ランニング初心者に送る、効果的に結果を出す10のアドバイス

広告

3. ランニングは「ゆっくり」が良い

子供時代の体育の授業の癖で、僕らはつい走るときに「速く走らなきゃ」と意識してしまう。

ところが、福岡大学スポーツ科学部教授の田中宏暁さんは著書「ランニングで落ちる!あなたの体脂肪」の中で、「走るスピードと減量効果に相関関係はない」と断言している。

むしろ逆で、脂肪燃焼効果をもっとも高くしてくれるのは、鼻歌交じりで走れるくらいの、ゆったりしたペースなのだ。

また、スピードを上げて走ると、膝や足首などを故障しやすくなる。

学生時代に運動をしていた人に多いが、当時の記憶で「速く走れる」と思い無理なペースで走り、膝を痛めてリタイア。

 

もちろんレースを目指したりする人はスピードを上げるトレーニングが必要になる。

でもそれは中級者以上の話し。楽しく走って健康的に痩せたい人は、とにかくゆっくり走る。これが鉄則。

 

田中教授は「靴の長さより歩幅を広くせず、早歩きの人に追い抜かれるくらいで構わない」と書いている。

安心してゆっくり走ろう。

 

 

4. 「20分」より長くを意識する

ランニングをまったくしたことがない人は、まずは5分でも10分でも走る習慣をつけることが大事だ。

でも、ある程度走れる人は、より効果的なトレーニングを目指したい。

 

そこで一つの目安となるのが、継続して走る時間。

一つの目安は20分という時間。距離は関係ない。

 

ランニングを開始すると、僕らの体は走るためのエネルギーを供給し始める。

その時に最初に使われるのは血中にあるブドウ糖、そしてグリコーゲン。

そして糖やグリコーゲンを使い切ると、脂肪がエネルギーとして使われ始めると言われている。

そのタイミングが、ランニング開始から約20分経過した時点なのだ。

 

僕自身、減量が軌道に乗るより前の時期に、「毎朝20分走る」という日課を課していた時期があった。

20分走るというのは、そこそこの運動量だと自覚していたのだが、ほとんど体重は変化しなかった。

 

今思えば、20分のランニングというのは、一番もったいない時間で運動を終えてしまっていたことになる。

20分まで走れているのなら、あと10分、せめて30分走ればより効果的だった。

 

ある程度の距離が走れるようになったなら、是非このタイミングは意識して欲しい。

僕自身、この法則を知って距離を延ばしてから、体重の減り方が大きく変わった。

 

 

【次のページ】ランニング初心者に送るアドバイス、その5〜6

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします