札幌 金寿司 訪問レポート 〜 創業1934年の老舗寿司店は超ハイコストパフォーマンスで何もかも美味い!! [札幌グルメ]

広告

札幌の老舗寿司店「金寿司」に行ってきたのでご紹介。

この「金寿司」は、2014年に友人のオススメで初めて訪問して気に入って以来、毎回札幌に行く度に通っている。

独立して仕事をするようになってから今回が5回目の札幌だが、唯一5回連続で通っている札幌の寿司店である。

それだけ通いたくなるのには理由がある。

それはもちろん美味しいということと、コストパフォーマンスが素晴らしいのだ。

毎回ランチでの訪問だが、今回も大満足の滞在だった。

早速紹介しよう。

札幌 金寿司 訪問レポート 〜 創業1934年の老舗寿司店は超ハイコストパフォーマンスで何もかも美味い!! [札幌グルメ]

お店の外観

▲ やってきました、札幌 金寿司。

すすきのの繁華街からは遠く離れ、サッポロビール園などが近い、どちらかというと住宅街の中にぽつんとお店はある。

ちなみに金寿司は出入り口が二つあり、こちらが正面玄関。

前回までは毎回裏口から出入りしていたが、そちらが正面だと思い込んでいた。

こちらの方がずっと立派だ。

 

▲ 1934年創業というから、80年以上の大変な老舗だ。

お店の外観

お店情報

店名 金寿司
住所 北海道札幌市中央区北二条東7
電話番号 011-221-2808
定休日 日曜(月曜が祝日の場合、日曜営業・月曜祝日休業)
営業時間 [月〜金]
11:30~15:00
17:00〜21:20
[土]
11:30〜21:20
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 59席
駐車場 あり
開店日 1934年
ウェブサイト なし

地図とアクセス

地下鉄東西線 バスセンター駅 徒歩5分

最新!6回目の訪問レポート 2018年11月

利用日と利用シーン

2018年11月21日(水)のランチ。

飛行機が雪で遅れ、12:30の予約を13時に変更してもらった。

店内の様子

▲ カウンターは12席。

偶然なのだろうが、いつも3人の職人さんのうち、中央のメガネを掛けている若い職人さんの前に座ることになる。

もう先方も僕のことを憶えていてくれてありがたい。

当日の様子

▲ まずは無事札幌に到着したことを祝してサッポロラガーで乾杯。

 

▲ 適当におつまみからお願いする形でスタート。

まずは茹でたタコ。

ここのは甘くなく、シンプルに塩でいただく。

 

▲ 続いてはスモークしたカツオ。

素晴らしい薫りと、そしてねっとりした旨味が既に凄い。

 

▲ これはということで、ビールがまだ残っていたが、冷酒もいただくことに。

金寿司は冷酒の出し方が面白い。

銘柄は国稀だが、金属のピッチャーからビールグラスになみなみ注がれるのだ。

 

▲ これを見ると、「ああ、札幌に来たんだな」と実感する。

金寿司は5回連続で来ているが、最初のトップバッターで来ることがとても多い。

 

▲ マツカワガレイ。

炙ってあるのだが、炭と脂の風味が抜群。

 

▲ 真鯛の酢味噌和え。

ハッとするようなインパクト。

これも味がビシッと決まっていてめちゃくちゃ美味しい。

どれも素晴らしい握り10貫 + 1

▲ そして握りへと移行。

ガリが二種類。

奥は塩味、手前は一般的な甘酢のガリ。

 

▲ まずはソイから。

風味が上品で素敵。

 

▲ 北寄貝はごく軽く炙っており、甘味が強く出ている。

金寿司は、この「ごく軽く炙る」とか「一部だけ炙る」というのが、素晴らしく上手だ。

 

▲ 知床のぶり。こちらもごく軽く炙ってあり、旨味がドンと前に出てくる。

 

▲ スルメイカ。ぴりっ辛い味噌が付いていて変化球。

 

▲ 中トロ。

ここの中トロは毎回サイドだけを軽く炙り、シャリとの間に漬物が入っているのだが、これが抜群に美味い。

 

▲ コハダ。しっかりした〆。

 

▲ 噴火湾のアナゴは塩で。

 

▲ シャコ。今年はシャコが不漁で、3回しか上がらなかったとのことで、たまたま今日はあったとのことでラッキー。

 

▲ 根室のエゾバフンウニ。

シャリの中にウニが隠れている。

 

▲ そして金寿司名物のボタンエビで一通り10貫。

握りを食べてから、味噌を軍艦につけて食べるのが流儀。

 

▲ 一つだけ追加したくて、サバをお願い。

フルーティーで見事なサバだった。

スタッフの対応

皆さまにとても良くしていただき大満足。

いかにも「帳場」という感じの風情ある店内。

お会計

一名で9,936円(税込)

この日のまとめ

5回目の訪問となった金寿司、今回は初めて初冬の訪問となったが、やはり素晴らしかった。

この時期が札幌のお寿司は一番豊かで美味しいと職人さんも言っていて、納得の訪問だった。

初夏もいいけど、初冬もいいね。

札幌金寿司、気に入ってます!!

過去4回の訪問レポートはこの下にあります!!

札幌寿司情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

4回目の訪問レポート 2018年5月

札幌のバスセンター駅近くにある「金寿司」というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。

僕はブロガーとして独立してから札幌に来るのは4回目だが、この金寿司は4回連続の訪問、しかも全部が昼の訪問だ。

そして毎回札幌に到着すると、すぐこの店に来るというパターンも出来上がっている。

今回もトップバッターとしてやってきた。

リアルタイムにどんどん記事を公開したいので、写真のみでアップし、あとから加筆して完成させる形でお送りしています。

金寿司 〜 札幌の老舗寿司店に4回連続訪問!素材と技の融合に今回も悶絶!! [札幌グルメ]

利用日と利用シーン

2018年5月31日の昼の部に訪問。

12:30で一週間前に予約ができた。

当日の様子


3回目の訪問レポート 2017年6月

札幌の「金寿司」という老舗お寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。

2017年北海道旅行記、2日目。

旅の一つ前の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

今回の北海道への旅の目的の一つが、できるだけたくさんのお寿司屋さんを巡ること。

昨日の鮨一に続いて、旅で2軒目のお寿司屋さん訪問となった。

鮨一のレビュー記事はこちら。

僕が独立してから札幌に来るのは三度目だが、前々回も前回も金寿司には来ていて、今回で三回連続。

それだけ続けて通うのには理由があって、それは当然美味いからだ。

今回も納得の美味さだった。

さっそく紹介しよう。

金寿司 〜 三回連続訪問!札幌随一の高コストパフォーマンス寿司店の絶品ランチお任せが美味すぎて感激!! [2017年6月 北海道旅行記 その11]

▲ やってきました金寿司。

場所はJR札幌駅と苗穂駅の中間くらいにあって、どちらからも徒歩12〜13分かかる不便な場所。

僕は結局すすきののホテルからキャリーバッグを持って25分ほど歩いてしまった。

この日は12時の予約だったが、カウンターもテーブルも満席の盛況。

カウンターには外国人観光客もいて、相変わらずの人気店ぶりだ。

 

▲ まずはビールで乾杯。

 

▲ 相変わらずの金色を模した黄色の箸袋。

 

▲ さてお料理。

いつもどおり、つまみからのお任せでお願い。

僕の担当は前回と同じ、メガネを掛けた坊主頭の若手さん。

ランチには大将は出ておらず、若手さんが3人で担当されている。

まずは北海シマエビ。

 

▲ 続いては煮だこ。

塩でいただく。

ほのかな甘みがとても良い。

 

▲ 冷酒は昨日と同じく国稀。

このグラスで出てくるのが金寿司スタイル。

 

▲ 赤ホヤの塩辛。

これがすごく美味しかった。

ふわっとしていて風味が良く、まったく臭みがない。

東京だとホヤは出てきても、臭いものが多いが、これはめちゃくちゃ美味い。

 

▲ 新しょうがの塩漬けをつまみで。

 

▲ ゲソの炙り 青唐辛子入りの味噌ときゅうりと共に。

青唐辛子入りの味噌と一緒に食べると、ゲソの甘みがすごく際立つ。

 

▲ ここから握りに移行。

まずはヒラメから。塩とスダチで。

 

▲ 北寄貝は、ごく僅かに炙ってある。

水分が飛ぶほどではなく、ほのかに身が温かくなるかどうか、という炙りなのだが、これが絶品。

甘みがじゅわっと出て素晴らしい。

相変わらずレベルが高い。

 

▲ ホタテはタテに割いてある。

いつも食べるホタテと食感が違う。

 

▲ ツブ貝。

 

▲ 赤身の漬け。深い色合いで味もしっかりしている。

 

▲ そしてこちらがこの日のハイライト!

中トロなのだが、僕から見て裏面(左利きのため反対向きに置いてくれているため見えない)のトロの縁だけを炙ってある。

炙られた脂の香ばしさに、ほんの一つまみの「つぼ漬け」が挟んであり、その歯ごたえと食感、風味も渾然一体となり凄い!!

いやあ、美味い!金寿司美味いよ!!

 

▲ イクラ。

 

▲ 銀ダラもほんのちょっとだけ炙ってある。

この「ほんのちょっと炙り」とか「縁だけ炙り」とかが、金寿司はすごく上手い。

 

▲ ムラサキウニ。爽やか。

 

▲ スルメイカはスダチと塩で。

 

▲ シャコはしっとりとした甘み。

 

▲ そして〆は、金寿司名物の、ボタン海老と、ボタン海老の味噌。

味噌を付けて食べるための、空の軍艦と共に。

これも絶品。

 

▲ お茶でフィニッシュ。

今回もやはり素晴らしかった。

まとめ

3回連続で来ているが、やはり今回も素晴らしかった。

そして素晴らしいのがコストパフォーマンスで、ビールと冷酒を飲んで、会計は8,000円ちょっと。

これは前日の鮨一の半分強というすごい価格設定。

出てきた数は同じくらいだし、味的にはむしろ金寿司の方が上回っていると感じるのだが、どうしてこんな安い値段で出せるんだろう?

前回も「次回は夜に」と思ったのに、スケジュール的に入らず今回もランチになってしまった。

次回こそは夜に行くぞ!

旅の次の記事はこちら

ただいま準備中♪

2017年6月北海道旅行記 目次

2回目の訪問レポート 2016年9月

札幌の地下鉄バスセンター駅近くにある老舗のお寿司屋さん「金寿司」に行ってきたのでご紹介。

この金寿司は2014年6月に初めて訪問し、その魅力に取り憑かれた。

前回も札幌に着いてそのままこのお店に直行したのだが、今回もまったく同じスタイルで、新千歳空港から札幌駅に着いて、そのまま金寿司へ。

前回に引き続きランチでの利用となった。

まずは写真中心でアップして、あとから手を入れて完成させるスタイルを試し中。

金寿司 〜 札幌の老舗寿司店は到着直後のトップバッターが似合う!今回もランチを満喫!! [札幌グルメ]

利用日と利用シーン

2016年9月23日のランチ利用。

北海道一人旅のため、一人で訪問。

当日の様子

1回目の訪問レポート 2014年6月

札幌の「金寿司」というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。

2014年6月 札幌・小樽旅行記、初日。

旅の一つ前の記事はこちら

7年ぶりに北海道にやってきた!

半日断食の身なので、前の日の夕方に食事をしてから何も食べていない状態。

おなかペコペコで既に時計は午後2時30分。

札幌で最初の食事は「金寿司」にやってきた。

お友だちの真也さんオススメのお店で、しかもランチから夜まで通し営業。

ランチが終わってしまう時間帯なのでお寿司は無理と諦めていたのでとても嬉しかった。

札幌 金寿司 — 驚きのハイ・クオリティ寿司を 柔和な大将の笑顔と供に食す!! [2014年6月 札幌・小樽旅行記 その2]

140628-01-01▲ やってきました、札幌金寿司。

相当な有名店のようだが、こじんまりした佇まい。

 

140628-01-02

札幌駅からだと徒歩15分強。

僕は一駅だけJRに乗って苗穂駅から歩いた。

苗穂駅からでも徒歩10分ちょっと。

決して便利な場所ではないが、人気店のようだ。

 

140628-01-03

ちなみにこの金寿司、出入り口が表と裏の二つある。

どちらが表なのか?多分こちらが表だろう、という側から入る。

 

140628-01-04

午後2時半という中途半端な時間だったが、カウンターには先客が2組いて、遅めのランチを楽しんでいた。

北海道に来たらまずはビールでしょう。

普段はビール断ちをしているのだが、旅の間は解禁。

楽しもう。

北の大地でいただくビールは甘く感じてすごく美味しい。

 

140628-01-05

箸袋。穏やかなながらにも奥行きがあるお店によくマッチした雰囲気。

 

140628-01-06

お通しはツブ貝のヒモ。ふわりとした味わい。

 

140628-01-07

最初にマダコとスズキをおつまみで。

タコは甘くて塩すらつけずにいける。美味い!

 

140628-01-08

そしてやってきました!エゾバフンウニ!解禁になったばかりとのこと。

見て見て〜、この美しさ!

お醤油も塩もいらない、このままいただいて最高に美味い!

 

140628-01-09

続いてはしめ鯖とほっき貝の炙り。

鯖の〆具合はごく穏やか。大将の柔和な人柄がそのまま出ている鯖だった。

ほっき貝はすごく肉厚で、炭火の薫りがしっかり乗り移って最高。

 

冷酒を注文したら、サッポロビールのグラスで出てきて嬉しくなった。

このお店からサッポロビール園はすぐ近く。

 

ここで握りに移行。

最初に登場したのはヒラメ。

強めにスダチが効いて塩で味が付いている。

ここまでの穏やかなノリから凄い変化球。

口の中が引き締まる。

美味い!

 

続いては燻したカツオ。

藁で燻した薫りが口から鼻に抜ける!そしてねっとりと力強いカツオの風味が喉に落ちて行く。

ビックリするぐらい美味しかった。

 

これ何に見えます?

正解はホタテ。貝柱を手で裂いているとのこと。

甘味が強いホタテ。これもとても滋味深い。

 

そして中トロ。

もう言葉が出ないくらい美味い。

しゃりも最高で、ホロリと口の中でほぐれ、一粒ひとつぶが際立っている。

酢飯はごく穏やか。強く主張してこないがしっかりしている。

 

スルメイカ。

ピリッと辛い味噌が上に乗せられてアクセントになっている。

 

ツブ貝の炙り。このお店の炙りは、炭の薫りが乗り移っていて抜群に美味い。

 

イクラも一粒ひとつぶつやつやで甘みが強くて実に美味い。

 

そして最後の〆に、この日最高のネタとして供されたのが、ヒラメの「黒縁側」。

黒いエンガワなんて初めてだし、こんなに肉厚でコリッと歯ごたえがあるエンガワも初めて。

むちゃくちゃ美味い!

いやあ参った!

まとめ

この日はランチタイムも夜も完全に満席とのこと。

中途半端な時間だからこそ予約が取れた。

大将はランチから夜まで出突っ張り、もちろん仕込みもするので大変だ。

「5年前に還暦を過ぎた」と控えめな笑顔で言う大将の人柄もいいなー。

食べて飲んで9,000円ほど。

もちろん毎日行ける金額ではないが、旅のハレの日の食事としては最高だった。

いいお店を教えてもらった。感謝。

素敵な札幌のお寿司屋さん。

是非行ってみてください。

オススメ!

更新履歴

2014年6月28日 コンテンツを公開しました。

2018年11月22日 過去の訪問をすべて合体し、2018年11月訪問記を追記してリニューアルしました。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

自分の「好き」「得意」をセミナー・講座にして登壇したい人のための1day講座開催(東京、平日・休日)

自分の「好き」「強み」をネットで発信するだけでなく、セミナー・講座にしてブログとSNSで集客しよう!! 休日コース11/18、平日コース11/29開催。

講座の作り方セミナーについて詳しくはこちら

「複業」時代のひとりビジネス構築法をすべて伝えます!!

ネット時代の「一人ビジネスの構築方法、育て方、そして多角化までをぎっしり詰め込んだ1day講座開催! ブロガーとして独立してから7冊の本を出版し、講座・セミナーを多数企画・開催、心理カウンセラー、ブランディングコンサルタントとしても活動する「スラッシャー」立花が直接指導。 12/9に休日コース、12/20に平日コース開催。

一人ビジネス構築セミナーについて詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします