材木座海岸の奇跡のような夕陽 34枚の写真 〜 鎌倉・海街の風景

広告


鎌倉に住んで4年半近くになるが、海の写真を集めた記事を書いたことがなかった。

この前までは日記記事を書いていたので、海の写真は日記記事に乗せていた。

今は日記記事を止めたので、せっかくの美しい海の写真を撮っても載せる記事がないことに気付いた。

そこで、鎌倉の海街の写真に特化した記事を書こうと思い立った。

1つの記事に追記する形で更新していくと、アルバムのようになるなと。

第1回は2021年2月15日(月)の奇跡のような夕陽の写真たち。

この日は午後まで大変な豪雨だったのが一転して晴れ渡り快晴となった。

満ち潮と強風が重なり、砂浜に水が溜まってウユニ塩湖のような幻想的な景色になった。

34枚の写真とともにお送りしよう。

2021年2月15日 奇跡のような夕陽の写真たち

▲ 海に出たときはまだ陽が高かったが、すぐに「これは凄い夕陽になる」と確信した。

強風と荒い波、快晴の空に満ち潮が重なって凄いことになっていた。

 

▲ 風に煽られて波が砂浜の一番奥まで届き、ウユニ塩湖のような幻想的な光景になっていた。

 

▲ どこまでが陸でどこまでが海か、もはや分からない。

 

▲ まるで太陽が2つあるように写っている。

 

▲ 日没が近づいてきて、ますます幻想的な風景になってきた。

 

▲ 一番低い位置に雲が出ていて、雲の向こうに太陽は沈んでいく。

 

▲ 日に日に太陽は右に沈む位置を移していて、来週には稲村ヶ崎に引っ掛かるようになってしまうだろう。

次に直接海に太陽が沈むように見えるのは、今年の11月下旬になる。

 

▲ 上空には糸のような月が。

 

▲ 日没後の砂浜もまた美しい。

 

▲ 鎌倉に住むようになって4年半になるが、この日の夕陽は今まででナンバーワンの美しさとダイナミックさだった。

この日のまとめ

午後までの大雨と強風、それに満ち潮、さらに快晴という条件が重なり、普段とはまったく異なる表情を見せてくれた材木座海岸。

奇跡のような夕陽の日に立ち合えて本当に良かった。


あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガが新しくなりました!
2つあったメルマガを1つに統一してタイトルも新たに「風の時代に海の街より」にしました。
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
毎日すごいノウハウが届くタイプのメルマガではありません。
僕や僕の活動に興味があったり、刺激を受けたい方は読んでみて損はないかも?
購読はもちろん無料。
一期一会を大切にしているのでバックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。
あなたとメルマガでお会いできるのを楽しみにしてます!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!