大本山 光明寺 〜 鎌倉 材木座の浄土宗の寺院は鎌倉最大級の山門を持つ ただいま本堂は大修理工事中!!

広告

鎌倉市材木座にある浄土宗の寺院「大本山 光明寺」に参拝してきたのでご紹介しよう。

本名は鎌倉市材木座の中でも最も逗子寄りの位置にある。

現在本土は修理工事中で、修理が終わるのは令和10年、つまり2028年とのこと。

本堂を見ることができなかったのは残念だが、工事の完成が楽しみだ。

さっそく紹介しよう。

光明寺 基本情報

寺院名 光明寺
住所 鎌倉市材木座6-17-19
電話番号 0467-22-0603
創建年 1243年(寛元元年)
宗派 浄土宗
入場料 無料
駐車場 あり
ウェブサイト 公式サイト

Wikipedia

Google

光明寺 御由緒

以下、公式サイトからの引用。

創立は鎌倉時代の寛元元年で西暦1243年といわれています。寺を開かれたのは浄土宗三祖然阿良忠上人です。

宗祖は法然上人で、二祖は久留米の善導寺を開かれたお弟子の聖光上人という方です。良忠上人は石見国(島根県)に生まれ、深い学問を達成された後、三十八歳で聖光上人のお弟子となり、法然上人の教えを受け継がれて浄土宗の三祖になられました。

光明寺 地図とアクセス

JR鎌倉駅東口から京浜急行バス「鎌40 逗子駅行き」で役10分、「光明寺前」バス停下車。

最新!光明寺 1回目の参拝レポート! 2022年6月

参拝日

2022年6月16日(木)。

当日の様子

▲ やってきました、光明寺。

この時点ではまだ本堂が工事中と気づいていなかった。

 

▲ 境内の案内図。

 

▲ 関東総本山の文字が見える。

 

▲ ご由緒書き。

 

▲ 鎌倉最大級の山門。

もの凄い迫力。

そして山門の奥に工事中のフェンスが見え、本堂が工事中であることに気づいた。

 

▲ アジサイが美しく咲いていた。

 

▲ 山門を潜ったらご覧の通り。

本堂はすっぽりとフェンスに覆われていてまったく見えない。

 

▲ 工事が終わるのは令和10年9月30日とのこと。

そのとき僕はまだ鎌倉に住んでいるだろうか。

 

▲ 鐘楼堂。

鐘の音を聞いてみたい。

 

▲ 工事中は左手にある「開山堂」が仮本堂となるとのこと。

 

▲ こちらが仮本堂となっている開山堂。

 

▲ 境内には「繁栄稲荷大明神」が祀られていた。

 

▲ 小さな鳥居、そして奥に祠がある。

 

▲ 繁栄稲荷大明神にも参拝。

この日のまとめ

修理の工事には7年を要するとのことで、本当に大工事だ。

修理が完了したら、その時どこに住んでいたとしても参拝に来ようと決めた。

美しくなった本堂に参拝する日が楽しみだ。

鎌倉寺院情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら