蓮華王院 三十三間堂 — 京都に来たら必ず訪れたい 1001体の観音像が並ぶ圧倒的世界観!今回もやはり凄かった!! [2015年晩秋旅行記 その38]

広告

京都の寺社仏閣のなかでも、もっとも華美にして圧倒的世界観を持つ、蓮華王院 三十三間堂に行ってきた。

2015年晩秋旅行記、京都2日目の朝。

旅の一つ前の記事はこちら!

2015年晩秋 旅行記 目次はこちら!

京都2日目は寺社仏閣巡りの1日。

過去に京都の寺社仏閣は結構巡っているのだが、ほとんどブログを始める前の時期で、全然ブログに書いていない。

改めてブログに書きたいと思い、まずは王道、三十三間堂へと向かった。

さっそく紹介しよう。

蓮華王院 三十三間堂 — 京都に来たら必ず訪れたい 1001体の観音像が並ぶ圧倒的世界観!今回もやはり凄かった!! [2015年晩秋旅行記 その38]

160215-04 - 1

やってきました三十三間堂。

場所は新幹線京都駅から近く、七条の鴨川東側。

 

160215-04 - 2

▲ 三十三間堂というのは、もともとは後白河上皇が建立した離宮の一部。

なので独立したお寺というわけではない。

 

160215-04 - 3

▲ 毎回思うのだが、この表側の入口周辺は,まったく風情がなく、ここが本当に凄い場所というイメージが湧かない。

観光地化しすぎである。

 

0910-33

▲ 三十三間堂の内部は撮影禁止のため、こちらの記事にアップされている写真を流用させていただいた。

1,001体の観音像。とにかく圧巻である。

しかも、建立後火災でほとんどが消失していて、それを再建しているのである。

なんという執念だろう。

 

▲ 上の写真はこちらの記事からお借りして使わせていただいた。

高野山から降りてきたあとだと、高野山の仏像と較べて、三十三間堂の仏像は、とても穏やかで平和な顔をしていると感じる。

とにかく圧倒的。歩けど歩けど、ひたすら千手観音である。

これは本当に凄い。
160215-04 - 4

▲ 表側と打って変わって、裏側は静けさに包まれ、なんとも言えない風情だ。

ここで通し矢などが行われる。

 

まとめ

 

落成当初は極彩色に彩られていたという三十三間堂。

まさに地上に極楽浄土を作りたかったのだろうか。

空海により質実剛健に造られた高野山の仏像たちとは違い、権力者による圧倒的パワーを感じる仏像たちも、また美しい。

京都に来たら訪れたい名所であることは間違いない。

オススメです。

旅の続きの記事はこちら!

ただいま準備中♪

2015年晩秋 旅行記 目次はこちら!

三十三間堂 公式サイト

京都をもっと知りたい人が読む本

京都情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします