おはらい町とおかげ横丁 〜 伊勢神宮門前の賑やかなエリアをまずは散策!! [2016年5月 名古屋・伊勢旅行記 31]

広告


伊勢神宮参拝をすべて終えた我々は、おかげ横丁へと向かった。

2016年5月 名古屋・伊勢旅行記4日目。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年5月名古屋・伊勢旅行記 目次

2015年の初参拝のときは、おかげ横丁のお店が全部すでに閉店していて、とても寂しい思いをしたので、今回はリベンジである。

で、僕はこの記事を書くまで、伊勢神宮内宮の門前町全体が「おかげ横丁」なのだと思っていた。

しかし、門前町全体は「おはらい町」と呼ばれ、その中に江戸・明治期の伊勢の街並みを再現した「おかげ横丁」が、1993年に作られたという。

実は「おかげ横丁」は、まだ出来て20年ちょっとの新しい横丁なのだ。

というわけで、今回は「おはらい町」から「おかげ横丁」にかけてを散策した写真をお送りしよう。

おはらい町とおかげ横丁 〜 伊勢神宮門前の賑やかなエリアをまずは散策!! [2016年5月 名古屋・伊勢旅行記 31]

▲ 参拝を終えて門前町へとやってきた。

当日Facebookでは僕はここを「おかげ横丁なう!」と書いていたように思うが、これは「おはらい町なう!」の間違いであった。

 

▲ そしておはらい町の中に、おかげ横丁がある。

おかげ横丁は、赤福の当時の社長が中心になって観光振興策として作られたものらしい。

 

▲ なるほど、だから江戸期から明治期の、古めかしい建物が集中的に残っているのか。

当日うろうろしているときは、その意味も理由もまったく分かっていなかった。

 

▲ 今回は入らなかったが、「豚捨」も入ってみたいお店。

 

▲ 牛肉料理だから「豚捨」という名前なのだろうか?

謂れを調べてみた。やはりそういうことのようだが、「伝説」と書かれているから、真偽のほどは微妙。

 

▲ この古めかしい感じも、演出だったのかと、今ごろ写真を見て納得。

 

▲ 紙芝居もやっていた。

 

▲ 両側のお店を片っ端から覗いてみたくなる。

 

▲ おせんべい屋さん。

 

▲ のんびりできるスペースがゆったりしていて良い。

 

▲ おかげ横丁の由来は、「お伊勢さんのおかげで」という意味を込めて名付けた、と、おかげ横丁の公式サイトに書かれている。

▲ そしてここがあの赤福本店。

僕はあまり赤福を食べられないので、ここは素通り。

 

▲ しかし風情は素晴らしい。

 

▲ 反対側の入口。

 

▲ 軒下にツバメのカップルがいた。

まとめ

「おはらい町」と「おかげ横丁」の区別が全然ついていなかった僕。

というか、「おはらい町」という名前の存在を全然知らず、門前町全体が「おかげ横丁」だと思っていた。

と言う意味では、「おかげ横丁」はとても良くブランディングされている、ということではないだろうか。

Wikipediaによると、1970年代に年間20万人にまで落ち込んでいた観光客数が、2013年には655万人を突破したと書かれているからすごい。

おかげ横丁効果だけではないだろうが、その効果は素晴らしい。

というわけで散策を終えた我々は、腰を落ち着けるお店を決めて入ることにした。

旅の次の記事はこちら

ただいま準備中♪

2016年5月名古屋・伊勢旅行記 目次

おはらい町・おかげ横丁 公式サイト(伊勢市観光協会)

伊勢神宮をもっと知りたい人が読む本

伊勢に関する情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします