すし善 本店 訪問レポート 〜 札幌が誇る名店!お任せコースが美味いけどコスパは残念 [札幌グルメ]

広告


札幌の円山公園の近くにある「すし善 本店」というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。

すし善 本店は2018年に店舗を建て替えて従来の隣の敷地のビルの中に入った。

僕は旧店舗で2回、そして今回が新店舗で2回の訪問となる。

札幌寿司店の中でも有数の老舗である。

さっそく紹介しよう。

すし善 本店 基本情報

すし善 本店 お店の外観

▲ やってきました、すし善本店

円山公園駅から徒歩3分ほど。

 

▲ 独特の凛とした佇まいである。

 

▲ 年輪を感じさせる看板。

すし善 本店 店内の様子

▲ 白木の一枚板の長いカウンター。

旧店舗と雰囲気が変わらない仕上がりはなかなか素晴らしいと思う。

 

▲ これから始まるひと時が楽しみになるテーブルセット。

 

▲ おしぼりにも大きく「善」の文字。

すし善 本店 お店情報

店名 すし善 本店
住所 北海道札幌市中央区北一条西27-2-7
電話番号 011-612-0068
定休日 月曜日
営業時間 11:00~15:00

17:00~22:00

予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 62席
駐車場 あり(4台)
開店日 2018年7月18日
ウェブサイト 公式サイト

食べログ

すし善本店 地図とアクセス

札幌市営地下鉄東西線 円山公園駅 1番出口 徒歩3分

最新!すし善 本店 4回目の訪問レポート 2019年10月

利用日と利用シーン

2019年10月26日(土)の夜18時に1名で利用。

一ヶ月前に電話で予約を入れていた。

前回はメニューが出たが今回は料理のメニューは出なかった

ここで一つ今後すし善を訪れたい人に要注意な情報を。

僕はいままで昼に1回、夜に3回すし善本店に来ているが、お料理のメニューが出るときと出ないときがある。

具体的に言うと、前回3回目の訪問のときだけメニューが出されたので、その中からコースを選んだ。

それ以外のときは「つまみから一通りお任せで」と伝える形である。

僕はいつも職人さんのお任せが好きでそうしたいわけなのだが、お任せが結構高額になる。

東京の一流のお寿司屋さんよりも高額になってしまうのだ。

具体的な価格はこの記事の一番下に載せています。

なので、ある程度の金額で収めたい人は、料理のメニューを出してもらい、メニューに載っているコースを注文した方が良いだろう。

ただし、メニューに載っているコースは「寿司」というよりは「寿司懐石」的なノリだった(前回3回目の訪問レポート参照)になるので、その点も要注意。

当日の様子

▲ まずはビールで一人乾杯。

普段ビールはほとんど飲まないが、北海道に来ている間は毎日飲んだ。

北海道の風土にはビールが合うよね。

 

▲ 北海道日本海側の天然のヒラメ。

ほのかな甘味が素晴らしい。

 

▲ 釧路と根室の間、浜中というところのエゾバフンウニ。

この時期は養殖だそう。

 

▲ 揚げぎんなん。

揚げると苦味とえぐみが軽くなるような気がする。

僕は苦くてえぐくても良いのだが。

 

▲ 大間の本マグロ。中トロといったところだろうか。

お肉みたいな脂の入り方だね。

 

▲ 白子ポン酢。

北海道では鱈の白子を「たち」と呼ぶので、これは「たちぽん」と呼ばれる。

比較的あっさりした白子で、白子に関してはこの日の朝に行った「鮨の魚政」の方が上だな。

 

▲ 冷酒をお任せで。

まずは国稀とタイアップしている、すし善オリジナル冷酒から。

すっきりしてスターターにちょうど良い。

 

▲ シャコ。

シャコの旬は春と秋に2回あるそうで、この時期(10月下旬)は秋の旬とのこと。

茹でてあるのだが、ふわっとレア感が残り、甘味がグッと出てこれは美味い!!

 

▲ 水ダコ。

手前はワサビではなく柚子胡椒。

甘い水ダコと柚子胡椒の相性が意外にも良くて驚いた。

 

▲ カラスミ。

古典的な大根とともに供されるスタイル。

堅めの仕上がり。

 

▲ 毛蟹。

味噌とともに。

ここで職人さんから「もうちょっとつまみますか?握りますか?」と聞かれたので、「もうちょっとだけつまみで」とお願い。

 

▲ スルメイカの耳。かつお節と山ワサビとともに。

これはピンとが手前のかつお節に合っている。

 

▲ スルメイカにピントを合わせた写真。

これがなかなか良いつまみで、ツンと辛い山ワサビがいい仕事をしている。

 

そしてもう一品、何かと思ったらクジラのベーコン。

ネギとともにニンニク醤油で和えてある。

これも完全に酒のアテだね。

 

▲ ということでお酒も進む。

国稀のにごり。国稀は北海道では有名な地酒だけど、にごりは初めて飲んだ。

強すぎず料理の邪魔をしない、まろやかで爽やかな濁り。

 

▲ ここから握りに移行。

まずはヒラメの昆布締め。

最初に出てきたヒラメが昆布締めになると、ねっとりした力強さが出てくる。

 

▲ つぶ貝。

歯ごたえ抜群。

 

▲ そして新イクラ。

大粒でツヤツヤ。

 

▲ じわーと旨味がやってくる。

 

▲ 三陸産の生のアワビ。すごい歯ごたえでゴリゴリなんだけど、僕はこれの良さがあまり分からない。

アワビは低温で茹でて、フワフワにしてもらったのが好きだなぁ。

 

▲ ボタン海老はたっぷりの卵とともに。

力強い甘さが良い。

 

▲ 北寄貝の炙り。

北寄貝も東京ではたまにしか見ないが北海道では実に良く出るネタ。

甘味が強くて素敵。

 

▲ 浜中のエゾバフンウニが2回目の登場。

ヒラメも2回、ウニも2回出ていて、意外とバリエーションが少ないんだなと思った。

 

▲ 真鯵。

 

▲ お味噌汁でホッとする。

 

▲ トロたく巻き。

トロたく巻きはここすし善が発祥とのこと。

 

▲ そして穴子と玉子で一通り。

いやー満足した。

スタッフの対応

いつもながら丁寧に対応いただき感謝。

お会計

▲ さて、問題はお会計。

46,403円(税込)である。

正直いって、これは内容に対して高いと思う。

東京の鮓村瀬鮨きのしたの1.5倍以上であり、同じ札幌のミシュラン一つ星の鮨処有馬の2倍以上。小樽の伊勢鮨の3倍以上、東京の鮨空海の4.5倍である。

1回目がランチで2万円ちょっと、2回目が夜の初訪問で、このときがやはり46,000円くらいだった。

高いなーと思ったが、前々回は松茸の土瓶蒸しなどを職人さんから「いかが?」と誘われ追加注文していたせいかと思った。

そして前回はメニューに載っている27,000円コースにしたため、33,000円と、まあ札幌としては高いけど上限ギリギリくらいに収まっていた。

なので今回来てみたわけだが、今回のお食事のラインナップで札幌で46,000円は正直辛い。

もちろん料理もお酒も美味しいし、職人さんも丁寧に対応してくださるのだが、食事の価値との比較となると、ちょっと残念な感じ。

この日のまとめ

46,400円というお値段がなければ素晴らしいと思うわけだが、やはりコスパを考慮すると考えてしまう。

ミシュラン二つ星の鮨一幸でも33,000円、同じくミシュラン二つ星のすし宮川で23,000円だからなぁ。

ちょっと桁違いという感じ。

お料理もケタ違いなら納得なんだけど、お料理は札幌の一流店としては普通のレベルで、感動するほどではない。

総合点という意味では、どうしても厳しくならざるを得ないかなぁ。

でも、食事としては素晴らしいレベルであることは間違いないので、しばらく間隔をあけて、またお邪魔すると思います!

しかし高いなー(魂の叫び)。

過去3回のすし善 本店の訪問レポートは、この下のオススメ店リンクのさらに下にあります。併せてどうぞ!!

札幌寿司情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

すし善 本店 3回目の訪問レポート 2018年11月

札幌の円山公園の近くにある「すし善 本店」に行ってきたのでご紹介しよう。

すし善 本店は、2014年に独立後初めて札幌を旅してときに訪問して気に入り、その後もう一度利用した。

前回、2018年6月に札幌を訪れる際に利用しようと電話したところ、本店の建て替えのため休業中で、予約ができなかった。

今回は新装開店となった新店舗への初訪問となった。

約2年半ぶりの再訪、楽しみにしていた。

さっそく紹介しよう。

すし善 本店 訪問レポート 〜 札幌が誇る名店!建て替えで新しくなった新店舗のお任せコースも伝統は変わらず!! [札幌グルメ]

お店の外観

▲ やってきました、新装オープンの、すし善 本店。

旧店舗の右隣に移動して、ビルになった。

かつての一軒家の風情はなくなったが、雰囲気はかなり近い形で残っている。

 

▲ 看板の雰囲気も以前と近い。

 

▲ 現代建築になると、どうしてもファミレスっぽさが微妙に出てしまうのは、どうしても残念。

 

▲ 看板はいにしえのまま。

利用日と利用シーン

2018年11月22日(木)の夜に1名、18時から利用。

2日前に電話予約して訪問した。

店内の様子

▲ 初めての新店舗。入口の自動ドアから比較的すぐカウンターに行き当たった。

旧店舗では結構歩いた記憶があるので、ちょっと斬新。

この日頼んだもの

この日お料理は、27,000円(一番高い)のコース「善」をお願いした。

コースは予約時の注文ではなく、当日席に着いてからの注文でOK。

当日の様子

▲ まずはビールで一人乾杯。

札幌クラシックの富良野便テー無地限定バージョン。

苦味が強くてフレッシュな感じ。

 

▲ 先付的なおつまみからコースがスタート。

左は柿の白あえ、そして右はクリームチーズ、海老、そしてホタテ。

 

▲ 素揚げのぎんなんも美味しい。

 

お造りは盛り合わせで賑々しく。

シャコ、真鯛、マグロ、そして奥はツブ貝。

 

▲ フグの煮こごり。手前はナマコの酒粕漬け。

ナマコの酒粕漬け、ふんわりしてナマコの苦味と良く合う。

 

▲ そしてここでフグの唐揚げ登場。

 

▲ 強い身の肉の風味が好きだ。

 

▲ 冬の始まり、白子ポン酢。

じんわり美味い。

 

▲ 半生のカラスミ。

 

▲ そしてここから握りに移行。

 

▲ まずはヒラメの昆布締め。

しっかりとした〆で、ねっとりとした旨味。

 

▲ ボタン海老。

こちらも力強い甘味が身上。

 

▲ 赤貝は小ぶりだけど旨味がしっかり。

 

▲ 晩秋の味、イクラ。

 

▲ ビールのあとは冷酒を。

 

▲ 初回訪問時にもお世話になった職人さん。

 

▲ ウニ。

ねっとりしたパワフルな旨味。

 

▲ マグロの脂が上品で華やぐ。

 

▲ そして穴子。ふんわりとしっとりと。

 

▲ 玉子焼き。

カステラっぽい仕上がり。

 

▲ トロタク巻を細巻きで。

 

▲ お吸い物で〆。

 

▲ ビックリするぐらい大きな立派なはまぐり。

 

▲ デザートは立派なメロンが登場。

 

▲ 懐かしの先割れスプーンだ!!

 

▲ メロンにはブランデーが添えられていた。

試さなかったけど、高級感は凄い。

 

▲ すっかり満足、満喫しました。

スタッフの対応

とても丁寧に対応いただき感謝

お会計

▲ 一人32,313円(税込)

前回より1万円以上安かった。

前回は土瓶蒸しが高かったかな。

というか、前回は握り12貫出てるしカニに松茸の土瓶蒸しと大変な贅沢だったな。

前回の記事は下にあります!

この日のまとめ

今回ちょっと間があいて、ひさしぶりの訪問となった。

新装開店ということで、楽しみにしてきたが、やはり素晴らしかった。

ただ、今回の「善」のコースは、寿司屋というより、割烹的な色彩が強いような気もする。

宴席などには良いかと思うが、個人的には、前回のように、お寿司がどーんと前に出るスタイルの方が好きかも。

握りが8貫だと、ちょっと物足りないな。

ある意味「札幌を代表する会席料理」的スタンスになりつつあるのかもしれない。

もうちょっと攻めて欲しいという気もするが、立場的には仕方がないのかな、というが正直な感想。

もちろん素晴らしい水準ではあるのだが、勢いはあまり感じられず、カウンターにも空席があった。

ぜひこれからも札幌の雄として頑張って欲しい。

2回目の訪問レポート 2016年9月

札幌の円山公園にある「すし善本店」に行ってきたのでご紹介。

この店は2014年に初めて来訪。

そのときはランチ訪問だったが、お店の雰囲気と凛とした味に圧倒された。

今回は初めての夜の訪問。

すごく楽しみにしてきた。

まずは写真を中心にアップして、後日仕上げるスタイルを実践中。

すし善本店 〜 札幌 円山公園の寿司の名店!夜のお任せフルコースに大悶絶だった!! [札幌寿司]

利用日と利用シーン

2016年9月23日の夜に1名で訪問。

事前に予約済み。

当日の様子

1回目の訪問 2014年6月

札幌の円山公園近くにある、「すし善 本店」に行ってきたのでご紹介しよう。

旅の一つ前の記事はこちら

札幌訪問を前に、Facebookで「札幌でおすすめのお寿司屋さん教えて」と書き込んだ。

お友だちからいくつものお店を紹介いただいた。

今回の旅で訪問したお店はほとんどがお友だちからの紹介だったのだが、この「すし善本店」もそう。

「ちょっと値段が高そう」と怯む僕に、「すし善に行かねば寿司は語れないと言われるほどの名店だからいっておいた方がいい」というアドバイスをいただいた。

では、ということで、いろんな意味で覚悟を決めて行ってきた。

日曜日の昼に1人で乗り込んだ。

ただし、ランチコースなどにはせず、職人さんのお任せ一本でいったので、価格は夜と同等にかかった。

さっそく紹介しよう。

札幌 円山 すし善 本店 — 札幌が誇る名店の寿司に舌鼓を打つ!! [2014年6月 札幌・小樽旅行記 その11]

140702-03-01

すすきののホテルから散歩がてら歩いて円山公園までやってきた。

バス停に「すし善前」とあってビビる。そこまで有名なのか。

 

140702-03-02

やってきました、「すし善本店」。ビルではなく一戸建て。雰囲気が凄い。

 

140702-03-03

たたきから入口にかけても風情がある。

 

140702-03-05

暖簾も凛としていてカッコいい。

 

140702-03-06

小学生以下入店禁止とのこと。言いたいことは分かる。

 

140702-03-13

お店にはカウンターが二つあり、入口も別々である。

店員さんに導かれて二つ目の入口から奥へと通される。ひゃーあ、なんか凄い。

カウンターの1番奥の席を用意していただいた。雰囲気はすごく豪華。

女将と思われる和服姿の店員さんの立ち居振る舞いも美しい。

職人さんの人数も多い。皆さん寡黙である。

 

140702-03-09

準備万端整いました。

 

140702-03-07

まずはビールをいただく。

東京ではここまでビールは飲まないのだが、札幌だと、とにかくビールが美味い。

 

140702-03-08

お通し。ウニ玉子豆腐。

周囲にはグリーンピース。淡くウニの香り。

これからスタートする食事への期待が高まる。

 

140702-03-10

お任せでツマミと握りをとお願いしてスタート。

最初に登場したのは、「松皮」。北海道産のカレイである。

これがもう、完全にノックアウト。めちゃくちゃ美味い。

天草の真鯛を思わせるようなコリッとした歯ごたえと、甘味を含む豊かな奥行き。

この時点で完全に降参である。

いやあ、こんなに美味しいカレイは初めてだ。

日もちしないので、東京などでは出回っていないとのこと。

 

140702-03-11

煮ダコには柚子胡椒を添えて。

タコに柚子胡椒って珍しいと思ったが、ちょっと甘めの煮ダコに柚子胡椒の風味がとてもよくマッチする。

 

140702-03-12

これもビックリの美味しさだった。

トウモロコシのかき揚げ。

上品で甘くて粒が立っていて、最高。

札幌のトウモロコシは、そろそろ生の新鮮なものが出回る時期とのこと。

 

140702-03-14

続いてツブ貝。

ごろっと厚めに切ってもらったので、歯ごたえが際立つ。

そして磯の香りそのもの、という滋味が追い掛けてくる。

ビールのあとはお店オリジナルの日本酒「雪の華」純米酒を冷でいただく。

竹の筒、竹のお猪口。写真を撮り忘れてた。残念。

 

140702-03-15

続いてボタン海老。

生きていた海老を職人さんが目の前で捌いてくれる。

甘くてねっとりした風味が堪らない。

 

140702-03-16

じゅんさい。するすると入る。爽やか。

 

140702-03-17

北海シマエビ。

札幌のお寿司屋さんでは、茹でた海老は、この北海シマエビしか使わないとのこと。

道東の、根室やサロマ湖などで獲れるそうだ。

身がかなり締まってちょっと固め。スダチと良く合う。

 

140702-03-18

先ほどのボタン海老の頭を炙ってもらったもの。

思った以上に甘味が強く旨い。

 

140702-03-19

沖漬け。思ったよりもあっさりしている。

 

140702-03-20

ここで握りに移行。

最初に登場したのは「チップ」。「え?」と聞き返してしまった。

チップというのは、鮭科の淡水魚とのこと。

Wikipediaには「ヒメマス」とは違う魚と書いてある。

確かに金寿司で食べたヒメマスとは見た目が違う。

鮭よりもずっと繊細で柔らかい。

昔1度だけ鮭児を握りで食べたことがあるが、それに近い食感。

 

140702-03-21

続いてはイクラ。見事な大きさである。冬場にはスジコを食べてみたい。

 

140702-03-22

続いてはコハダ。

昆布が乗っている。〆は穏やかに強くなく。

ちなみにすし善本店のシャリは固めで酢はやはり穏やか。

口の中でホロリとほぐれる感じは見事。

 

140702-03-23

こちらはソイ。北海道産。今回の旅では何度もお目にかかったお馴染さん。

さっぱりして爽やかな味わい。夏らしい。

 

140702-03-25

続いてはスルメイカ。スルメイカも良く登場した旬のネタ。

ショウガが上に乗っている。

コリコリとして淡い味わいは、夏のイカという風情。

 

140702-03-27

ほっき貝。ビックリするくらい肉厚で、そして柔らかい。じわりと味わいが広がり実に旨い。

東京ではそれほど出てくるネタではないが、すっかりファンになってしまった。

 

140702-03-28

そして登場。エゾバフンウニ。

塩でいただく。ムラサキウニより強く、ねっとりとした甘さと磯の風味に包まれる。

シャリすらもいらないくらいの力強い味わいだ。

 

140702-03-29

最後は玉子。カステラのように焼き目がついてふわっとした玉子。

今回の旅ではここでしか玉子を食べるチャンスがなかった。

 

140702-03-30

最後に追加で赤身の鉄火巻きをお願いする。

マグロの赤身の滋味が際立つ。

 

140702-03-26

岩のりのお味噌汁。

びっくりするくらいたくさんの岩のりが入っていた。

お味噌汁というよりは、みそ味の岩のりを食べている感じ。

これもとっても素敵。

 

140702-03-24

最後にお茶をいただきフィニッシュ。

12時に入店して店を出たのは14時ちょっと前。

まさにフルコース。心から堪能した。

お会計は2万円ちょっと。覚悟していたが、やはり結構な額になる。

まとめ

豪華な内装、白木の凛としたカウンター、そして丁寧に仕事をされる職人の方達。

そして地元の魚を最大限使って楽しませてくれる、素晴らしい一時だった。

ここまで気合いが入った寿司屋には、いままで札幌では入ったことがなかった。

良い経験だったし、味にも非常に満足した。

でも、毎回このクラスのお店に行くかと問われたら、ちょっと疑問、と答えるかもしれない。

海の幸がふんだんに獲れる北海道ならば、ここまでの高級店に行かなくても、寿司はもっとリーズナブルに楽しめるのでないか?とも思った。

まだ比較対象がないが、間違いなく札幌トップクラスの素晴らしいお寿司屋さんなのだろう。

今後、さらに精進して札幌すし道を極めたい。

ご馳走さまでした。

旅の続きの記事はこちら!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします