麻布氷川神社 参拝レポート 〜 麻布総鎮守 元麻布 旧麻布本村町に鎮座する神社はセーラームーンの聖地!!

広告

港区元麻布にある「麻布氷川神社」という神社に参拝してきたのでご紹介しよう。

僕は2002年から2008年まで元麻布三丁目(旧麻布宮村町)に、2013年から2015年まで元麻布一丁目(旧麻布一本松町)に、そして2018年から2019年まで南麻布三丁目(旧麻布本村町)に住んでいた。

これらの地区の鎮守が麻布氷川神社である。

なので、この麻布氷川神社は産土神社である櫻田神社と並んで、麻布の他の神社よりもずっと親しみ深い神社である。

僕は詳しく知らないのだが、アニメ「セーラームーン」の舞台になっているそうで、ファンからは聖地と扱われているのだそう。

セーラームーンで人気に火が点いたのか、最近は初詣もかなりの人出で賑わうようになっている。

正式名称は「氷川神社」なのだが、氷川神社は各地にたくさんあるため、地名を冠した通称で呼ばれることが多い。

公式サイトも「麻布氷川神社」としているので、当ブログも麻布の名前を冠して「麻布氷川神社」としている。

最新の参拝は2022年10月。

さっそく紹介しよう。

麻布氷川神社 基本情報

神社名 麻布氷川神社
住所 東京都港区元麻布1-4-23
電話番号 03-3446-8796
創建年 938年
ご祭神 素盞鳴尊(すさのおのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
入場料 無料
駐車場 あり
ウェブサイト 公式サイト

東京神社庁サイト

Wikipedia

麻布氷川神社 御由緒

以下は公式サイトからの引用。

938年(天慶の年 朱雀天皇の御代)、源経基(みなもとのつねもと)朝臣が天慶の乱(平将門)を鎮定しがため東征し際、武蔵国豊島郡谷盛浅布冠の松(現・麻布一本松の地)に創祀・創建されました。

文武に秀でた経基は、鎌倉幕府の源氏将軍や足利将軍の武家政権を築いた清和源氏(せいわげんじ)の祖にあたります。

江戸城を築城した武将・太田道灌は江戸の災守りとして氷川社を篤く崇敬したことより勧請説(文明1469~1487)もあります。

豊臣時代から“一本松の松の木”をご神木とし周囲には宮村町、宮下町、鳥居坂町、一本松 坂下町など麻布氷川神社を中心とした町名が広く在しております。

麻布氷川神社 地図とアクセス

地下鉄麻布十番駅 徒歩8分。

最新!麻布氷川神社 4回目の参拝レポート 2022年10月

参拝日と参拝方式

2022年10月20日(木)の午後に社頭参拝。

当日の様子

▲ 約半年ぶりの参拝となった麻布氷川神社。

 

▲ キレイな秋晴れの日に参拝できて嬉しい。

 

▲ 後ろの建物は森ビルの再開発「元麻布ヒルズ」である。

カルロス・ゴーン氏が日産自動車の社長だった時代はこのビルの最上階に住んでいた。

 

▲ 高尾稲荷と應恭稲荷が合祀された稲荷神社にも参拝。

 

▲ この中には大神輿が収納されている。

 

▲ 20年前くらいからこの大神輿の復興の募金の呼びかけ続いていた。

 

▲ そして2022年に無事大神輿の復興がなり、お披露目されたとのこと。

これは直接見たかった。

 

▲ 神楽殿。

20年近く前に秋祭りのときにこの神楽殿で神楽が奉納され、それを見学したことがある。

この日のまとめ

秋晴れの好天の日に参拝できて良かった。

駅からも遠く近所は住宅地なので、気合いを入れないと行くことができない。

過去3回の参拝レポートは次のページ以降にありますので併せてご覧ください!

麻布神社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら