浅草寺(せんそうじ) 参拝レポート 〜 あまりにも有名な東京下町を代表する寺院!コロナで観光客が減っていた!! [浅草寺院]

広告


東京の浅草にある浅草寺(せんそうじ)に参拝してきたのでご紹介。

改めて紹介するまでもなく、浅草寺は浅草だけではなく、東京を代表する寺院の一つ。

雷門や本堂の写真を見たことがないという人の方が少ないのではないだろうか。

という僕も幼稚園の頃に親や祖母に連れられてきた頃から、いったい何十回来たのか分からないくらいの回数浅草寺には来ている。

今回は2回目の参拝レポート。

2020年6月はコロナウイルスの緊急事態宣言が解除されたばかり。

もちろんまだ外国人観光客は全然おらず、閑散としている浅草寺を体験することができた。

ゆったり参拝できるのは良いけれど、観光業の方たちのご苦労は大変なものだろう。

浅草寺(せんそうじ)基本情報

寺院名 浅草寺(せんそうじ)
住所 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号  03-3842-0181
創建年 推古天皇36年(628)3月18日
宗派 聖観音宗
入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 公式サイト

Wikipedia

御由緒

以下は浅草寺公式サイトからの引用。

浅草寺は、1400年近い歴史をもつ観音霊場である。寺伝によると、ご本尊がお姿を現されたのは、飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝であった。

宮戸川(今の隅田川)のほとりに住む檜前浜成・竹成兄弟が漁をしている最中、投網の中に一躰の像を発見した。仏像のことをよく知らなかった浜成・竹成兄弟は、像を水中に投じ、場所を変えて何度か網を打った。しかしそのたびに尊像が網にかかるばかりで、魚は捕れなかったので兄弟はこの尊像を持ち帰った。

土師中知(名前には諸説あり)という土地の長に見てもらうと、聖観世音菩薩の尊像であるとわかった。そして翌19日の朝、里の童子たちが草でつくったお堂に、この観音さまをお祀りした。「御名を称えて一心に願い事をすれば、必ず功徳をお授けくださる仏さまである」と、浜成・竹成兄弟や近隣の人びとに語り聞かせた中知は、やがて私宅を寺に改め、観音さまの礼拝供養に生涯を捧げた。

浅草寺に伝わる縁起には、観音さま示現の日、一夜にして辺りに千株ほどの松が生じ、3日を過ぎると天から金の鱗をもつ龍が松林の中にくだったと記されている。この瑞祥が、後につけられた山号「金龍山」の由来となった。また現在、浅草寺寺舞として奉演されている「金龍の舞」も、これに因む。

浅草寺(せんそうじ) 地図とアクセス

東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分

浅草寺(せんそうじ) 2回目の参拝レポート! 2020年6月

参拝日と参拝シーン

2020年6月6日の昼に参拝。

ひさしぶりの下町巡礼ツアーの一環としての参拝だった。

とん平で軽く飲んだあとに参拝。

当日の様子

▲ 普段は雷門から入ることが多いが、この日は公園本通りで飲んでからやってきたので脇から。

 

▲ 土曜日の午後1時にこの閑散ぷりは滅多にない。

 

▲ おかげで写真もゆったり撮れるし参拝もゆっくりできる。

 

▲ 外国人がちらほらいるが、日本国内在住の方たちなんだろうと思う。

 

▲ 天井の絵も美しい。

 

▲ かしわ手を打ってしまっている人が結構多かった。

 

▲ このあとは浅草神社に参拝します。

 

浅草神社と待乳山聖天に参拝して、浅草寺に戻ってきた。

宝蔵門の前が何やら工事中。

 

▲ 仲見世もお店はほとんどが開くようになったけど、人影はまばら。

 

▲ こんなに空いている仲見世もなかなか見られないので記念にはなるね。

 

▲ 雷門の提灯が新しくなっていた。

 

▲ 僕にしか撮れない角度でお送りしています。

 

▲ 提灯に大きく「令和二年四月」の文字。

 

▲ 「松下電器産業株式会社」の下に小さく「現パナソニック株式会社」と書いてあって微笑ましい。

 

▲ 雷門の前も人が鈴なりではなく静かだった。

この日のまとめ

コロナの緊急事態宣言が解除されたばかりで、まだ都道府県をまたぐ移動や旅行は自粛するよう呼びかけが出ている時期。

だからこその静かな浅草寺だった。

なかなか見られない光景だよね。

朝に来るとこんな感じなんだけど、朝だとお店が閉まっているしね。

というわけで、静かな浅草寺参拝でした!!

前回の参拝レポートはこの下のリンク集のさらに下にありますので併せてどうぞ。

下町情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

鈴芳 訪問レポート 〜 浅草裏通りの名酒場!失われつつある昭和風情の残滓を楽しむ昼飲みタイム [浅草グルメ] | No Second Life
浅草の裏通り、最近は「ホッピーストリート」なんて呼び方もされる通りにある「鈴芳」という居酒屋さんに行ってきたのでご紹介。 鈴芳に初めて行ったのは20代のころ。 ま…
www.ttcbn.net

 

浅草寺(せんそうじ) 1回目の参拝レポート! 2019年11月

参拝日と参拝シーン

2019年11月20日(水)の昼に参拝。

鷲神社の二の酉に向かう途中浅草に立ち寄って参拝。

当日の様子

▲ やってきました浅草寺。

なんだかんだ言って、来るたびに毎回雷門から入らないと気が済まない。

 

▲ そしてご存知の仲見世。

僕からしか撮れない角度でお送りしてます。

 

▲ 仲見世はずいぶんお店が入れ替わったが、奥の方には古いお店もまだまだ残っている。

 

▲ そして宝蔵門も美しい。

 

▲ 宝蔵門を抜けると、本堂が見える。

 

▲ 日本人よりも外国人観光客の方が圧倒的に多い。

 

▲ さあ本堂へ。

 

▲ 写真撮影禁止とか言わないところが良いよね。

 

▲ 参拝している人より撮影している人の方が多い。

 

▲ 人は多いけどやはりどこか厳粛な雰囲気が漂う。

この日のまとめ

いままで何十回、うっかりしたら100回くらい参拝してきたのに、初めての紹介記事だ。

書けて良かった。

そしてこれから参拝のたびにちょっとずつ充実させていきたいと思う。


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!