ザ・バー 〜 ザ・リッツ・カールトン東京のメインバーで至福のアフターディナーのカクテルタイムを楽しむ♪ [2016年7月リッツカールトン誕生日プロジェクト その5]

広告

ザ・リッツ・カールトン東京のメインバー、その名も「ザ・バー」でカクテルタイムを楽しんできたのでご紹介。

2016年7月の僕の誕生日に、奥さんと夫婦でザ・リッツ・カールトン東京に一泊することになった。

ここまでに書いた記事はこちら。

アジュールフォーティーファイブでの夕食を終えた僕たちは、同じフロアのバーへと向かった。

ザ・リッツ・カールトン東京の45階は、一番奥のアジュール45から、反対側の一番奥の「ザ・バー」まで、壁での区切りがなく、一続きとなっているのが大きな特徴。

夜でも開放的な雰囲気が楽しめる。

早速紹介しよう。

ザ・バー 〜 ザ・リッツ・カールトン東京のメインバーで至福のアフターディナーのカクテルタイムを楽しむ♪ [2016年7月リッツカールトン誕生日プロジェクト その5]

160720-07 - 1

▲ ザ・リッツ・カールトン東京の45Fフロアは、3階分くらいはある吹き抜けになっていて、しかも壁が全然ない。

夜になって照明が落ちても、とても開放的だ。

 

160720-07 - 2

▲ その45Fフロアの、一番奥に、メインバー「ザ・バー」がある。

ライトアップされたボトルが美しい。

 

160720-07 - 3

▲ ナッツとあられとオリーブまでが美しい。

 

160720-07 - 4

▲ ひさしぶりにホワイトレディーなんか飲んでみる。

ジンとコアントローとレモンのショートカクテルだ。

 

意外にもザ・バーには一人客が多い。

日本人も西洋人も東洋人もいるが、一人でテーブル席で仕事をしているのか、待ち合わせをしているのか。

皆思い思いの時間を過ごしている。

 

160720-07 - 5

▲ 二杯目は、グランマルニエを。

150周年限定ボトルがあると教えてもらったので、そちらで。

 

160720-07 - 6

▲ 僕らが着いたときには、ピアノとベースの生演奏が入っていた。

どちらも白人の演奏家だった。
160720-07 - 8

▲ ちょっとブレ気味だが、バーを出て、夜のフロントを撮影したもの。

真ん中に大きな観葉植物があって、その向こうにフロントデスクがある。

壁がないので、すべてに一体感がある。

まとめ

吹き抜けでしかも壁がないので、ほど良い人々の話し声などの喧騒がフロア一帯に漂っている。

バーテンダーがシェイカーを振る音、グラスに氷が当たる音、ハイヒールが大理石の床に当たる音。

そういった音が混ざり合い、心地良い時間を作り出していた。

もちろん宿泊しなくても、バーだけの利用もOKだ。

六本木で〆のカクテルを楽しみたいなら、ここも良いのではないだろうか?

ザ・バー お店情報

関連ランキング:ラウンジ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

ザ・リッツ・カールトン東京を極めたい人が読む本

麻布・六本木グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします