高明山 深廣寺 参拝レポート 〜 六本木交差点 すぐ ビルに囲まれる浄土宗の寺院に参拝!!

広告

東京都港区、六本木交差点のすぐ脇にある「高明山 深廣寺」という浄土宗の寺院に参拝してきたのでご紹介。

六本木7丁目の六本木交差点の周辺には寺院が固まっている。

光専寺、宋厳寺、そしてこの深廣寺である。

寺院が集中する歴史的背景が何かあったのだろうか。

前回夕方に訪れたら閉門していて入れなかった。

今回は日中に訪れた。

さっそく紹介しよう。

高明山 深廣寺 基本情報

寺院名 高明山 深廣寺
住所 港区六本木7-14-6
電話番号 03-3405-4194
創建年 文禄元年(1594)
宗派 浄土宗
入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 公式サイト

東京都寺社案内

Google

高明山 深廣寺 御由緒

以下、東京都寺社案内サイトからの引用。

浄土宗寺院の深廣寺は、高明山常住院と号します。深廣寺は、文禄元年(1594)西久保に創建、徳川秀忠公の御臺所祟源院殿を寛永3年(1626)当地で火葬し菩提を弔っていたことから、当地を拝領して当地へ移転、稱蓮社専譽善宿和尚(正保4年1647年寂)が開山したといいます。

高明山 深廣寺 地図とアクセス

地下鉄日比谷線、大江戸線六本木駅 徒歩1分。

最新!高明山 深廣寺 1回目の参拝レポート 2022年7月

参拝日

2022年7月5日(火)

当日の様子

▲ やってきました、深廣寺。

今回は外の門は開いていた。

 

▲ こちらは前回2022年6月23日に訪れたときの写真。

閉門が16時のようで、16時過ぎに訪れたときには強固な門が閉ざされていた。

六本木の酔っ払い対策なのだろう。

 

▲ 山門まで来たが、施錠されているようだった。

インターホンを押せば入れるのだろうが、門の外から参拝することにした。

 

▲ 門の奥に本堂が見える。

 

▲ 両側がビル、六本木交差点、まさにビルの谷間の寺院である。

六本木の目まぐるしい変化を全部見てきたと思うと感慨深い。

この日のまとめ

六本木のこのような環境だと、常時施錠というのも仕方がないことかもしれない。

もっと深く知りたくなったらインターホンを鳴らして問い合わせてみようと思う。

今回はこれで満足。

六本木・麻布寺院情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!