37 Steakhouse & Bar(37ステーキハウス アンド バー)訪問レポート 〜 六本木ヒルズ けやき坂のステーキハウスで熟成肉の塊をガツンと食す!! [六本木グルメ]

広告

六本木ヒルズのけやき坂上の交差点脇にある、「37 Steakhouse & Bar(37ステーキハウス アンド バー)」というニューヨークスタイルのステーキ屋さんに行ってきたのでご紹介。

六本木地区はニューヨークスタイルのステーキハウスが乱立して大競争状態。

多くのお店がニューヨークに本店があるお店の支店なのだが、この37 Steakhouse & Barは、日本独自のお店という点が特徴。

サービスも比較的カジュアルで、コートを預からない、ランチのお会計はレジで、というような特色も出している。

今回はひさしぶりにランチの訪問。

さっそく紹介しよう。

37 Steakhouse & Bar(37ステーキハウス アンド バー)訪問レポート 〜 六本木ヒルズ けやき坂のステーキハウスで熟成肉の塊をガツンと食す!! [六本木グルメ]

お店の外観

▲ やってきました、37 Steakhouse & Bar(37ステーキハウス アンド バー)。

場所は六本木ヒルズのけやき坂上、テレビ朝日通りとの交差点の角にある。

 

▲ 1Fは吹き抜けになっていて、階段またはエレベーターで2Fに上がる。

 

▲ 2Fの入口。

以前スタッフの方にお店の意味を聞いたところ、37がお店のオーナーのラッキーナンバーなのだそう。

そのオーナーさんは、複数のお店を出していて、それぞれ別のラッキーナンバーを店名に付けているのだとか。

お店情報

店名 37 Steakhouse & Bar (サーティーセブンステーキハウスアンドバー)
住所 東京都港区六本木6-15-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂 けやき坂通り 2F
電話番号 03-5413-3737
定休日 六本木ヒルズの休館日
営業時間 [平日]
11:00~15:30 (L.O. 14:30)
[土日祝日]
11:00~16:00 (L.O. 15:00)
DINNER
17:30~23:30 (L.O. 22:00)
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 169席
駐車場 六本木ヒルズの駐車場
開店日 2010年3月15日
ウェブサイト 公式サイト

食べログ

地図とアクセス

東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩5分

最新!4回目の訪問レポート! 2018年12月(ランチ)

利用日と利用シーン

2018年12月23日のランチに2名で利用。

前日に電話で予約していた。

店内の様子

▲ お店の入口にはどーんと肉塊が。

ドライエイジング中のプライムビーフたちが登場のときを待っている。

 

▲ オープンキッチンも入口の脇から見える。

 

▲ 入口正面はバーカウンターになっているが、僕はバーを利用したことはない。

というか、あまりここにお客さんがいるのを見たことがないような気がする。

あまり積極的にバーとしては営業していないのだろうか?

メニュー

▲ ランチメニューは平日と休日で変わる。

平日はビジネスマン向けのランチも用意されているようだ。

この日は祝日だったので、ホリデイブランチメニューとなっていた。

 

▲ ランチタイムもグランドメニューも出されていたので、少なくとも休日・祝日は昼からグランドメニューも頼めるようだ。

こちらはUSプライムテンダーロイン。

 

▲ よくありがちだけど、お肉の部位の表記の紙が置かれていた。

当日の様子

▲ まずはグラスのスパークリングで乾杯。

 

▲ どーん!

21日熟成のブラックアンガスビーフのリブステーキ350g。

付け合わせはマッシュポテト。

パンも付くが僕はいらなかったので断った。

 

▲ ステーキにしてはちょっと薄目の切り方なので、ミディアムレア感をがっつり感じるわけにはいかなかったが、ランチなのでこれで十分。

ソースが単調なので、別盛りにしてもらい、塩コショウでいただきつつ、ときどきソースにするとさらに良いかも。

記念撮影

▲ この日は人気寿司店、銀座の「寿司さいしょ」の大将、税所伸彦さんとのランチでした!

ありがとうございました!!

スタッフの対応

丁寧に対応いただき感謝です。

冒頭に書いたとおり、コートは基本的にテーブルに置く、お会計はテーブルではなくレジに行くなど、カジュアルなサービスになっている。

この日のまとめ

ひさしぶりのランチ訪問だったが、やはり美味しく素敵だった。

しかし、ランチに来ると、「やっぱり夜に来たいねぇ」となってしまうから恐ろしい。

次回は夜に来ましょう。

過去の訪問レポートは、オススメ店リンクの下にありますので、あわせてどうぞ!!

六本木ステーキ店情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

3回目の訪問レポート! 2017年11月(ディナー)

六本木ヒルズのけやき坂上にある「37 Steakhouse & Bar」に行ってきたのでご紹介。

最近の六本木は寿司屋とステーキ屋の大激戦区となっている。

特徴としては、ニューヨークスタイルのお店が多いということ。

この37 Steakhouse & Barもそんなお店の一つ。

さっそく紹介しよう。

37 Steakhouse & Bar 〜 六本木ヒルズ けやき坂の 本格派 ドライエイジングビーフ専門店が美味すぎる!! [六本木グルメ]

▲ やってきました、六本木ヒルズのけやき坂。

今年もやはりライトアップが美しい。

 

▲ 37 Steakhouse & Barは、けやき坂の坂上にある。

 

▲ 1Fは吹き抜けになっていて、階段を昇って2Fに入り口がある。

フォーマルすぎず、カジュアルな雰囲気が居心地が良い。

ウルフギャングやベンジャミンなどの後発組のお店は、ちょっと店内の雰囲気がファミレスみたいであまり好きじゃないんだよね(お肉はめちゃくちゃ美味しいわけだが)。

 

▲ この日は彼女とディナー訪問。

まずはグラスのシャンパンで乾杯。

 

▲ この手のステーキハウスは、前菜を頼みすぎるとボリュームが多すぎて大変なことになる。

なので慎重に検討してオーダー。

まずはオーシャンプラッター。

エビ、カニ、そして牡蛎のコラボ。

美味しいのだが、やはりボリュームがかなり多くて危険(笑)。

 

▲ 赤ワインを一本ボトルでということで、イタリアのブランカイアの2011年を。

どっしりした本格的フルボディ。

 

▲ ホタテとリンゴのサラダも、ホタテがゴロゴロ入っていて超ボリューミー。

特筆すべきは野菜の美味しさで、すごく新鮮で良いものを使っている印象。

 

▲ そしてメインはブラックアンガスビーフの21日熟成のボーンレスリブステーキ。

 

▲ ごろんと塊のまま供される。

迫力がすごいのだが、この頃はiPhone Xのカメラをまだ使いこなせていなくて、ピントが合っていないのが残念。

お肉はぎっしりと密度が濃く、それでいてジューシーで美味い!!

 

▲ 付け合わせのグリーンアスパラガス。

こちらも美味かった。

 

▲ クリームスピナッチ。ほうれん草のクリーム煮。

すっかりおなかいっぱいになってしまい、とてもデザートまで辿り着けず。

 

▲ 店を出るとけやき坂のライトアップが青から赤に変化していた。

まとめ

六本木ステーキ激戦区。

さすがの味とボリューム感で大満足。

お会計は二人で55,000円程度。ワインを奮発したので、料理だけなら2/3くらいの値段になるかなと思う。

リラックスした雰囲気のなかでゆったりした時間とともに楽しむ最高級のステーキとワイン。

特別な日のディナーにいかがだろうか?

僕は気に入ってます。

37 Steakhouse & Bar お店情報

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅

2回目の訪問レポート! 2015年11月(ディナー)

六本木ヒルズのけやき坂上にある、37ステーキハウス&バーというお店をご紹介。

麻布・六本木界隈には美味しいお肉を食べさせてくれるお店がたくさんある。

僕は肉ばかりでは飽きるが、でもお肉はやはり好きだ。

美味しいお肉のお店はちょこちょこと新規開拓しているのだが、今回ご紹介する37 Steakhouse & Barも、夜に来るのは初めて。

夜に本気の熟成肉を食べるのを楽しみにやってきた。

さっそく紹介しよう。

37 Steakhouse & Bar 六本木ヒルズ けやき坂のステーキハウスで熟成肉の塊をガツンと食す!! [麻布グルメ]

151116-02 - 1

▲ やってきました、37 Steakhouse & Bar。

けやき坂のライトアップがガラスに反射していて美しい。

37という数字は、お店のオーナーのラッキーナンバーだと以前店員さんから聞いたことがある。

 

151116-02 - 2

▲ 六本木にはアメリカンダイナー系のお店が多いことに最近気づいている。

やはり外国人が多いからか、この手のお店が受けるのかな?

 

151116-02 - 3

▲ さあ、がっつりお肉を食べましょう。

 

151116-02 - 4

▲ 入口のロゴも牛のマーク。

 

151116-02 - 5

▲ ステーキハウス&バー、と言っているだけあって、カウンター席もある。

 

151116-02 - 6

▲ 奥のほうのテーブルに通していただいた。

シンプルなテーブルクロスにシンプルな食器たち。

 

151116-02 - 7

▲ まずは白ワインで乾杯。

 

151116-02 - 8

▲ バルサミコドレッシングのグリーンサラダ(1,250円)。

揚げたクルミがすごくいい味を出していた。

この写真はレギュラーサイズを二人に取り分けてもらったボリュームなので結構多い。

店員さんに相談したら、「男性レギュラーサイズ、女性ハーフサイズでは?」ということだったが、それはちょっと多いだろう(笑)。

レギュラーサイズでちょうど良かった。

 

151116-02 - 9

▲ 続いては赤ワインをボトルで。

カリフォルニアはナパ・バレーのカベルネ・ソーヴィニヨン、ニュートン(6,300円)。

かなりしっかりしたカベルネで、お肉に負けずに強い。

これは気に入った。

 

151116-02 - 10

▲ 店員さんと相談の結果、熟成肉は二種類オーダーしてシェアすることに。

まずこちらはブラックアンガスビーフのボーンレス・リブステーキの35日熟成300グラム(5,700円)。

焼き加減はお店にお任せしたところ、ミディアム・レアのレアよりに仕上げていただいた。

 

151116-02 - 11

▲ そしてこちらがお店オススメのUSプライムビーフのサーロインステーキ、350g(7,700円)。

 

151116-02 - 12

▲ 事前に店員さんにも言われていたのだが、ぱっと見まったくサーロインに見えない。

上質のヒレステーキのような見た目。

 

151116-02 - 13

▲ 付け合わせのグリーンアスパラガス(1,190円)はどーんと一本のままで登場。

これが美味かった。

 

151116-02 - 14

▲ こちらがブラックアンガスビーフのリブステーキ。

じんわりと甘味が出てきてしみじみ美味い。

確かにこれぐらいのレア感がジューシーでいい感じだろう。

 

151116-02 - 15

▲ そしてこちらがUSプライムビーフのサーロイン。

切ってみてもやはりサーロインには見えないのだが、口に入れるとちゃんと脂があってじゅわっと旨みが出てくる。

旨いねー。

 

151116-02 - 16

▲ 調子に乗ってデザートも注文。

チェリーパイのメイプルウォールナッツアイスクリーム添え。

アメリカンでどっかんと甘いのが出てくるかと構えたが、上品で甘さ控えめ、日本人らしい味わいで良かった。

 

151116-02 - 17

▲ コーヒーで美味しく〆。

ごちそうさまでした。

 

151116-02 - 18

▲ 集合写真。

この日はプロコーチ、よーんさんのコーチングを受けたあとに二人で晩ごはん。

あーだこーだ話しつつ、楽しい時間でした。

まとめ

雰囲気も良いしお料理も全般的に美味しい、スタッフの皆さんのサービスも良い。

ただ、コストパフォーマンスはあまり良くない。

この日は二人で3万円ちょっとと、ちょいとお高い感じだ。

同じ麻布で格之進FやRRRなどのお肉の専門店なら、行っても2万円、格之進Fなら2万円を切ってくるかもしれない。

そして個人的な好みでいうと、お肉はRRRと格之進Fにはかなっていない気がした。

この辺りをどう捉えるかだが、レベルは十分に高いと思うので、好みの問題だろう。

内装はゴージャス感もあり特別な日のディナーなどに良いだろう。

美味しい肉は人を幸せにするね。

ごちそうさまでした!!

37 Steakhouse & Bar お店情報

<

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅

1回目の訪問レポート  2015年1月(ランチ)

僕が住んでいる麻布周辺には、素敵なお店がたくさんある。

その中にはお肉が名物のお店が結構多い。

麻布十番はもともと焼肉屋さんが多い土地柄だし、六本木には最近有名なステーキ屋さんやシュラスコ屋さんが続々オープンしている。

麻布は肉とうどんの街になりつつあるのか(笑)。

そんななか、今回訪問したのは六本木ヒルズのけやき坂を登りきったところにある、37 Steakhouse & Barというお店。

このお店を訪問したのは3回目だが、今までブログを書いていなかった。

さっそく紹介しよう。

37 Steakhouse & Bar — 六本木ヒルズ けやき坂上の本格ステーキハウスでステーキ丼ランチを楽しむ!!

けやき坂上のシックでオシャレなステーキハウス!入り口には肉塊が!!

150111-02-1

やってきました、37 Steakhouse & Bar。

六本木ヒルズのけやき坂上の交差点のすぐ脇にお店はある。

シックで落ち着いた外観だ。

 

150111-02-2

ランチメニューは平日と休日で変わる。

僕が利用した平日のランチは写真のように週替わりでサラダランチ、パスタランチ、サンドウィッチランチなどがある。

そして定番のハンバーグランチ、ステーキランチなどが続く。

 

150111-02-3

ビルの1Fに入ると、どーんと牛の絵が書かれていて、なかなか凄いインパクト。

ちなみに「37」というのは、このお店のオーナーさんのラッキーナンバーなんだそうだ。

オーナーさんは全国各地にお店を展開していて、みんな数字のついた店名なのだそうだ。

 

150111-02-4

2Fに上がって入り口。

写真左にショーケースに入った肉塊がゴロゴロ並んでいるのが見えるだろうか。

 

ステーキ丼にサラダをつけてランチにした!

150111-02-5

ハンバーグにするかステーキ丼にするか迷ったのだが、過去2回いずれもハンバーグを食べたので、今回はステーキ丼にすることにした。

オプション200円でサラダが追加できるので、サラダを足してもらうことにした。

シンプルなグリーンサラダ。

 

150111-02-6

そしてステーキ丼が登場。こちら税込みで1,600円。

脂がほとんどない見事な赤身肉のステーキだ。

上の写真右後ろにレモンが見えると思う。

このレモンを搾って肉に振り掛けていただく。

肉にはソースで味付けがされているが、ごく軽めの味付けだ。

レモンでピリッと全体が引き締まる感じが良い。

 

150111-02-7

お肉はとっても柔らかくて美味しい!

かなりレアっぽい火の入り方で、ジューシーで味わいも深い。

贅沢を言うと、「もっと食べたい!」という程度のボリューム。

かなり上品なポーションで、「ああ〜、もうちょっとガッツリ食べたいな〜」と余韻が残る。

とっても美味しいお肉なので、次回はステーキランチにチャレンジしてみたい。

というか、夜にワインとともにというのも、まだやっていないので、一度来てみたい。

期待が高まるランチであった。

 

まとめ

150111-02-8

この日は「頑張らない英語学習法」や「英語を続ける技術」など、英語学習のベストセラー書の著者、TOEIC満点(990点)を誇る西澤ロイさんとのランチだった。

僕も英文科を出て翻訳者を目指し、翻訳会社に17年勤務していたこともあり、英語について、お互いのこれからのビジネスについてなど、いろいろ語りながら楽しい時間を過ごした。

美味しい食事をしながら語り合い,楽しい時間を過ごす。

2015年はそんな素敵なランチタイムを積極的に作っていこうと思っている。

ロイさん、ありがとうございました!

そして37 Steakhouse & Bar、次回はステーキランチをいただきにくるか、それとも夜にワインとステーキを楽しみに来るか。

いずれにしても、また来ることになるだろう。

楽しみだ♪

お店情報

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅

更新履歴

2015年11月17日 コンテンツを公開しました。

2018年12月25日 2018年12月訪問分を追加し、過去の訪問レポートを合体してリニューアルしました。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします