不安に押し潰されそうな真夜中のあなたを救う11の言葉

広告

11. 苦しみながら動いた人だけが出口にたどり着ける

真っ暗なトンネルの中に放り出されたような無力感と恐怖。

どうしていいか分からない。どこへ向かうべきかも分からない。

そんな時、人は3種類の行動を取る。

じっと助けを待って立ち止まっている人、パニックになってその場で倒れてしまう人、そして、なんとかして外に出ようと動き回る人。

外に出られるのは、もちろん「何とかして外に出ようと動き回る人」だけだ。

途中で壁や段差でケガをするかもしれない。無駄な動きをして時間をロスするかもしれない。

でも、僕たちは、動き回ることで、出口はどこか、五感を研ぎ澄ませ、わずかな光、わずかな風の匂いを感じながら、徐々にトンネルの構造を理解していくことができる。

人生も同じだ。

自分の理想とする人生を手に入れようと、とにかく苦しんで動いた人だけが、いつか「出口」、つまり本来の自分を手に入れることができる。

「目標に向かって努力しているけれど、ちっとも結果が出ない」と嘆く人もいるだろう。

だが、「努力と結果の間には時間差がある」ことを忘れてはいけない。

努力と結果の間の時間差が大きいほど、最終的に出てくる結果は大きくなるのだ。

そして、努力していること、それこそがすでに立派な結果なのだ。

まとめ

僕たちは「いま生きているという圧倒的事実」を、つい忘れてしまいがちだ。

不安に押し潰されそうなとき、自分が真っ暗なトンネルに置き去りにされたように感じる時、是非このことを思い出して欲しい。

自分が幸福だと決めているのは自分だ。

自分が不幸だと決めているのも自分だ。

自分自身を独立した「個」としてデザインし直すことで、僕たちは不安に打ち勝ち、自由で幸せな日々を手に入れることができる。

僕たちの人生は一度だけ。No Second Lifeなのだ。

だからこそ、一日いちにちを、しっかり噛み締めながら生きたい。

いまココに存在していることにすべての意識を集中させよう。

すでに起こってしまったことは変えられない。

まだ起こっていない未来のことは誰にも分からない。

過去の失敗の後悔や無念と、未来に起こるかもしれないことに対する不安や恐れを合体させるのをやめよう。

いま、僕たちは生きている。

その圧倒的事実を噛みしめよう。

おすすめ記事はこちらにも!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら