Jedit Ω plus 〜 macOSで動作するシンプルなエディターアプリ リアルタイムで文字カウントが表示できるのがお気に入り

広告

macOSで動作する「Jedit Ω plus」というエディターアプリをご紹介しよう。

基本機能は無料で使えるが、1,840円でライセンスを購入するとフル機能が使える。

僕はフル機能を使えるようライセンスを購入した。

Jedit Ω plus

無料
(2022.03.28時点)
posted with ポチレバ

僕は2011年に一冊目の本を書くときから、書籍原稿の執筆にはずっとJedit Ω plusの前身となるJeditというエディターアプリを使ってきた。

Microsoft Wordは重くて余計な機能が多いので、軽快に動作するエディターソフトを使いたい。

僕は書籍原稿を書くときには大して高機能は必要としないのだが、一つだけ求めることがある。

それは「リアルタイムで文字カウント機能が使える」ことだ。

このJedit Ω plusは別ウィンドウで「書類情報」を開きっぱなしにすることができ、文字カウントがリアルタイムで計測できる。

僕は本の原稿を書くときは、文字カウントをリアルタイムで見ながら書きたい。

前回の本が出てからしばらく本を書いていなかったので、Jeditの出番がなかった。

今回8冊目の本の原稿を書き始めるにあたり最新版を確認したところ、Jedit Ω plusとなり、Mac App Storeから購入できるようになっていた。

さっそくダウンロードして書籍の原稿書きに使っているが、シンプルで軽快で気に入っている。

僕が使っている機能に限ってだが、さっそく紹介しよう。

Jedit Ω plusはリアルタイムで文字カウントのウィンドウを表示できる

▲ こちらがJedit Ω plusのメイン・ウィンドウ。

ダークモードにも対応、シンプルでとにかく軽い。

音声入力で書籍原稿を書いていてもストレスがない。

 

▲ 「command + i」または「ファイル」→「書類情報を表示する」を選択すると、上のウィンドウを開きっぱなしにできる。

メインウィンドウ下部にも小さく文字数は出ているのだが、見にくいので別ウィンドウを開きっぱなしにして執筆をする。

 

▲ このような感じで、メインウィンドウの隣に書類情報を開きっぱなしにして、文字数を確認しながら書いていく。

書籍の原稿は長丁場で文字数も多くなるので、全体のボリュームを確認しながらペース配分することが大切なのだ。

まとめ

久し振りに書籍の原稿を書き始め、懐かしいJedit Ω plusを使い始めていい感じだ。

これからはコンスタントに出版していきたいので、ずっと相棒になってくれるだろう。

Jedit Ω plus、シンプルで気に入ってます!!

Jedit Ω plusのダウンロードはこちらからどうぞ!!

Jedit Ω plus

無料
(2022.03.28時点)
posted with ポチレバ

Mac情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!