鮨一(すしかず)〜 札幌 新川のオシャレ寿司店 地物中心のランチお任せコースが素晴らしかった!! [2017年6月 北海道旅行記 その5]

広告

札幌の新川にある「鮨一(すしかず)というお寿司屋さんに行ってきた。

2017年北海道旅行記 1日目。

旅の一つ前の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

2017年6月25日、大阪の出張先から直接全日空で新千歳入りした僕は、そのままランチを予約したお店に移動。

「鮨一(すしかず)」へは、札幌駅で電車を乗り換えて3つ目、新川駅から徒歩8分ほどのところにある。

当日は本降りの雨が降り、6月とは思えない寒い陽気だったが、頑張ってキャスターバッグを転がしつつ、駅から8分歩いてお店に辿り着いた。

さっそく紹介しよう。

鮨一(すしかず)〜 札幌 新川のオシャレ寿司店 地物中心のランチお任せコースが素晴らしかった!! [2017年6月 北海道旅行記 その5]

▲ やってきました、新川駅。

まったく土地勘がないのだが、札幌近郊の住宅地という感じの駅で、こんなところに有名寿司店があるとは思えない感じ。

 

▲ 自分が乗っていた路線を駅で確認。

なるほど、新十津川方面に行く、札沼線に乗っていたのだな。

自分が子供のころから時刻表を眺めて知っていた札沼線に乗る日が来たとは感慨深い。

 

▲ 本降りの雨のなか8分ほど歩いてお店に到達。

「鮨一」と書いて「すしかず」と読む。

予想外にピカピカでオシャレな建物でビックリ。

 

▲ 看板も雨に濡れてしまっているが、黄金色に輝いている。

店内写真は撮れなかったが、モダンでポップスが流れて良い雰囲気。

職人さんはカウンターに二人で、僕はカウンターの奥の方に通された。

カウンター手前に大将と思わしき男性が立ち、奥の僕の前に40前後の黒縁メガネで坊主頭の柔和そうな男性が立つ布陣。

他に老齢の男性がマネージャー的な雰囲気でお一人、女性スタッフが何名か、という感じ。

職人二人も「板前」というよりは「シェフ」に近い服装をしている。

 

▲ 無事の札幌到着を祝して一人乾杯。

 

▲ 対応してくれるメガネの職人さんに、東京から今着いたばかりと伝えると、「では北海道のものを中心にしましょう」と提案してくれた。

つまみからお任せで、ということでお料理だスタート。

まずは函館のヒラメから。

すだちと塩で、しっとりと。

 

▲ 道東の釧路のもっと奥からやってきたという、北海シマエビ。

北海道では海老は茹でずに生で食べるものが多いが、この北海シマエビだけは茹でたり蒸したりして、火を入れて食べる。

 

▲ 宗谷からやってきたホタテ。

ぷっくりした身が甘くて素敵。

 

▲ 冷酒は北海道の「国稀」。「くにまれ」と読む。

 

▲ 毛ガニはたっぷり肝を載せて。

 

▲ カズノコ。

 

▲ あん肝。

東京で食べ慣れているものよりも、かなりレア感が強くてプリプリだ。

 

▲ 煮たこ。

東京だと甘く煮ることが多いが、シンプルな塩ゆで。

それでも出てくる素材の甘みが素晴らしい。

 

▲ 焼物で鯛のカマを用意してくれていたときに、「身もどうぞ」ということで、真鯛。

 

▲ そして真鯛のカマの塩焼。

身がぎゅっと締まっていて素晴らしい。

 

▲ そしてこれは初体験、ウニの塩漬け。

ぎゅっと密度が増していて、ちょっとずつ舐めるように食べると旨味がじわーっと出てくる。

これはウニとは別物と考えるもの。

美味い。

 

▲ 蝦夷アワビは生で。

コリコリする風味の奥に甘みがそっと出てくる。

 

▲ そしてこれが美味かった!!

ボタン海老。

上に内子と味噌が乗っていて、それに塩とスダチを絞ってあるのだが、もう最高!!

海老のプリプリの身に味噌と内子の甘さ、スダチの酸味が加わって素晴らしいハーモニー!!

いやあこれは美味い。

 

▲ 6月に解禁になったばかりの支笏湖のヒメマス。

これも東京では食べられない。

 

▲ 続いてはキングサーモン。

北海道産で、地元の人は「オオスケ」と呼ぶのだそう。

 

▲ 北寄貝。抜群に甘い。

 

▲ 利尻のエゾバフンウニ。

見事な美しさ。

 

▲ 6月〜8月は、北海道の日本海側のウニが獲れる時期で、いまが最高とのこと。

いやあ良い時期に来た!

 

▲ 襟裳のツブ貝。塩で。

 

▲ 網走のキンキ。

上に肝を載せて、そして皮だけ炙ってあって香ばしい。

 

▲ イクラは浅めの漬けにして、塩を振るスタイルは珍しい。

 

▲ 網走のシジミ汁。

もはやシジミに見えないこの迫力。

身もぷっくりしていて旨味がたくさんだが、もはやシジミの味ではない(美味い)。

 

▲ シンプルな玉子焼き。

 

▲ そして大トロ登場。

コースはここまで。

 

▲ アナキュウ巻を追加してもらい、これにてフィニッシュ!

まとめ

2017年の北海道での最初のお寿司を満喫した。

全体的に素材が良いのは当然として、その素材の良さを引き出す、控え目な演出が上品で良かった。

特にボタン海老は抜群に美味くて感動してしまった。

お会計は、ビールと冷酒をいただいて、1万5,000円でした。

良いお店でした!

旅の次の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

鮨一(すしかず) お店情報

関連ランキング:寿司 | 新川駅八軒駅

札幌・小樽をもっと知りたい人が読む本

北海道に関する情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

自分の「好き」「得意」をセミナー・講座にして登壇したい人のための1day講座開催(東京、平日・休日)

自分の「好き」「強み」をネットで発信するだけでなく、セミナー・講座にしてブログとSNSで集客しよう!! 休日コース11/18、平日コース11/29開催。

講座の作り方セミナーについて詳しくはこちら

「複業」時代のひとりビジネス構築法をすべて伝えます!!

ネット時代の「一人ビジネスの構築方法、育て方、そして多角化までをぎっしり詰め込んだ1day講座開催! ブロガーとして独立してから7冊の本を出版し、講座・セミナーを多数企画・開催、心理カウンセラー、ブランディングコンサルタントとしても活動する「スラッシャー」立花が直接指導。 12/9に休日コース、12/20に平日コース開催。

一人ビジネス構築セミナーについて詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします