城ヶ島 〜 三浦半島先端の島!雨の城ヶ島に上陸したぞ!! [2016年3月 葉山・三浦・鎌倉旅行記 その3]

広告


三浦半島の南の端、先端にある島、城ヶ島に初めて行ってきたのでご紹介。

2016年3月 葉山・三浦・鎌倉旅行記 1日目。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年3月 葉山・三浦・鎌倉旅行記 目次はこちら

ランチを終えた僕たちは、レンタカーに乗り込んで、「さて、どこに行こうか」という話になった。

ホテルは予約してあるが、まだ時間が早いし、外は冷たい雨がだんだん激しくなってきたので、散歩という気分でもない。

「せっかく三浦半島の先の方まで来ているんだから、最先端まで行ってみよう」ということで、三浦半島の突端にある、城ヶ島に行ってみることにした。

さっそく紹介しよう。

城ヶ島 〜 三浦半島先端の島!雨の城ケ島に上陸したぞ!  [2016年3月 葉山・三浦・鎌倉旅行記 その3]

160316-02 - 1

▲ やってきました、城ヶ島。

城ヶ島には、往復150円の有料道路というか橋を通らないと行くことができない。

住民の人はどうしているんだろう?免除パスみたいなのがあるのかな?

 

160316-02 - 2

▲ まずやってきたのが、城ヶ島公園。

先端まで行くと見晴らしが良さそうだったが、雨が激しくなってきたので、ちょろっと見て帰ることに。

 

160316-02 - 3

▲ 城ヶ島は、北原白秋が不倫がバレて叩かれたときに、隠棲していた場所だそうだ。

僕は知らなかったのだが、その北原白秋が作った「城ヶ島の雨」という曲は、とても有名になったらしい。奥さんがYouTubeで探して流してくれた。

また、城ヶ島は終戦までは要塞として大砲が置かれる要衝だったそうで、この城ヶ島公園も砲台跡地なのだそう。

 

160316-02 - 4

▲ なるほど、そういう目で見ると、何気に凄みがある。

 

160316-02 - 5

▲ 今でも島には戦時中に掘られたトンネルなどが残るという。

 

160316-02 - 6

▲ 公園を出て、城ヶ島灯台を目指して城ヶ島漁港にやってき。

冷たい雨がざんざん降り、人っこ一人いない。

 

160316-02 - 7

▲ 正面奥に見えるのが、三浦半島と城ヶ島をつなぐ、城ヶ島大橋。

この橋ができたのが1960年で、それまでは渡し舟でしか渡れなかったという。

 

160316-02 - 8

▲ 灯台は山の中に入っていくようなので、諦めて戻ることに。

カモメは寒くないだろうか。

まとめ

レンタカーで自由に動けると、「一番奥まで行ってみたい」と思うことが良くある。

伊豆半島も先端まで行ったし、高知に行ったときも、足摺岬と室戸岬両方に足を延ばした。

三浦半島も最先端まで行けて満足。

しかし寒々しかったな。

次回はお天気の良い真夏にまた来たい。

旅の次の記事はこちら

2016年3月 葉山・三浦・鎌倉旅行記 目次はこちら

城ヶ島 公式情報(三浦市観光案内)

三浦半島をもっと知りたい人が読む本

葉山・逗子・佐島・鎌倉情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

日々の気づき、星の動きや暦などを軽いテイストでお届けする「次はどこへ行こう」

週に1本尖った長い記事が届く「風の時代に海の街より 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!