五代目野田岩 麻布飯倉本店 — うなぎの名店に今年も行ってきた!気になる今年の鰻の大きさはどうなったか?? [麻布グルメ]

広告


夏になると鰻、という話になるわけだが、僕はうなぎは季節を問わず一年中食べたいと思う。

ただ、毎年確かに7月の声を聞くと、「なんかうなぎが食べたいなあ」と騒いでいるような気がするので、僕も平賀源内先生のマーケティングに引っ掛かっている一人なのかもしれない。

僕は最近東京ではうなぎというと、南千住の尾花か地元麻布飯倉の野田岩の二箇所しか行っていない。

別にほかの店に行きたくないわけではなくて、鰻を食べる頻度的に、この二店のローテーションで気が済んでしまっているのだ。

それぐらいどちらのお店も美味しいし、そしてそれぞれ個性がまったく違うのが楽しい。

個人的には野田岩を「東京の鰻、西の横綱」と、そして尾花を「東の横綱」と呼んでいる。

もちろん浅草の色川はじめ、まだ行ったことがない名店が山ほど東京にはあることは知っている。

それらのお店も新規開拓したいのだが、今年もやはり、まずは麻布の野田岩へということになった。

去年のクリスマスイブに奥さんと行って以来なので、約半年ぶりの訪問。

さっそく紹介しよう。

五代目野田岩 麻布飯倉本店 — うなぎの名店に今年も行ってきた!気になる今年の鰻の大きさはどうなったか?? [麻布グルメ]

やってきました、麻布飯倉、五代目野田岩本店

150710-01 - 1

やってきました、五代目野田岩 麻布飯倉本店。

野田岩は実はパリにも支店がある。最後にパリに行ったときは、お店の前はとおったが、「なにもパリで鰻を食べなくても」と思い通り過ぎた。

次回は入ってみてもいいかな。

 

150710-01 - 2

野田岩への最寄り駅は都営大江戸線の赤羽橋駅になる。

日比谷線の神谷町からも歩けるだろう。

六本木一丁目からも、なんとか歩けるか。

ちょっと不便な場所であることは間違いない。

でもいつも大繁盛の名店なのだ。

 

150710-01 - 3

この日は雨の火曜日の早い時間だったせいか、並ばずに入れた。

今回は本館の3Fの座敷席に。

以前は座布団の上に座る形だったが、数年前にテーブルと椅子になった。

畳の上に椅子とテーブルなわけだが、高齢化の影響がこういうところにも出ている。

【次のページ】東京のうなぎ西の横綱「野田岩」の鰻ディナーがスタート!


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします