肉割烹 岡田前 訪問レポート 〜 麻布十番に誕生した伝説シェフの和牛料理店が何もかも最高だった!!

広告


麻布十番に2021年2月にオープンした「肉割烹 岡田前」という和牛のお店に行ってきたのでご紹介しましょう。

こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。

当ブログでは、僕自身、そして読者の皆さんが人生をより自由に、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしています。

「より楽しい人生」の一つが美味しいものを楽しく仲間と食べ、飲むことだと思っています。

そこで僕が実際に訪問したお店を紹介する記事をたくさん書いています。

どれもオススメのお店ばかりです。

いまの居住地である鎌倉とその周辺、そして故郷であり人生の40年以上を暮らしてきた東京の港区六本木や麻布周辺の情報が多めです。

今回ご紹介する「肉割烹 岡田前」も、僕の出身地である麻布のお店です。

さっそく紹介しましょう。

「肉割烹 岡田前」とはどんなお店?

「肉割烹 岡田前」は、2021年2月にオープンした和牛料理のお店である。

お店は全16席のカウンターのみ。

オーナーシェフの岡田賢一郎さんがすべての客の目の前で調理をするライブスタイル。

岡田さんは2020年10月まで、西麻布の「The INNOCENT CARVERY(ジ・イノセント カーベリー)」というお店のグランド・シェフをされていた。

【関連情報】The INNOCENT CARVERY(ジ・イノセント カーベリー)〜 西麻布で焼肉の概念がぶっ飛ぶ異次元「シェフズテーブル 岡田前」に大悶絶!!

岡田さんは1990年代から売上80億円にのぼる飲食店グループを率いていた伝説のシェフとして知られる。

僕はThe INNOCENT CARVERYで初めて岡田さんにお会いして感激し、以来すっかり大ファンになってしまった。

岡田さんが満を持してオーナーシェフとして「肉割烹 岡田前」をオープンされたので、さっそくお邪魔してきた。

店名の「岡田前」は、The INNOCENT CARVERY時代、1日1組だけが岡田シェフの目の前という特等席を予約できたので、その席を「岡田前」と呼んだことから付いた。

今回のお店はその名のとおり、16席全席が「岡田前」という、凄いコンセプトなのだ。

肉割烹 岡田前 基本情報

肉割烹 岡田前 お店の外観

▲ やってきました、肉割烹 岡田前。

「ザ・ライブリー 麻布十番 東京」というホテルが入っている建物の地下にお店はある。

【関連情報】ザ・ライブリー 麻布十番 東京(The Lively Azabujuban Tokyo)宿泊レポート 〜 麻布十番温泉跡地に2019年10月オープンのホテル!

 

▲ 地上に出ている看板は一般的なものだが。

 

▲ 地下に降りると、看板は何とバス停!ユニークである。

肉割烹 岡田前 店内の様子

▲ 客席は16席でカウンターのみ。

中央のオーブンを挟んで左右に8席ずつとなる。

17:00の回は奥の8席のみお客さんが入り、18:30の回は手前の8席にお客さんが入る。

タイミングをずらすことで、すべてのお料理を岡田シェフが目の前で調理するという、すごいスタイルが可能となっている。

 

▲ 角の特等席を用意していただき、どーんと凄い眺めを楽しむ。

 

▲ テーブルセットも素敵。

肉割烹 岡田前 お店情報

店名 肉割烹 岡田前
住所 東京都港区麻布十番1-5-23 ルネ麻布十番ビル B1F
電話番号 03-3478-0338
定休日 日曜日
営業時間 17:00〜21:00
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 16席
駐車場 なし
開店日 2021年2月14日
ウェブサイト 公式サイト

食べログ

肉割烹 岡田前 地図とアクセス

地下鉄麻布十番駅 徒歩7分
地下鉄六本木駅 徒歩10分

最新!肉割烹 岡田前 2回目の訪問レポート! 2021年6月

利用日と利用シーン

2021年6月9日(水)の夜に3名で利用。

2ヶ月前に予約を入れていた。

当日の様子

▲ 夏仕様でナプキンがライトブルーになった。

 

▲ まずはシャンパンで乾杯。

このグラス、本当に美しい。

 

▲ 今日も岡田シェフが目の前ですべてを見せてくれるライブスタイル。

 

▲ 店名の「岡田前」は、そのまますべてを現している。

 

▲ さあ、お料理がスタート。

器もすべて凝っていて美しい。

 

▲ いきなりトリュフがどっさり!!

黒トリュフ入りの茶わん蒸しからコースがスタート。

 

▲ 風味が圧倒的!!

薫りの華やかさが半端ない。

 

▲ 続いては山盛りのタルタルステーキとアスパラガス。

どーんと太いアスパラガスの存在感が凄い。

 

▲ こぼれ落ちるばかりのお肉の向こうに岡田シェフ。

空気に触れて温度が上がるお肉の脂が口の中で溶けていくのが堪らない瞬間。

 

▲ ゴロンとでっかい牛タンがそのまま無造作に置かれる。

 

▲ 赤ワインをグラスでいただく。

 

▲ 我々の前にドーンと置かれるウニ。

 

▲ ドーン!下にあるのはメンチカツ。

メンチカツの上のウニの方が遥かに目立っている!!

別々に食べたいくらいのウニだけど、これが渾然一体になると素晴らしいのだ。

 

▲ 黒トリュフに続いて岡田シェフがごりごりやっているのはサマートリュフ!!

 

▲ 牛タンの刺身に山盛りのサマートリュフ!!

ワサビの色合いもまた美しい。

 

▲ しっかり歯ごたえがあり、そしてトリュフの爽やかな薫りと一体化する。

至高の瞬間だ。

 

▲ 宇宙船のような素敵な器。

 

▲ アスパラ豆腐、そして空豆、白アスパラ、そしてジュンサイ。

 

▲ 器全体像もこんなに美しい。

じゅんさいが爽やかで、まさに6月という感じ。

 

▲ そして炊き立てのごはんとユッケが登場。

 

▲ ごはんが美しくツヤツヤ!!

 

▲ そして登場するのがキャビア。

 

▲ 豪快に盛り付けていきますよ。

 

▲ 完成!!松阪牛のユッケとキャビア丼!!

 

▲ 混ぜ混ぜしていただく。ごはんの熱でお肉の脂が溶けて渾然一体になって最高!!

 

▲ そしていよいよラストスパートの焼き物に突入。

まずは鹿児島の牛タンのタンモト。

 

▲ じっくり炭火で焼き上げられ最高のコンディション。

歯ごたえもしっかりあって最高!!

 

▲ 野菜サラダもとってもフレッシュ。

 

▲ そして登場、本日のメインイベントのお肉達。

 

▲ 見事な焼き具合、赤身最高!!!

 

▲ 部位を忘れてしまったけど、こちらも素晴らしい!!

 

▲ そしてリクエストしてお代わり。これはカメノコだったかな?

こちらもじっくり焼かれて最高!!

 

▲ 〆のおそばは量を大幅に減らしてもらった。

 

▲ このおそばもお店で手打ちの本格派。

素晴らしい風味。

 

▲ 食後の飲み物はカフェインなしのカモミールティーにしてもらった。

 

▲ デザートのトリュフのアイスクリーム、めっちゃトリュフ!!

濃厚で素敵。

 

▲ お土産のローストビーフサンド。

翌日頂いた。

メゾンカイザーのパンとの相性が最高でした。

集合写真

▲ 岡田シェフと看板前で。

皆さまありがとうございました!!

スタッフの対応

皆さまに良くしていただき感謝です。

お会計

一人約3万円(税込み)。

この日のまとめ

二度目の訪問となったが今回も最高の時間だった。

劇場型の肉割烹ライブ、堪能し尽くしました。

末長く繁昌して欲しい素晴らしいお店。

肉割烹岡田前、オススメです!!

前回の訪問レポートはこの下のオススメ店リンクの下にありますので、併せてどうぞ!!

麻布グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 

肉割烹 岡田前 1回目の訪問レポート! 2021年3月

利用日と利用シーン

2021年3月26日(金)の夜に2名で利用。

2ヶ月前に予約をしていた。

当日の様子

▲ やってきました、念願の岡田前!!

 

▲ まずはグラスのシャンパンで乾杯。

このグラスがすごく繊細で美しく、唇に触れる感触も格別だった。

これから始まるコースが本当に楽しみだ。

お料理はお任せコースのみ。

 

▲ このように、岡田シェフの姿をお客さん全員が見守るライブスタイル。

 

▲ お料理一品目は、神戸ビーフのヒレ肉のカルパッチョ。

 

▲ お肉はもちろんだが、パルミジャーノ・レッジャーノチーズと野菜の風味が最高。

オリーブオイルはスペイン王室ご用達のものとのこと。

 

▲ 肉塊がゴロゴロ置かれるスタイルはお店が変わっても健在。

 

▲ 見事な牛タン。熊本からやってきたとのこと。

 

▲ 松阪牛のコンソメフラン。

いくらがビッシリ。

 

▲ 洋風茶わん蒸しという感じ。まろやかで風味が良い。

 

▲ 続いては南アフリカの赤ワイン。

華やかでフルーティー、でもしっかりしている。

 

▲ 続いてはメンチカツの上にウニがどっさり乗って登場!!

 

▲ 別々に食べても十分豪華なんだけど、一緒に食べるとこれがまた格別に官能的。

 

▲ 先ほどの牛タンがお刺身で登場。

上にはたっぷり黒トリュフ。

歯ごたえと甘味が素晴らしい!!

 

▲ 目の前にドーンと置かれたのは松阪牛のイチボ。

 

▲ 神戸ビーフのコンソメ、あわびやタケノコと共に。

山椒の風味がとっても良い。

 

▲ 目の前に大量のキャビアが。

 

▲ そして炊き上がったばかりのツヤツヤのごはんも登場。

 

▲ 目の前でお肉を叩き、ごはんの上に盛り付けていく。

 

▲ キャビアが乗って超豪華なユッケ丼になる!!

 

▲ ごはんの熱でお肉の脂が溶けていき、めちゃくちゃ滑らか!!

 

▲ そしてメインのパートがスタート!!

炭火オーブンで焼かれた和牛が登場。

こちらは熊本の牛タン!!

 

▲ しっとり、でも歯ごたえ豊かで素晴らしい。

 

▲ お塩、ニンニク、ワサビ、そしてポン酢。

 

▲ 続いては松阪牛のイチボ。

 

▲ 外はカリッと、中はふんわり仕上がる最高の状態。

めちゃくちゃ美味い!!

 

▲ 続いてはサーロイン。

 

▲ ほど良い脂が華やかで、ポン酢と良く合う!!

 

▲ そして神戸ビーフのシャトーブリアンを何とカツレツに!!

 

▲ これぞ究極のカツレツ!!

ジューシーで激しく美味い!!

 

▲ 男性陣にはアンコールでタンとミスジがサービス。

 

▲ 〆はおそば。スッキリして良いね。

 

▲ コーヒーのカップも素晴らしい。

 

▲ デザートのトリュフのアイスクリームのトリュフっぷりが凄かった!!

集合写真

▲ 岡田シェフと3人で。

岡田さん、最高でした!!ありがとうございました!!

スタッフの対応

皆さんに良くしていただき感謝。

お会計

二人で56,386円(税込み)

この日のまとめ

念願だった新生岡田前、初訪問が叶って感無量。

最高のおもてなしに最高のお料理、ワインも素晴らしかった。

前のお店は1日1組だった岡田前が、このお店では全員岡田前という大盤振る舞い。

スタッフの皆さんとの連携が素晴らしく、夢のようなライブステージが可能となっている。

サポートされているスタッフの皆さんの動きがスムーズで連携のタイミングも素晴らしく、凄いなぁと感心していた。

肉割烹 岡田前、最高です!!


あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!