由比若宮(元鶴岡八幡宮)参拝レポート 〜 源頼朝が移設するまでの元祖八幡宮は材木座の住宅地に潜んでいた!! [鎌倉神社]

広告

鎌倉市材木座にある「由比若宮」(ゆいわかみや)、別名「元鶴岡八幡宮」に参拝してきたのでご紹介。

この神社はその名のとおり、今の鶴岡八幡宮が遷座するまで鎮座していた場所にある神社で、ご祭神も鶴岡八幡宮と同じである。

路地の奥まった場所にあり目立たないが、地元の人には人気で初詣客が非常に多い。

最新の参拝は2023年1月1日、元日に初詣で訪れた。

さっそく紹介しよう。

由比若宮(元鶴岡八幡宮)基本情報

神社名 由比若宮(元鶴岡八幡宮)
住所 神奈川県鎌倉市材木座1-7-9
電話番号 0467-22-0315
創建年 康平6年(1063年)
ご祭神 応神天皇(おうじんてんのう)

神功皇后(じんぐうこうごう)

比売大神(ひめのおおかみ)

入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 鎌倉市公式サイト

神社人

Google

由比若宮(元鶴岡八幡宮) 御由緒

以下、神社人サイトからの引用。

源頼朝の先祖、源頼義が、子の源義家と、「前九年の役」(1051年〜1062年)で奥州の豪族・安倍氏討伐にのぞみ、その際、源氏の氏神である京都の石清水八幡宮に戦勝祈願を行ったという。その後、勝利したお礼として、平定を果たした翌年、康平6年(1063年)、由比郷に、京都・石清水八幡宮のご分霊を勧請し、祀ったことに始まる。治承4年(1180年)10月6日には、源頼朝が安房から大軍を引き連れて鎌倉入りを果たした際も、源氏の守り神を祀った当社に最初に訪れているという。

その後、同年10月21日に、源頼朝が当社を小林郷北山に遷座したのが、現在の鶴岡八幡宮であり、そのため、当社は、元鶴岡八幡宮・元八幡などとも呼ばれている。

由比若宮(元鶴岡八幡宮) 地図とアクセス

京急バス「元八幡」バス停下車 徒歩1分
JR鎌倉駅より徒歩15分

最新!由比若宮(元鶴岡八幡宮) 2回目の参拝レポート 2022年1月

参拝日と参拝方式

2023年1月1日の午後に初詣で社頭参拝。

当日の様子

▲ 表通りから路地に入る入口に今年もアーチ型の看板が立てられた。

これを見るとお正月だなぁと感じる。

 

▲ 狭い路地を通って由比若宮へ。

今年は珍しく参拝客が少なかった。

普段は長い行列ができているのだが。

 

▲ 由比若宮のご由緒。

 

▲ 小さいながらも風格があるのは、その歴史ゆえだろう。

 

▲ 静かに順番を待つ。

 

▲ 提灯には菊のご紋が入っている。

応神天皇がご神祭だからだろう。

 

▲ 心静かに参拝。

今年もよろしくお願いいたします。

この日のまとめ

2023年も快晴の空の下参拝ができて嬉しい。

今年も一年よろしくお願いいたします。

過去2回の参拝レポートは次のページにありますので併せてご覧ください。

鎌倉寺社情報はこちらにも!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら