鮨 KAIDO(海堂)六本木 訪問レポート 〜 2018年12月オープンの美しい洞窟のような寿司店のお任せフルコースが素晴らしい!! [六本木グルメ]

広告

六本木の国立新美術館の隣のビルに新規オープンした寿司店「鮨KAIDO(海堂)六本木」に行ってきたのでご紹介。

鮨KAIDO(海堂)六本木は、何度か行ったことがある麻布十番の寿司と和食のお店「いいと」の元大将が料理長を勤めるお寿司屋さん。

経営は「いいと」と同じ会社とのこと。

大将からご案内のハガキをいただいたので、さっそく行ってきた。

素敵な内装と素晴らしいコース構成だった。

さっそく紹介しよう。

鮨 KAIDO(海堂)六本木 訪問レポート 〜 2018年12月オープンの美しい洞窟のような寿司店のお任せフルコースが素晴らしい!! [六本木グルメ]

お店の外観

▲ やってきました、鮨KAIDO(海堂)六本木。

純白の暖簾が凛々しい。

 

▲ 暖簾の中央にロゴマーク。

 

▲ ずらっとお祝いのお花が並んで初々しい。

ちなみにこのビルは、豚組しゃぶ庵と同じ建物。

お店情報

店名 鮨KAIDO(海堂)六本木
住所 東京都港区六本木7-5-11 カサグランデミワ 1F
電話番号 03-5775-7115
定休日 日曜祝日
営業時間 17:30~23:30
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 17席
駐車場 なし
開店日 2018年12月12日
ウェブサイト 公式サイト

食べログ

地図とアクセス

地下鉄六本木駅、乃木坂駅よりそれぞれ徒歩5分

最新訪問レポート!2018年12月

店内の雰囲気

▲ 店内は白を基調として、ちょっと洞穴みたいな不思議な空間に仕上がっている。

意図的に天井を低くしているのだが、それか不思議と落ち着いた空間を演出している。

 

▲ お任せコースに、アルコール・ペアリングをセットしてもらうことにした。

この日のナンバーワン!これが美味かった!!

▲ お任せコース、どれも美味しかったが、凄かったのがこれ。

白トリュフと白子のリゾット!!

 

▲ 白トリュフの薫りがぶわーっと立ち上り、白子のねっとりした旨味と渾然となって堪らない。

そして米の固さも完璧で、この逸品だけ食べたらイタリアンの名店に来たかのよう。

いやーこれは美味かった!!

当日の様子

▲ アルコールペアリング、一杯目はシャンパンで。

すっきり辛口、端麗なシャンパン。

 

▲ こちらはこの日ご一緒したお友達が注文したノンアルコールの「モクテル」。

すごいビジュアルでビックリ!!

 

▲ ワカメは土佐酢でいただきます。

これ食べ放題。

ワカメがしっかりしていてすごく美味しいので、どんどん食べてしまう。

水溶性食物繊維がどっさりで抜群に美味い。

 

▲ はまぐりとしじみのお吸い物。

 

▲ さあコースが始まります。

ワクワクするなぁ♪

 

▲ まずは北海道のツブ貝。

黒コショウが振ってあるのだが、これが良く合う!

ツブ貝の甘味が引き出されて素敵。

 

▲ 富山は氷見からやってきた寒ブリ!

上には揚げたエシャレット。

ブリの華やかな脂とエシャレット、ポン酢の組み合わせが素晴らしい。

 

▲ そしてこれも抜群に美味かった!

北海道は噴火湾からやってきたあん肝。

北海道のあん肝を食べてしまうと、普通のあん肝は食べられなくなるねぇ。

 

▲ 続いてのお酒はこちら。和歌山の紀土 あがらの生原酒。

さわやかで華やか。

まさにお寿司にぴったり。

 

▲ 鹿児島のスミイカ。

シャリに砂糖を使っていないので、スッキリしていてすごく良い。

コリッとした食感とともに、口に含むとパリパリと音が鳴る。

塩釜神社の塩を振っているそうで、塩辛すぎない旨味が広がり、すだちの酸味と相まって素晴らしい!

 

▲ カワハギは肝と一緒に。

これまた素晴らしい。

 

▲ コハダはゆずとともに。

しっとりとしっかりとした〆。

 

▲ ここで甲州の白ワイン。

 

▲ 続いては、このわたの茶わん蒸し。

 

▲ このわたの複雑な旨味がしっかり出ていて素敵。

 

▲ 先ほどのスミイカのゲソ。

 

▲ ガリではなくお新香が登場。

こちらも食べ終わるとお代わりが出てきた。

 

▲ 上海蟹 酔っ払い 日本酒漬け。

つるっといただくと旨味がいっぱい。

 

▲ カニ味噌。

 

▲ 続いてのお酒は三重県の「作 雅乃智」。

 

▲ 香箱ガニのコロッケ!

 

▲ カニの実と外子と内子がぎっしり詰まっている!!

 

▲ そしてこのイワシも凄かった!

脂の旨味、煮切り、シャリのバランスが昇天クラス!!

このお店はシャリが白酢と赤酢の2種類用意されているのだが、白酢のシャリは、このイワシとのペアリングが一番だった気がする。

 

▲ ここで白ワインはマコン。

 

▲ 迷いガツオ。爽やかだけど旨味もしっかり。

 

▲ そしてビックリメニュー。

スッポンのラーメン!!

これはすごい変化球。

 

▲ 一瞬ビックリしたが、コースの邪魔をせず、ほんの一口で、スープの旨味がしっかりしていて美味かった。

 

▲ シャリが赤酢に変わり、まずは〆サバ。

滋味たっぷりで優しい〆。

 

▲ マグロの漬け。

 

▲ ノドグロ。

これが脂ギトギトではなく、爽やかで華やかなノドグロ。

これは素敵。

 

▲ 堂々たるエゾバフンウニ。

ノリとウニとシャリと煮切りのバランスがビシッと決まっていた。

赤酢のシャリはこのウニが一番のバランスだっだかも。

 

▲ ここで赤ワイン登場。

寿司で赤ワインはバランスが難しいが、これもピッタリ。

ほのかな甘味がシャリを引き立てて邪魔しなかった。

 

▲ 車エビはシャリの温度高めで。

 

▲ そして冒頭で紹介した白トリュフと白子のリゾット!!

 

▲ いやあ、至福。

 

▲ そして穴子でコースがフィニッシュ。

ぱりっとした穴子にツメが良く合う。

 

▲ お味噌汁をいただく。

 

▲ 僕はちょっと食べたかったので、かんぴょう巻きを追加してフィニッシュ。

いやあ、大満足。

記念撮影

▲ この日はシンガポールから一時帰国中の青木ゆかちゃんを迎撃でした。

大将の荻根沢さんも交えて記念撮影!

ゆかちゃん、大将、楽しく美味しい時間をありがとうございました!!

スタッフの対応

素晴らしく丁寧にご対応いただき感謝です。

お会計

41,904円(税込・2名分)

この日のまとめ

新規オープンから10日というタイミングでお邪魔したが、素晴らしい世界観で良い意味でビックリした。

ぜひ季節ごとに通わせていただきたいと思った。

どんどん素晴らしいお店に育ってもらえるのではないかと期待。

素敵なお店、オススメです!!

更新履歴

2018年12月22日 コンテンツを公開しました。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします