久国神社(久國神社)参拝レポート 〜 首都高 谷町ジャンクション近くにひっそり鎮座する小さな神社に参拝!!

広告

港区六本木二丁目、首都高の谷町ジャンクションのすぐ近くに鎮座する、「久国神社(読み方は「ひさくにじんじゃ」、旧字体では久國神社」という神社に参拝してきたのでご紹介しよう。

久国神社とのご縁は、僕が2015年から19年まで住んでいた六本木3丁目の家が、特殊な立地だったことから始まる。

当時住んでいたマンションは僕の住んでいた部屋の上を9丁目の境界線が通っていた。

部屋の一部が麻布市兵衛町に属し、残りが麻布仲ノ町に属していたのだ。

東京神社庁に問い合わせたところ、非常に特殊なケースで、麻布市兵衛町の鎮守が赤坂氷川神社、麻布仲ノ町の鎮守が久国神社と、一つの部屋に二つの鎮守を持つことになったのだ。

というわけで、六本木3丁目在住の際は、頻繁に参拝に訪れていた。

六本木から鎌倉に移るときに、最後のご挨拶に来られなかったのが心に引っ掛かっていた。

今回ようやく参拝することができて嬉しい。

久国神社(久國神社) 基本情報

神社名 久国神社(久國神社)
住所 東京都港区六本木2丁目1−16
電話番号 03-3583-2896
創建年 不祥
ご祭神 倉稲魂命
入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 東京神社庁

Google

久国神社(久國神社) 御由緒

以下、東京神社庁サイトより引用。

勧請年月不詳ながら、古くはもと千代田村紅葉(現皇居内)に鎮座されていたという。久国作の刀が寄進されたため久国稲荷神社と称するようになった。

久国神社(久國神社) 地図とアクセス

地下鉄六本木一丁目駅から徒歩4分。

最新!久国神社(久國神社)1回目の訪問レポート!2022年3月

参拝日と参拝方式

2022年3月30日(水)の午後に社頭参拝。

当日の様子

▲ やってきました、久国神社。

ビル街に囲まれひっそりと鎮座している。

 

▲ 鳥居を潜ると右に直角に参道が折れる。

 

▲ 参道の奥に小さな社殿がある。

 

▲ 左奥には境内社の猿田彦神社が見える。

 

▲ まずは久国神社に参拝。

 

▲ 境内社の猿田彦神社にも参拝。

 

▲ 戦時中のものと思われる国旗掲揚塔が残されていた。

この日のまとめ

鎌倉に引っ越してから、麻布に来ても活動エリアから外れているため、なかなか参拝に行くことができなかった。

今回ようやく参拝でき、こうしてブログにも書けてホッとした。

これからもできる限り機会を作って参拝したい。

麻布・六本木エリア 神社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら