土手の伊勢屋 — 吉原大門 若き五代目店主の絶品天丼(ハ)は、はみ出すのが基本!! [下町グルメ]

広告

台東区日本堤にある、「土手の伊勢屋」をご紹介。

僕は浅草に行くときのルートを幾つか作っているのだが、そのうちの一つが、南千住駅から歩いて浅草に行くという、ちょっとした遠足コース。

そのルートだと、南千住駅から吉野通りを南に下り泪橋交差点を渡り、いわゆる「山谷地区」に入る。

山谷のマンモス交番の角を曲がって「いろは街商店街」を突っ切って土手通りを左折すると、すぐに吉原大門の交差点に辿り着く。

この吉原大門の交差点に、120年以上の歴史を持つ天ぷらの名店、「土手の伊勢屋」がある。

僕が初めてこの店に来たのはもう15年以上前のことで、店主は先々代、3代目だったころと推測される。

当時の「土手の伊勢屋」の天丼は、ごま油で揚げる昔ながらのスタイルで、衣もヘビーで猛烈なボリューム感だった。

確かにボリュームは凄いのだが、正直全部食べるのがちょっと辛い、ヘビーすぎる天丼、というイメージがあった。

それが、いつからかは分からないが、天ぷらのスタイルが大きく変わり、現代風に洗練された。

もこもこに大きかった衣もサクサクでスッキリしたタイプに変わり、タレの風味も甘さが抑えられてスッキリした。

そして、昨年2014年から、アルバイトから登り詰めた若き5代目店主に代替わりしたという。

久々の訪問、楽しみにしていた。

さっそく紹介しよう。

土手の伊勢屋 — 吉原大門 若き五代目店主の絶品天丼(ハ)は、はみ出すのが基本!! [下町グルメ]

吉原大門交差点角に存在感ありすぎの外観!!これぞ土手の伊勢屋だ!!

150328-02-01

やってきました、吉原大門、「土手の伊勢屋」。

「土手」というのは、この前の通りに以前は「山谷堀川」という川があって、その土手に沿った通りだったことから名付けられている。

いまは山谷堀も埋め立てられてしまい、土手も崩されてしまっているので、全然土手っぽくない。

お店に到着したのは開店5分前で、ちょうど行列していた先頭のお客さんがお店に入るところだった。

 

150328-02-02

行列の末尾につく。

決して回転が早いお店ではないので、この位置だと結構時間がかかる。

行列は約20名ほど。

お天気が良くて温かいのが救いだった。

 

150328-02-03

古い木造建築で、看板もとても年季が入っている。

 

150328-02-04

すりガラスに海老の模様が入っているのがオシャレだよね。

 

150328-02-05

この看板もとってもいい。

 

150328-02-06

行列が進み先頭にやってきた。

この暖簾と看板が本当にカッコいい。

いつまでもこのままのスタイルで頑張って欲しい。

 

50分並んでついに入店!

150328-02-07

この日は50分並んで店内へ。昔2時間並んだことがあるので短い方だが、平日でもこんなに並ぶのかとちょっとビックリした。

店内は昔ながらの民家という風情。

階段を2階に上がれば普通に住居として使っていそうな感じ。

 

150328-02-08

この奥が揚げ場。

5代目店主もだが、店員さんが皆すごく若返っていた。

お店は古いが従業員はみんな若くてハツラツとしていて、すごくいい感じ。

エネルギーを感じるね。

 

150328-02-09

壁には「登録有形文化財」のプレートが。

いざ!天丼(ハ)が登場!!やっぱり美味い!!

150328-02-11

テーブルに座ったら、あっという間に天丼が登場。

並んでいる間に注文を聞いてくれていたため、速攻で出てきた。

嬉しいけど、もうちょっとだけ「さあ楽しみだ」という余韻があってもいいかも。

こちら、天丼の(ハ)。

どーんとはみ出しているのは、もちろん穴子。

 

150328-02-12

蓋を開けますと、こんな感じになっております。

海老が2本にシシトウとアスパラ、それに下にはさらにかき揚げまで入っている。

 

150328-02-13

天丼(ハ)に蓋がついてくるのは、天ぷらが多すぎて食べにくいので、こうして一旦蓋に避難させるため。

 

150328-02-14

穴子からいただく。

前回の訪問から2〜3年経っていると思うが、印象は前回と変わらない。

昔ながらのヘビーな天丼ではなく、下町風のタレの重さは残しつつも、全体としては若く洗練された天丼になっている。

衣も軽めになっていて、とても食べやすい。

ごはんも艶やかで美味しい。

あっという間に完食。ごちそうさまでした。

まとめ

浅草には何店も天ぷらや天丼のお店があるが、ここ「土手の伊勢屋」はその中でももっとも「下町らしさ」を残す名店といえるだろう。

浅草の駅からはそこそこ遠いが、千束通りをぶらぶら散歩しつつ足を延ばすのも良いのではないだろうか。

もしくは僕のように、南千住や三ノ輪の駅から南下するのも良い。

休日は激しく行列ができるので、要注意。

とくに夏場のランチは、日差しが厳しいので、行列の際には日傘や帽子などが必須。

今回も50分並んだが、それだけの価値がある逸品だと思う。

末長く繁盛して欲しい。

東京に住んでいるなら1度は訪れたい名店。

土手の伊勢屋 お店情報

関連ランキング:天丼・天重 | 三ノ輪駅三ノ輪橋駅南千住駅

関連エントリー:

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします