ランニング初心者に送る、効果的に結果を出す10のアドバイス

広告


7. 走り終えたら「アイシング」

Twitter & ブログ & ランニングの友であるアビさんこと @abiphoneab さん。

彼は1,000日以上の連続出走記録を更新中で、累計走行距離10,000kmを超えるスーパーマンだ。

 

彼と僕が共通して必ず行なうランニング後のケアがある。

それは「アイシング」だ。

使うものはシャワーだけ。

走り終えて帰ってきたら皆さんシャワーを浴びると思う。

その時、シャワーの最初の2分ほどを、冷水で脚をしっかりアイシングするのだ。

 

足首からふくらはぎ、そして膝を集中的にやる。

片足ずつ、約1分くらいずつ。しっかり冷やす。

 

アイシングをすると、筋肉の熱と張りが取れ、翌朝筋肉や関節に残る疲れが全然違ってくる。

このアイシングを絶対にするおかげで、僕はここ1年以上、故障らしい故障なく元気に走れている。

 

せっかく始めたランニングの習慣が故障のせいで途切れてしまうことほど残念なことはない。

ストレッチなどケアはいろいろ紹介されているが、アイシングは是非採り入れて欲しい。

 

 

 

8. 筋トレと組み合わせよう

同じ身長、同じ体重、同じ年齢の二人が同じ時間ランニングをしても、効果には差が出るものだ。

「人それぞれ」なわけだが、なぜ「それぞれ」になるかというと、基礎代謝量が違うからだ。

 

簡単にいうと、「筋肉質」な人は基礎代謝量が多く、「ぽっちゃり」な人は基礎代謝量が少ない。

そして基礎代謝量が多い人は、同じ時間運動をすると、より多くの脂肪を燃焼することができる。

 

基礎代謝量を上げるにはどうしたらいいか。

一言でいうと、筋肉の量を増やす、つまり筋トレである。

 

ランニングは運動負荷が弱く、筋力の発達には時間がかかるスポーツだ。

その点、腹筋運動やスクワットなどの筋トレは、直接筋肉を強化する運動なので、基礎代謝量アップに向いている。

 

なので、有酸素運動であるランニングと筋トレを組み合わせるのが良い。

基礎代謝量を上げ、脂肪燃焼しやすい体を作り、ランニングでたくさん脂肪を燃やす。

 

そして順番としては、筋トレ→ランニングの順番で行なおう。

筋トレをすると運動の負荷で身体が活性化した状態になり、脂肪燃焼しやすい状態になる。

その状態で走ると、より効果的というわけだ。

【次のページ】ランニング初心者に送るアドバイス、その9〜10、そしてまとめ!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします