日本酒立呑処 茶女 訪問レポート 〜 鎌倉駅東口 丸七商店街にある昭和な雰囲気のおでん屋さん!!

広告

鎌倉駅東口から3分ほど歩いたところにある闇市的雰囲気の「丸七商店街」内にある「日本酒立呑処 茶女」というおでん屋さんに行ってきたのでご紹介しよう。

食べログの表記だと店名に「日本酒立呑処」とあるが、カウンターには折畳み椅子が出ていて着席できるようになっていた。

何とも昭和レトロな雰囲気で、スタッフの年配の女性の雰囲気もあいまって、なかなかの風情だ。

さっそく紹介しよう。

日本酒立呑処 茶女 基本情報

日本酒立呑処 茶女 お店の外観

▲ やってきました、日本酒立呑処 茶女。

看板には「おむすび処」という文字が塗りつぶされていて、業態替えをしたことが伺える。

なかなか一見(いちげん)だと入りにくい雰囲気だ。

日本酒立呑処 茶女 店内の様子

▲ 店内はカウンター6席のみ。

立ち飲みではなく椅子があって着席できるようになっていた。

日本酒立呑処 茶女 お店情報

店名 日本酒立呑処 茶女
住所 神奈川県鎌倉市小町1-3-4
電話番号 0467-22-5039
定休日 昼:第3日曜、月曜

夜:日曜・月曜

営業時間 11:00~14:00

16:00〜22:00

予約の可否・必須かどうか 予約不可
クレジットカード カード不可
席数 6席
駐車場 なし
開店日 2014年4月2日
ウェブサイト 食べログ

Google

日本酒立呑処 茶女 地図とアクセス

鎌倉駅東口から徒歩3分。

最新!日本酒立呑処 茶女 1回目の訪問レポート 2022年5月

利用日と利用シーン

2022年5月11日(水)の夕方に1名で利用。

予約はなし。

当日の様子

▲ まずはホッピーで乾杯。

 

▲ 紙のメニューはなく、こちらのおでんと、それ以外には馬刺しがこの日のメニューということだった。

メニューは日替わりのようだ。

 

▲ お通し二種。

 

▲ おでんの大根と巾着を注文。

昆布はサービス。

出汁はかなり薄めで関西風に近いかも。

 

▲ 続いてこんにゃくとボール。

かなり薄味なので、出汁の風味が楽しめる。

スタッフの対応

親切にしていただき感謝です。

お会計

2,200円(税込)。

価格表がないので内訳が分からないが、頼んだものからするとちょっと割高感がある。

この日のまとめ

丸七商店街のお店はハードルが高めで、新規開拓は「天昇」に続いて2軒目。

まだまだ入ったことがないお店があるので、勇気を出して開拓したい。

鎌倉グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!