愛宕神社(あたごじんじゃ) 出世の石段を駆け登ってきたぞ!! [港区スポット]

広告


僕のランニングコースに愛宕神社(あたごじんじゃ)という神社がある。

愛宕というと、愛宕山という23区内では一番高い山があり、そこに放送開始当初のNHKがあったことは有名。

ちなみに愛宕山の標高は25.7メートル。

虎ノ門とか芝とかの、真っ平らな一帯にあるので、こんもりした山はそれなりに目立つが、いかんせん周囲は高層ビルだらけで、ちょっと残念。

神社の前はいつも通りすぎるばかりで立ち寄ったことはなかったが、前から気になる存在ではあった。

そんなおり、大晦日にFacebookでこちらのブログを読んだ。

愛宕神社の石段はすごく急なのは見かけて知っていたが、「出世の石段」と呼ばれているとは知らなかった。

丁度今朝は初日の出ランニングのため皇居に行く予定だった。初日の出ランについてはこちら。

 

皇居から戻るときにちょうど愛宕神社の前をとおるので、石段を登ってみようと思い、行ってきた!

さっそく紹介しよう。

愛宕神社(あたごじんじゃ) 出世の石段を駆け登ってきたぞ!!

160101-03 - 1

▲ やってきました、愛宕神社。

こうやって見ると、確かにすごく急勾配だなぁ。

愛宕神社は東京23区内では一番高い場所にある神社とのこと。

この石段は「男坂」と呼ばれ、迂回する「女坂」と二つの参拝ルートがある。

 

160101-03 - 2

▲ かなりの急勾配で、ハッキリ言って怖い。

駆け登るなんてとんでもなくて、手摺りにつかまって一歩一歩噛みしめるようにして登った。

 

160101-03 - 3

▲ 出世の石段を一気に登り切りました!

元旦から縁起がいいね!

ちなみに、この石段が「出世の石段」と言われるようになったのは、徳川家光の時代。

家光が家臣に「この石段を馬に乗って駆け上がり、境内にある梅の木を折って戻ってこい」と命じたところ、みな怖じ気づいて挑戦しなかった。

そのとき、まったく無名だった侍、曲垣平九郎が一人、馬でこの石段を駆け登り、梅の花を折って戻ってきて家光に捧げた。

家光は平九郎を称賛し、その名は「馬術の達人」として全国に轟き、それ以来この石段は「出世の石段」と呼ばれるようになったのだそう。

歩いて昇っても怖いのに、馬に乗って昇るとは、正気の沙汰とは思えない(汗)。

 

160101-03 - 4

▲ 境内は初詣で客でごった返していたので、僕は遠くから参拝して帰ることにした(ランニングの途中だし)。

 

160101-03 - 5

▲ この角度だと、いかに急勾配かが分かるかな?

一段ごとも急なんだけど、脚の大きさに対して段の幅が狭く、落っこちそうな感覚になるのが一番怖い。

いやあ、元旦早々冒険してしまった♪

これで2016年の飛躍は間違いなし!

 

まとめ

東京にも歴史ある建築物や寺社仏閣など、身近にあるのにスルーしてしまっているものが結構あると再認識した。

これからはこのブログでも、「東京」をテーマにした記事も、少しずつ書いていこうと思う。

地方の旅ばかり書いていないで、自分の本拠地、東京のことも書いていこう。

楽しみだ。

 

愛宕神社オフィシャルサイトはこちら!

神社についてもっと知りたい人が読む本

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします