【閉店】ホテルオークラ オーキッドルーム 2015年8月末で閉館となる美しき本館でメモリアルコースを食す!! [麻布グルメ]

広告

ホテルオークラのオーキッドルームでディナーを楽しんできた。

2020年の東京オリンピックに向け、東京の街の再改造があちこちで始まっている。

ホテルオークラもその一つ。

1962年にオープンした本館は、2015ねん8月末をもって営業終了となり、取り壊され、2019年を目指して改築される。

歴史ある、そして美しい本館の取り壊しを惜しむ声は多いのだが、実際訪れてみると、あちこちに古さも目立ち、取り壊しも止むを得ないのかな、という気持ちにもなる。

ホテルオークラは、先日テラスレストランで朝食ブッフェを楽しんだ。

そのときの記事はこちらからどうぞ。

今回は、母と僕のちょっと遅れての誕生会ということで、オーキッドルームでディナーということになった。

さっそく紹介しよう。

ホテルオークラ オーキッドルーム  2015年8月末で閉館となる美しき本館でメモリアルディナーを食す!! [麻布グルメ]

150818-02 - 1

▲ やってきました、ホテルオークラ。

この凛とした雰囲気がとても美しい。

ちなみにホテルオークラは、本館は住所が虎ノ門になるが、すぐ隣にある別館は住所が六本木になる。

そして本館は8月末で営業終了だが、現在は別館を一時閉鎖して改装中とのこと。

本館と入れ替わりで、9月1日から別館が営業再開となる。

 

150818-02 - 2

▲ 誰もがホテルオークラといえば、この5Fロビーの美しさを思い起こすのではないだろうか。

僕は独立するまでホテルオークラには一度も来たことがなかったのだが、一度来たら忘れない佇まいである。

ちなみにホテルオークラは急斜面に沿って建てられているため、正面玄関から入るとそこは1Fではなく5F。

この構造は慣れないと訳が分からない。

 

150818-02 - 3

▲ オーキッドルームも5Fにある。

オーキッドルームといえば、朝食のフレンチトーストが有名。

僕はまだ食べたことがないのだが、8月末までに来られるだろうか?

 

150818-02 - 4

▲ オーキッドルームに入る。ロビーと内装が統一されていて、ここも美しい。

 

150818-02 - 5

▲ クラシカルなセッティング。

 

150818-02 - 6

▲ お祝いということもあり、シャンパンをグラスでいただく。グラスシャンパンは3,000円。

 

150818-02 - 7 150818-02 - 8

▲ コースメニューは二種類。

相談の結果、全員18,000円のメモリアルコースを注文することに決定。

 

【次のページ】ホテルオークラ オーキッドルームのメモリアルコースがスタート!

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら