平安神宮 〜 京都・平安京 1,200年の歴史を味わう!朝早く参拝したら境内に誰もいなくて神様を独占!! [京都神社]

広告

京都市の「平安神宮」に参拝してききたのでご紹介。

京都には過去何度も来ているが、この平安神宮にはまだ一度も参拝したことがなかった。

今回宿泊していた蹴上のウェスティン都ホテル京都から、平安神宮まで歩いて15分強と知り、当日の朝行ってみることにした。

ゴールデンウィーク直後の平日の朝だったせいか、平安神宮に到着したら、なんと境内に誰もおらず、参拝も一人きり。

まさに御祭神の桓武天皇と孝明天皇を独占してお祈りさせていただくことになった。

なんというご利益。

さっそく紹介しよう。

平安神宮 〜 京都・平安京 1,200年の歴史を味わう!朝早く参拝したら境内に誰もいなくて神様を独占!! [京都神社]

参拝日と参拝シーン

2019年5月8日(水)の朝8時過ぎに一人で参拝。

当日の様子

▲ 大鳥居から応天門を臨む。

平安神宮は新しい神社で、明治28年、西暦1895年に、平安京遷都1,100年を記念して創建されたそう。

 

▲ 当日は雲一つない見事な快晴。

 

▲ 平安神宮が創建された当時は、京都の町は都の地位を失い荒廃していたとのこと。

その復興を祈念して、平安京を再現して創られたのが平安神宮ということ。

 

▲ 応天門はすごい迫力だが、圧力のようなものは一切感じずと、とても穏やかで女性的。

 

▲ 応天門をくぐり、境内に入って息を飲んだ。

人が誰もいないのである。

本当にまったくの無人。

こんな景色誰が予想しただろうか。

 

▲ 太極殿(拝殿)。

本当に誰もいない。

ゴールデンウィーク直後の平日の朝という条件が重なったおかげで、神様を一人で独占。

参拝をして、御札をいただいてきた。

いやあ、それにして凄い体験だった。

平安神宮情報(公式サイト)

京都神社情報はこちらにも!もう1記事いかがですか?

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします