に近い。

 

▲ 無地の暖簾がいつも凛々しい。

鮓 村瀬 店内の様子

鮓村瀬のカウンターはコの字になっていて職人さんが3人立てる構成。

そしてその中心に大将の村瀬さんが立つのだ。

鮓 村瀬 お店情報

店名 鮓村瀬
住所 東京都港区西麻布1-2-3 アクティブ六本木 1F
電話番号 03-3479-5240
定休日 月曜日
営業時間 18:00~23:00
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 20席(カウンター13席、個室7席)
駐車場 なし
開店日
ウェブサイト 食べログ

鮓 村瀬 地図とアクセス

メトロ六本木駅2番出口から徒歩5分

最新!鮓 村瀬 16回目訪問レポート 2020年3月

利用日と利用シーン

2020年3月10日(火)の夜に2名で利用。

2ヶ月ほど前に予約を入れていた。

当日の様子

▲ さあ半年ぶりの村瀬劇場!

まずはビールで乾杯。

 

▲ この日のトップバッターは梅肉入りのシンプルな茶わん蒸し。

コース構成が季節によってどんどん変わり、この茶わん蒸しが最後に出てくるときもある。

 

▲ そして目の前にどーんとウニが山盛りに置かれる。

 

▲ ウニとウミブドウの手巻き寿司。

めちゃくちゃ大量にウニが入っていて最初から悶絶。

 

▲ そして握りは赤貝から。

鮓村瀬のコース構成は、握りとおつまみが順不同で登場する。

 

▲ ビールのあとは冷酒をお任せで。

 

▲ こちらは新作。白魚の玉子とじ。

シンプルで優しいふわっとした風味と奥行きが堪らない。

 

▲ マグロは下田の大トロ。

鮓村瀬の握りは熟成系がメインなので、少し色が暗めに見えるが、味は抜群だ。

 

▲ ここでつけ台の上にうみぶどう、ワカメ、そしてガリとワサビが整えられる。

うみぶどうとワカメはポン酢でどんどん食べる。

これがまた美味いのよ。

 

▲ 平貝の磯辺焼き。

海苔の風味、平貝の歯ごたえ、そして焼けた醤油の香ばしさ、バランスが完璧!!

ああこれは本当に美味い。

 

▲ 真鯛の昆布締め。

 

▲ マナガツオの炙り。

切り身がすごく大きくてインパクトが素晴らしい。

そして炙った皮目の香ばしさとおろし玉ねぎの入ったタレとの相性が最高!!

 

▲ 黒むつの炙りは塩とワサビで。

これも切り身が大きいのですでにこのあたりからおなかに溜まってきた感じになってくる。

まだまだ先は長いぞ。

 

▲ 毛蟹。しっとりと旨味が詰まっている。

 

▲ ホタルイカ。炙ってアツアツ。

味噌の味が濃くて日本酒と良く合う。

 

▲ 白海老の昆布締めにキャビア乗せ。

地味な白海老だが昆布のねっとり強い風味を帯びると豹変してパワフルに。

キャビアに負けないインパクト。

 

▲ 春のメニュー。

サクラマスの桜締め。

これをいただくと春の村瀬にやってきたと感じる。

 

▲ カスゴダイの漬け。おぼろを纏って。

以前は定番だったがひさしぶりの登場。

これがまた旨味がじわーと出てきて素晴らしい。

 

▲ 白子ポン酢はキリッと冷えていてつるっとした食感でいただく。

 

▲ でっかいあん肝!

すごいパワフル。

上に載っているのは奈良漬け。

そして下に赤酢のシャリもある。

 

▲ マグロを炙ったねぎま。

マグロの脂が華やかでアツアツを食べるのが良い。

 

▲ べったら漬けが登場。

いよいよここから第3コーナー。

 

▲ まずはボタン海老。

ねっとりとした旨味と甘味。

 

▲ スミイカ。

スミイカもすぐに使わず寝かせることでプリッとした食感が出る。

 

▲ アジはさっぱりとした風味で。

 

▲ マナガツオ。

ふわっとした身が素敵。

 

▲ マグロの赤身の漬け。

強い滋味。

村瀬はネタによってシャリが白酢のものと赤酢のものがあるが、こちらは赤酢のシャリがぴったり。

 

▲ 村瀬名物、一週間熟成のコハダ。

こちらもパワーがあって赤酢のシャリと良く合う。

 

▲ サワラの酢醤油蒸しが出ると、いよいよ第4コーナーに突入。

おなかがいっぱいなのに、強めの酸味とサワラとネギの一体感でまた食欲が復活するのだ。

 

▲ マキエビ。

旨味が引き立つ。

 

▲ 今日も村瀬大将の技が冴え渡る。

 

▲ 穴子は一回キッチンに対してダメ出しが出て焼き直したもの。

ふわっふわアツアツ。

 

▲ そしてしっとりの玉子焼き。

 

▲ お味噌汁でコースとしてはここまで。

 

▲ 追加でかんぴょう巻きをリクエストしてフィニッシュ。

いやあおなかがぱんぱんだ。

お寿司でここまでおなかがいっぱいになるのはここ鮓村瀬ぐらいだ。

 

▲ デザートのアイスクリーム。

「おいくつでもどうぞ」と言われ、お言葉に甘えてイチゴと練乳のアイス(左)と沖縄の塩のアイス(右)を頂いた。

スタッフの対応

大将はじめ皆さんに良くしていただき感謝。

お会計

一人31,500円(税込)。

5%キャッシュレス還元があるので実質29,925円(税込)。

この日のまとめ

半年ぶりとなった鮓村瀬訪問。

とても楽しみにしていたのだが、期待以上に堪能した。

毎回思うのだが、質量ともにどんどん進化して素晴らしくなっていっている。

新型コロナウイルスの影響も感じさせず早々に個室まで満席になり、さらに2回転目に突入していた。

火曜日から素晴らしい大盛況だ。

これからも季節ごとにお邪魔したい名店。

鮓村瀬、オススメです!!

過去15回の訪問レポートはこの下のオススメ店リンクのさらに下に時系列に並んでいます。

併せてどうぞ!!

麻布・六本木寿司屋情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

鮓 村瀬 15回目の訪問レポート 2019年9月!

利用日と利用シーン

2019年9月28日(土)の夜に3名で利用。

3週間ほど前に電話予約を入れていた。

当日の様子

 

▲ この日は3名での利用。

いつも大将の正面のベストポジションをご用意いただき本当に感謝。

この日もスパークリングワインで乾杯。

 

▲ コースは季節によってどんどん変わっていく。

以前はコース終盤に出ていたシンプルな梅肉の茶わん蒸しが最初に登場。

梅の酸味と滋味が染みる。

 

▲ 続いてはウニの手巻き寿司登場。

いったいどれだけのウニが入ってるんじゃ!というくらい豪勢にウニまみれにしてくれる。

 

▲ アサリのお吸い物。

 

▲ そしてここでコハダ。

このコハダは熟成させていないもので、後半に出てくる7日熟成とは別のもの。

浅いコハダはすごくひさしぶり。

 

▲ そしてここで大トロ登場。

しっかりした脂のパワフルな大トロだ。

 

▲ 平貝の磯辺焼きが出てくると、ここで第一楽章から第二楽章への切り替え。

平貝も香ばしくて美味。

 

▲ どっさりのワカメとウミブドウ、それにガリが用意され、第二楽章がスタート。

 

▲ ここからしばらくはつまみ中心のゆったりした時間になる。

まずはヒラメ。

こりっとした食感と上品な旨味。

 

▲ 続いてはカツオ。

すり下ろしたネギと玉ねぎの風味が程よい刺激になる。

 

▲ こちらは炙った黒むつ。

黒むつは初登場。皮目がこんがり焼けていて身が締まっていて抜群だ。

 

▲ ここでワタリガニが登場。

これも初めてだな。

 

▲ 手間をかけてほぐしてくれているので、もう食べるだけ。

 

▲ ここから第3楽章に突入。

スピードが上がり、握りが多くなっていく。

こちらは定番になった、白海老の昆布締めとキャビア。

昆布の旨味でたんぱくな白海老がパワーを持つのだからすごい。

 

▲ 橙の酢で〆たイワシも抜群の存在感。

甘酸っぱくて脂が華やかになる。

イワシひさしぶりで嬉しいなぁ。

 

▲ ぎんなんでひと休み。

 

▲ そして大将が何やら準備している。

 

▲ きました!蒸しアワビ。大ぶりの肝も一緒に。

この出汁がまた程よくアワビのエキスが出ていてめちゃくちゃ美味い。

 

▲ そして初秋のこの時期といえば、なんといってもイクラ!!

 

▲ 大粒の粒ぞろい、最高に美味い。

 

▲ そしてこちらも定番のねぎま。

鶏ではなくマグロのねぎまだ。

 

▲ そしてべったら漬けで休憩し、いよいよ最終第4楽章に入る。

 

▲ さあここからいよいよラストスパートに入る。

まずはボタン海老。

醤油に浸けてあるのだが甘味が凄い。

 

▲ 新イカ。プリッとした歯ごたえが可愛らしい。

 

▲ アジは乗せられたネギのアクセントがとても良く、そしてひんやりさせた温度管理が肝。

口の中でアジの脂が溶けていき、ネギと一体化するときの旨味が素晴らしい。

 

▲ ここでもう一つ焼物。マナガツオ。

 

▲ 分厚いマグロ赤身の漬け。赤酢のシャリで。

村瀬ではネタによって赤酢のシャリと白酢のシャリを使い分けていて、さらにネタによってシャリの温度をかなりダイナミックに変えてくる。

 

▲ そしてきました、これも村瀬名物の7日間熟成のコハダ。

前半に出てきた熟成なしのコハダとは別物の、どっしりしたパワーを感じるコハダだ。

 

▲ そして定番、サワラの酢醤油蒸し。

これが出てくると、いよいよフィナーレ近し。

 

▲ 大将と二番手さんがいよいよマキエビの準備に入る。

茹で上がったばかりのアツアツの海老の殻を素手で向いて行くので、熱くて二番手さんの顔が歪んでいるが、大将は涼しい顔。

 

▲ そしてあつあつのマキエビが登場。

シャリもアツアツになっていて素晴らしい一体感。

 

▲ そして穴子。ふわっとした仕上がり。

 

▲ お味噌汁でホッと一息。

 

▲ そして玉子焼。

時期によっては二種類の玉子焼が出ることもあるが、今回は芝エビ入りの風味良い玉子焼。

 

▲ そして久し振りにかんぴょう巻きが登場したフィニッシュ!!

いやあ今回もおなかがパンパンだ。

 

▲ デザートは初めてのチャレンジで生チョコレートのアイス。

これも濃厚で美味しいね。

スタッフの対応

いつもながら大将はじめ皆さんに良くしていただき感謝です。

お会計

一人30,000円(税込)

この日のまとめ

3ヶ月ぶりの訪問。

秋といってもまだ初秋という感じだが、素晴らしい構成で今回も堪能した。

唯一、期待していたサンマがなかったのが心残り。

次回の訪問でサンマが食べられたら嬉しいな。

今回も大満足の訪問でした!

鮓村瀬、超オススメです!!

あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします