由比若宮(元鶴岡八幡宮)参拝レポート 〜 源頼朝が移設するまでの元祖八幡宮は材木座の住宅地に潜んでいた!! [鎌倉神社]

広告


鎌倉市材木座にある「由比若宮」(ゆいわかみや)、別名「元鶴岡八幡宮」に参拝してきたのでご紹介。

2020年1月1日、元日である。

この日は午後からぐるっと近所を初詣でで神社巡りツアーに出た。

最初に鎮守の五所神社に参拝し、そのあと音松稲荷大明神に参拝、そしてこの由比若宮にやってきた。

普段は分かりにくい路地の奥にあるのだが、この日は初詣で用に大きな看板が出ていて分かりやすかった。

そのせいか、多くの初詣での参拝客で賑わっていた。

さっそく紹介しよう。

由比若宮(元鶴岡八幡宮)基本情報

神社名 由比若宮(元鶴岡八幡宮)
住所 神奈川県鎌倉市材木座1-7-9
電話番号 0467-22-0315
創建年 康平6年(1063年)
ご祭神 応神天皇(おうじんてんのう)

神功皇后(じんぐうこうごう)

比売大神(ひめのおおかみ)

入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 鎌倉市公式サイト

神社人

由比若宮(元鶴岡八幡宮) 御由緒

以下、神社人サイトからの引用。

源頼朝の先祖、源頼義が、子の源義家と、「前九年の役」(1051年〜1062年)で奥州の豪族・安倍氏討伐にのぞみ、その際、源氏の氏神である京都の石清水八幡宮に戦勝祈願を行ったという。その後、勝利したお礼として、平定を果たした翌年、康平6年(1063年)、由比郷に、京都・石清水八幡宮のご分霊を勧請し、祀ったことに始まる。治承4年(1180年)10月6日には、源頼朝が安房から大軍を引き連れて鎌倉入りを果たした際も、源氏の守り神を祀った当社に最初に訪れているという。

その後、同年10月21日に、源頼朝が当社を小林郷北山に遷座したのが、現在の鶴岡八幡宮であり、そのため、当社は、元鶴岡八幡宮・元八幡などとも呼ばれている。

由比若宮(元鶴岡八幡宮) 地図とアクセス

京急バス「元八幡」バス停下車 徒歩1分
JR鎌倉駅より徒歩15分

最新!由比若宮(元鶴岡八幡宮) 1回目の参拝レポート 2020年1月

参拝日と参拝方法

2020年1月1日の午後に初詣でで参拝。

社頭参拝。

当日の様子

▲ 車が入れない狭い路地に案内の看板が出ていて、おかげですぐに道が分かった。

でも表記が「鶴岡八幡宮元宮」になっている。

今回記事を書くために調べても、正式名称が「由比若宮」なのか「元鶴岡八幡宮」なのか分からなかったり、読み方も「ゆいわかみや」だったり「ゆいのわかみや」だったり。

 

▲ 神社の前に来ると、「元鶴岡八幡宮」という石塔が出ている。

 

▲ でも重要文化財の案内には「由比若宮」と出ていて、やはり良く分からない。

 

▲ 参拝客が行列していたので後ろに並んでみる。

 

▲ 規模は小さいが、上品で美しい神社だった。

提灯には菊のご紋が映えている。

この日のまとめ

2020年の初詣で三社目は由比若宮にお参り。

上品な佇まいでちょっと華やかな神社だった。

これからもちょくちょく参拝させていただこう。

どうぞよろしくお願いいたします。

神奈川県神社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!