鮨 きのした 訪問レポート 〜 西麻布の寿司激戦区に爆誕した 看板のない超新星!!若きツートップのお任せコースが超ハイレベルで大悶絶!! [西麻布グルメ]

広告

西麻布一丁目に2018年6月にオープンしたお寿司屋さん「鮨 きのした」に行ってきたのでご紹介。

六本木・麻布地区はお寿司の大激戦区になっている。

そしてこの「鮨 きのした」は、そんな激戦区西麻布に2018年6月にオープンした新しいお店だ。

6月に初訪問してその美味さに驚き、立て続けにリピートして、すでに7回訪問。

ネタ、仕事、シャリ、煮切り、米、すべてのバランスが抜群で、極めて洗練されている。

その秘密は2つある。

一つは、オーナーの木下さんが大事業家で成功している方で、このお店で儲ける必要がないため、思う存分良い素材を仕入れ、安価で提供されていること。

そして二つ目の秘密は、大将の佐藤さんと、二番手の中村さんの抜群のコンビネーションにある。

銀座の有名日本料理店で料理長をされていた中村さんが、自分より年下の佐藤大将に惚れ込みジョイン。

炙ったり焼いたり炊いたりという、日本料理の味と、寿司の味。

どちらもトップレベルの美味しさなのだ。

行くたびに心から「何ておいしいんだ」と感激する。

近い将来大変な人気店になると思う。

なのであまり拡散したくない(自分の予約が取れなくなったら悲しい)のだが、僕はブロガーなので、自らのミッションのために書くのだ。

さっそく紹介しよう。

鮨 きのした 基本情報

鮨 きのした お店の外観

▲ 鮨きのしたは西麻布一丁目の星条旗通りと、一本裏の路地の両側からアプローチできるマンションの一室にある。

こちらがそのマンションだ。

 

▲ オートロックのエントランスの手前にある郵便受けに、かろうじてシールで店名が書いてある。

外部に露出しているのは、このシールだけ。

隠れっぷりが素晴らしい。

 

▲ エレベーターでマンションの2Fに上がる。

お隣の部屋は普通にマンションだ。

鮨きのしただけがお寿司屋さんをしていて、このギャップに萌える。

 

▲ 入口に暖簾がないのも、マンションの一室で、制約があるからかもしれない。

でも暖簾がない店頭もスッキリしていて個人的には好きだ。

鮨 きのした お店情報

店名 鮨 きのした
住所 東京都港区西麻布1-4-46 カーサスプレンディッド西麻布 203
電話番号 03-6434-7353
定休日 月曜日・祝日
営業時間 18:00~23:00(最終入店 20:30)
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 カウンター8席(個室利用は要相談)
駐車場 なし
開店日 2018年6月3日
ウェブサイト なし

鮨 きのした 地図とアクセス

東京メトロ千代田線 乃木坂駅より徒歩5分

東京メトロ日比谷線、都営大江戸線 六本木駅より徒歩9分

鮨 きのした 最新!5回目の訪問レポート 2019年5月

利用日と利用シーン

2019年5月24日(金)に2名で利用。

2ヶ月ほど前に電話予約を入れていた。

この日のナンバーワン!これが美味かった!!

▲ 皮目をパリッと炙ったカツオ。

カツオの酒盗ソースで。

パリッパリの皮目とふわっとした初ガツオの身のバランスに悶絶。

そして酒盗ソースが優しく、でもじんわり沁みて、これはもう最高!!

毎回一つを選ぶのがとても難しいのだが、どれか一つと言われたら、今回はこれ!!

当日の様子

▲ 今回は4ヶ月も間が空いてしまった。

1月の訪問のあと、3月に予約したかったのだが、満席で入れなかったのだ。

ひさしぶり。楽しみすぎる。

 

▲ まずはハーフのシャンパンでスタート。

 

▲ お料理もスタート。

低温調理したはまぐりから。

ふっくらしたはまぐりが優しい。

 

▲ 続いてはマコガレイ。

上に乗っているのはコノコ。

コリッとした風味とコノコの滋味がパワフルだ。

 

▲ 煮ダコ二種。

右が佐島のマダコ、左が北海道の水ダコ。

出会うはずのない二人が西麻布で出会ってしまったわけ。

どちらもふんわり仕上がるが、水ダコの方が歯ごたえがあって強い。

 

▲ そしてさきほど登場したカツオ。

 

▲ シャコにはキャビアが乗って。

子も内側にいて、超ゴージャス。

 

▲ 冷酒をお任せで。

まずは宮城の日高見、超辛口純米。

超辛口と書いてあるが、フワッとした華やかさがあって素敵。

 

▲ ホタルイカの沖漬け。

これも抜群だった。

しょっぱくなく、旨味が凄い。

そしてワサビの茎の優しい刺激がまた素敵。

 

▲ こちの炙り。

この炙り加減がまた完璧で素晴らしい。

 

▲ ワタリガニの醤油漬け。

言われなければワタリガニとは分からない。

醤油漬けなのに甘い。とにかくねっとりした甘さが凄い。

 

▲ 続いての冷酒。

 

▲ 来ました!出ました!蒸しアワビの肝ソース!

濃厚なソースに負けないふわっとしてパワフルなアワビ!!

 

▲ 太刀魚とアスパラガスのごまみそ。

太刀魚のフワフワ感。

そしてアスパラに乗る胡麻の風味の強さが半端無い。

いやあもう大変。

 

▲ ここから握りへ。

見ているだけでウットリする、美しいフォルムの握り。

こんなに美しい握り、なかなかないでしょ?

シロギスの昆布締めも宝石のようだ。

ねっとりとした風味が素敵。

 

▲ 続いては式根島のアカイカ。

三枚におろして刻んでたっぷり空気が入る、小松弥助スタイル。

 

▲ お寿司が美味しすぎて、お酒も止まらない。

 

▲ 高知のシマアジ。

美しすぎる。

そして魚の切り身の薄さと大きさ、そして煮切りとのバランス、すべてが凄い。

 

▲ トリガイは、ほんのちょっとだけ湯引きしてある。

 

▲ 佐渡のマグロ。まずは赤身から。

滋味たっぷり。

 

▲ 続いては同じマグロの中トロ。

このグラデーションの美しさよ。

 

▲ さらに大トロ。

見た目ほどアブラが強くなく、爽やかだ。

 

▲ コハダ。

美しく優しい〆。

 

▲ 鯵もアブラがたっぷり乗って素晴らしい。

 

▲ 裏返しの北寄貝。

ふわっふわ。

 

▲ 出ました!ウニのダブル。

北海道のムラサキウニと、青森のエゾバフンウニが両方乗っている!!

そして海苔も巻く直前まで中村さんが炭火で炙っているので最高!!

 

▲ 車エビ。アツアツですよ。もう最高。

 

▲ ふわっふわの穴子。

 

▲ そして最後の手巻きはいつものネギトロ。

大トロどっさりで大満足。

 

▲ そしてまるでチーズケーキのようにしっとりふわっとした玉子焼き。

どうやったらこんな味になるんだろう。

 

▲ おみそ汁で〆。

いやあ、今回も凄かった。

参りました。

集合写真

▲ この日はカウンセラーの根本裕幸さんとの定例寿司会でした!

根本さん、佐藤さん、中村さん、ありがとうございました!!最高でした!!

お会計

一人28,700円(税込)

スタッフの対応

いつも丁寧にご対応いただき感謝です。

この日のまとめ

4ヶ月ぶりと、間隔が空いてしまったこともあり、とても楽しみにしていたが、やっぱり最高だった。

僕はいま東京でここが一番美味しいお寿司屋さんと思っているが、その確信がさらに強くなった。

もちろん個性豊かで美味しいお店はたくさんあるが、ここがすべてのバランスにおいてナンバーワン。

季節ごとに訪れたい名店だ。

過去4回の訪問レポートも、この下のオススメ店リンクのさらに下に時系列にあります。

ぜひ併せてご覧ください!!

麻布・六本木地区の寿司屋情報はこちらにも!もう1記事いかがですか?

鮨 きのした 4回目の訪問レポート 2018年11月1日

利用日と利用シーン

2018年11月1日(木)の夜に1名で利用。

この日はお店のオーナーである木下さん主催の「ふぐとお寿司の会」にお誘いいただいた。

通常メニューとは異なる、フグ尽くしのコースだった。

この日のナンバーワン!これが美味かった!!

▲ この日は通常メニューとはまったく異なる「ふぐ尽くし」コース。

どれも素晴らしかったのだが、特にこの「ふぐの漬けとうずらの半熟卵、キャビア乗せ」が絶品だった。

フグの漬けは初めて食べたが、こりこりのフグの食感にキャビアの旨味が加わり、そこに卵の黄身が絶妙のコラボ。

最高だった。

これはまた食べたい。

当日の様子

▲ 皆さんお揃いのところに微妙に遅刻してしまい申し訳ありません。

木下さんのシャンパンで乾杯。

 

▲ さあ、ワクワクする。

 

▲ スタートはフグ皮の白子和えから。

 

▲ 続いては定番の薄造り。

コリコリの弾力の強いフグ、風味も素晴らしい。

ちなみにこの日のフグは愛知県産とのこと。

 

▲ 今夜もお二人のツートップの絶妙なコンビネーション。

 

▲ そしてこれも凄かった。

フグの白子の上に北海道のウニが乗り、さらにキャビアという組み合わせ。

海水ウニとキャビアの塩分だけでいただくわけだが、そのハーモニーが素晴らしい。

 

▲ 続いては、これも定番フグの唐揚げ。

 

▲ 身がプリプリで素晴らしい。

 

▲ ジュンサイとフグの煮凝り。

箸休め的に。

 

▲ 焼物ももちろんフグ。

これも抜群に美味しかった。

鮨きのしたは、毎回焼物にうならされるのだが、今回も素晴らしい。

 

▲ てっちり鍋風の煮物。

 

▲ そしてここでフグ以外が登場。

アワビ、肝のソースとともに。

 

▲ この肝ソースがめちゃくちゃ美味い!!

やばい、これは美味い。

 

▲ そして、「肝ソースがずいぶん残っちゃってもったいないなー」と思ってたら、大将がすかさず赤酢のシャリを投入をしてくれた。

二度美味しい。

 

▲ これまた強烈なコラボ。

かにとイクラとフグのコラボ。

 

▲ そして冒頭で紹介した、フグの漬けとうずらの半熟卵とキャビア。

これは本当に忘れらない美味しさ。

 

▲ 赤だし。

 

▲ そしていつものネギトロ手巻きで一通り。

でも僕は握りが食べたくて、追加をお願い。

 

▲ そして追加分。まずはコハダを。

ジューシーで素晴らしい。

 

▲ そして最後は煮はまぐり。

こっくりした風味が最高。

いやあ、大満足だ。

スタッフの対応

今回もとても気持ち良くご対応いただき大変感謝。

お会計

一人で40,500円(税込)

この日のまとめ

フグ尽くしコースなのでお会計が通常より高いが、オーナーの木下さん曰く、「完全に赤字」とのこと。

フグって高いんだなぁと改めて思った次第。

普段のお寿司のコースとはまったく違うラインナップだったが、これも素晴らしかった。

大満足の夜でした!!

鮨 きのした 3回目の訪問レポート 2018年8月17日

利用日と利用シーン

2018年8月17日(金)の夜に2名で利用。

18:30入店、三週間ほど前に電話予約を入れていた。

店内の様子

▲ 白木の一枚板のカウンターが美しい。

 

▲ 8席のカウンターはゆったりしており、椅子も座り心地がとても良い。

この日のナンバーワン!これが最高!!

▲ こちら直焼きのうなぎ!!

千葉県の富津からやってきた東京湾のうなぎだ。

 

▲ 東京のうなぎ屋さんのうなぎは、先に蒸してから焼き上げるので、フワフワになるが、その分香ばしさがない。

このうなぎは我々が見ている目の前で、遠火の強火で直焼きされるので、パリッパリに仕上がる。

 

▲ 口に入れると皮が「バリっ」と音を立てるほど香ばしい。

口の中いっぱいにうなぎの脂がスモークされた香ばしい薫りに包まれて大悶絶。

 

▲ 甘いツメもうなぎ屋さんのようにドバッと掛かっておらず、ワサビと山椒でいただくともう大昇天。

今までの人生で一番美味しい!と前回連れが叫んだのだが、今回もやはり大悶絶だった。

こんな美味しいうなぎ、食べたことない。

当日の様子

▲ さて、時系列でコースを追っていこう。

鮨きのしたはお料理はお任せコースのみのスタイル。

お飲み物はシャンパン、ワイン、日本酒、焼酎、ウィスキーなど多彩だ。

シャンパンやワインはグラスの用意はなく、ハーフボトルから。

というわけで、まずはシャンパンをハーフでいただく。

 

▲ 辛口のブリュット、爽やかで美味しい。

そしてグラスも素晴らしい。

良いグラスは口に触れる飲み口が全然違い、それだけで美味しさが倍増する。

 

▲ 最初の一品からすごい。

ズワイガニと新イクラの冷製茶わん蒸し。

見た目も美しいが、お味もノックアウト級。

 

▲ カニ肉が上に乗っているだけではなく、茶わん蒸しの中にもぎゅうぎゅう入っているのだ。

さっぱりしつつも濃厚な逸品でスタート。

いやあ今回もワクワクするなぁ。

 

▲ こちらは「メイチ鯛」という白身。

切り身が折ってあるが、中に「このこ」(ナマコの卵巣)が挟み込んである。

煮切りも塗られているため、複雑な風味で、白身の甘みがじんわり出てくる。

この甘さが絶妙でビックリ!美味い!!

 

▲ 続いては新サンマの海苔巻き。

フレッシュでプリッとした食感。

 

▲ カツオを炙ったものに、玉ねぎ醤油が掛けられていてヤバい。

これも悶絶。

皮目のパリパリ、玉ねぎ醤油の香ばしさ甘さが渾然一体となり、どこかに連れて行かれる。

 

▲ もう冷酒を飲むしかないでしょう。

 

▲ 宮城県石巻の「日高見」。

ふわっとフルーティーでお寿司にとても良く合う。

 

▲ 続いては北海道の水ダコ。

器も美しい。

 

▲ 続いては蒸しアワビ。

これも柔らかくて滋味が強くて抜群。

 

▲ 続いては広島の竹鶴純米吟醸生。

 

▲ 器も素敵。

 

▲ そして冒頭でも紹介した悶絶のうなぎ。

もう最高すぎて言葉が出ない。

白木のカウンターの上に黒の付け台をセット。付け台は黒が正義!!

▲ さあ、いよいよ握りがスタート。

鮨きのしたは白木のカウンターなのだが、握りのタイミングで黒の漆の付け台が一人ずつセットされる。

握りが一番映えるのは黒の漆の付け台なのだ。

まずはアオリイカ。

イカのネタ、切り方、煮切り醤油、米自体のクオリティ、炊き方、そして赤酢との配合。

すべてが最高に揃わないと、この握りにならない。

もう最高。本当に最高。

前回も金沢と富山で3日で4回お寿司を食べた翌日にここに来たが、むしろ金沢よりも美味しく感じた。

 

▲ 春子鯛。こちらも柔らかく優しい〆具合が最高。

 

▲ 続いてはクエ。

クエも〆てあるのかな?ぎゅっと身が濃縮されて、もともとパワフルな魚だが、より一層力強く、でも洗練されている。

 

▲ ずっと日本酒を飲んでいたいが、酔っぱらうのでバランタインのソーダ割に。

 

▲ ここから大間のマグロ三連発!

まずは赤身!赤酢のシャリにバッチリ合う浸け具合。

 

▲ 続いては中トロ。

この切り身の薄さの絶妙さは、まさに「鮨さいとう」の中トロとガチンコ勝負状態。

 

▲ そして大トロ「はがし」。

脂がキツクなく上品で華やか。

 

▲ コハダ。

前回は新子があったが今回は大人のコハダ。

この〆具合と身の厚さ、包丁の入り具合、煮切り、シャリのバランスが本当にすごい。

 

▲ イクラ。

 

▲ モリモリのウニ。

前回までは紫ウニとバフンウニの二段重ねだったが、今回はエゾバフンウニのシングルで。

海苔の品質が素晴らしくて唸る。

 

▲ ボタンエビがねっとりパワフルですごい。

 

▲ パリッパリだったうなぎの対極、ふわっふわの穴子。

 

▲ 大間のマグロをこぼれ落ちるほど使ったネギトロ巻。

本当にあり得ないぜいたく。

 

▲ そして最後までヤバいのが、この玉子焼き。

プルンとしてチーズケーキみたいになる。

人形町すぎたの玉子がこんな感じなのだが、製法は内緒だそう。

 

▲ おみそ汁をいただき、大満足!!

今回も凄かった!!

今回ご一緒した方

▲ お友達のななちゃんとの楽しい時間でした。

大将も一緒に記念撮影。

スタッフの対応

今回もとても気持ち良くご対応いただき大変感謝。

お会計

二人で52,600円(税込)

この日のまとめ

2か月で3回目の訪問となったが、今回も最高のラインナップだった。

素材としてのネタ、仕事、素材としての米、炊き方、酢、そして煮切り、バランスが本当に最高。

本当に美味しいお店。

知り合えて本当に嬉しい。

今回もありがとうございました!!

鮨 きのした 2回目の訪問レポート 2018年8月3日

お会計

二人で48,600円(税込)

鮨 きのした 1回目の訪問レポート! 2018年6月26日

当日の様子

お会計

2名で56,900円。

変更履歴

2018年7月4日 コンテンツを公開しました。

2018年8月20日 2018年8月3日、8月17日訪問分を追加して、内容を完全リニューアルしました。

2018年11月7日 2018年11月訪問レポートを追加しました。

2019年5月28日 2019年5月訪問レポートを追加しました。2019

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします