カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)訪問レポート 〜 麻布十番のカジュアルフレンチ!スタイリッシュな雰囲気の中ワインも料理も素晴らしい!!

広告


麻布十番にある「カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)」というカジュアルなフランス料理店に行ってきたのでご紹介します。

こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。

当ブログでは、僕自身、そして読者の皆さんが人生をより自由に、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしています。

「より楽しい人生」の一つが美味しいものを楽しく仲間と食べ、飲むことだと思っています。

そこで僕が実際に訪問したお店を紹介する記事をたくさん書いています。

どれもオススメのお店ばかりです。

この日は僕が長く住んでいた麻布十番にある「カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)」というフレンチに行ってきました。

お気に入りはコの字型のカウンター席。

スタイリッシュながらもカジュアルで堅苦しくないので、ゆったりと親密な雰囲気で食事を楽しめます。

さっそくご紹介しましょう。

カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)基本情報

カラペティ・バトゥバ お店の外観

▲ ビル1Fの立て看板。ランチタイム用。

2021年4月からの緊急事態宣言中も、酒類提供を続けてくれているありがたいお店。

 

▲ お店は駅の出口正面、ユニマットビルの4Fにある。

スッキリした看板だけど、これ読める人は日本にどれぐらいいるのだろうか?(笑)

カラペティ・バトゥバ 店内の様子

▲ 店内はこのコの字型のカウンター席とテーブル席、それに個室から成る。

明るく開放的なカウンター席が一番好きだ。

カラペティ・バトゥバ お店情報

店名 カラペティ・バトゥバ (QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)
住所 東京都港区麻布十番1-9-2 ユニマット麻布十番ビル 4F
電話番号 03-3588-0333
定休日 日曜日(第3日曜日営業 翌日月曜日休み) 月曜不定休
営業時間 17:30 – 24:00 (ラストオーダー) 25:00CLOSE
予約の可否・必須かどうか 予約可
クレジットカード カード可
席数 38席
駐車場 なし
開店日 2009年9月8日
ウェブサイト 公式サイト

食べログ

カラペティ・バトゥバ 地図とアクセス

麻布十番大江戸線7番出口より徒歩30秒

最新!カラペティ・バトゥバ 4回目の訪問レポート! 2021年5月

利用日と利用シーン

2021年5月26日(水)のランチタイムに2名で利用。

一週間ほど前にWeb予約をしていた。

当日の様子

▲ まずはロゼのスパークリングで乾杯。

めちゃくちゃナミナミである。

 

▲ こちら、ブルゴーニュのロゼ・スパークリングだ。

まったく甘くなく、深みがあって素敵なロゼだった。

 

▲ この日はお料理は5,000円のランチコースにした。

まずはアミューズは、クリームチーズのシュー。

ディナーはアラカルト推しだがランチはコース推しのようだ。

 

▲ バケットも美味しかった。

 

▲ 前菜はマグロのスモークとクスクス。

彩りが美しい。

そして味わいも爽やかで初夏という感じ。

 

▲ 続いては白ワインを。

僕はシャルドネをいただいた。

ふくよかで深みのあるナパ・バレーのシャルドネ。

 

▲ スープは春キャベツのポタージュ。

さっぱりしていてこちらも爽やか。

 

▲ 続いてのワインは赤。ピノノワール。

これも華やかで美味しい。

僕は普段あまりピノを頼まないのだが、ここのピノはフルーティーながらもしっかりしていて素敵。

 

▲ お魚はヒラメのポワレ。

どっしりしたクリームソースと良く合う。

 

▲ そしてお肉料理の前にカベルネ・ソーヴィニヨンを。

しっかりどっしり。美味しい。

 

▲ メインは牛ほほ肉のワイン煮込み。

スティックブロッコリーの存在感が何ともいえず良い。

 

▲ デザートはプリン。

すっかりおなかがいっぱいになった。

 

▲ コーヒーはお代わりも勧めてもらった。

 

▲ プチ・フールで終了。

いやあ満足だ。

スタッフの対応

皆さんに良くしていただき感謝です。

お会計

二人で21,000円(税込み)。

この日のまとめ

約2年ぶりの訪問で、初のランチ利用だったが、夜にも劣らぬ素晴らしいお料理とワインだった。

落ち着いた雰囲気で、コロナ前より座席の間隔を空けてくれているのでゆったりして快適。

ワインを提供してくれているのも嬉しい。

末長く繁昌して欲しい良店だ。

カラペティ・バトゥバ、過去3回の訪問レポートはこの下のオススメ店リンクのさらに下にあります。

併せてどうぞ!

麻布グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

最新!3回目の訪問レポート 2019年4月

利用日と利用シーン

2019年3月9日 夜に4名で利用。

一週間ほど前に電話予約をしていた。

当日の様子

▲ お店は駅の出口正面、ユニマットビルの4Fにある。

スッキリした看板だけど、これ読める人は日本にどれぐらいいるのだろうか?(笑)

まずは写真のみアップしますので雰囲気をお楽しみください。

 

過去の訪問レポートはこの下にあります!併せてどうぞ!!

2回目の訪問レポート 2019年3月

カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)訪問レポート 〜 麻布十番のカジュアルフレンチはカウンター席がいい!スタイリッシュだけど親密な空間も料理も素晴らしい!! [麻布グルメ]

利用日と利用シーン

2019年3月15日(金)の夜に2名で利用。

一週間ほど前に電話予約した。

店内の様子

▲ コの字型の大きなカウンターがお店の真ん中に位置する。

これがなかなかの良い雰囲気。

 

▲ 特大のピッチャー型の花瓶に入ったお花も素敵。

これはユリだろうか?

当日の様子

▲ まずはグラスのシャンパンで乾杯。

スタッフさんがすごい勢いで注いでくれて、あれー?と思っていると、なみなみに(笑)。

フレンチでここまでやってくれるお店ってなかなかないよね。

 

▲ メニューの写真を撮らなかったが、この日は8,640円のオススメコースを注文。

コースは3種類で、店員さんは何となくだがアラカルト推しだったが、いろいろちょっとずつ試したいのでコースにした。

こちらはアミューズ代わりの新玉ねぎのスープ。

こくがあってじんわり甘味が出て、素晴らしい風味。

 

▲ 前菜。こちらはコースのサクラマスのマリネ。

川魚だけど全然臭みなく、固めの半熟卵やキャロットラぺと良く合った。

 

▲ こちらのお店はグラスワインがすごく豊富なのも嬉しい。

店員さんとやり取りしつつ、オススメの白ワインを。

シャルドネとのことだったが、あまりシャルドネらしさは感じなかったな。

 

▲ そしてこちらはご一緒した方がマスが苦手とのことで替わりに出てきたずわい蟹とウニの前菜。

これめっちゃ美味しそう。

 

▲ お料理が出てくるペースが非常にゆっくりで、どうしても会話が進み、ワインも進んでしまう(笑)。

グルナッシュ中心の濃い目の赤。

 

▲ フォアグラのソテー。

ふわふわに仕上がっていて非常にコンディションが良かった。

 

▲ お待たせしてるお詫びにと、店員さんがフォアグラに合わせてアルザスの白をご馳走してくれた。

ありがたいけど、ますますお酒が進んでしまう。

 

▲ 続いてカベルネ・ソーヴィニヨン。

 

▲ ヒラメのポワレ。

皮目が「これでもか!」というくらいカリカリに仕上げてあって素敵。

フルーティーなソースとも素晴らしいハーモニー。

 

▲ お肉料理に備えて赤をもう一杯。

 

▲ 牛フィレのロースト。

外がかりっと仕上がり中はレアで素敵。

 

▲ デセール。

こちらは僕が頼んだはっさくのデザート。

 

▲ こちらはご一緒した方のプリンと抹茶のアイス。

スタッフの対応

とても親切にしていただいたのだが、スタートから終了まで3時間ちょっとかかったのが、ちょっと間延び感があったのは否めない。

二人ともお酒が強く話しも盛り上がっていたので、それほど気にならなかったが、ホールの方も何回か呼ばないと来られなかったりと、ちょっとオペレーションが回っていない感じ。

お料理もワインも素晴らしいので、この点が改善されたら完璧だね。

お会計

二人で29,330円(税込)

今回のまとめ

約1年半ぶり、2回目の訪問だったが、今回も素晴らしかった。

お料理もワインも、スタッフの方の対応もカジュアルだけど親密で、優しい。

お料理のペースがもうちょっと早くなったら本当に嬉しいけど、ゆったり話しができて盛り上がったのでヨシとしよう。

カラペティ・バトゥバ、オススメです。

1回目の訪問レポート! 2017年9月

麻布十番にある「カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)」というフランス料理店に行ってきたのでご紹介。

麻布十番は六本木からすぐの場所だが、お店の質は六本木と大分違う。

六本木は若者向けの騒げるチェーン店や踊れる店、または超高級店に偏っている傾向があり、正直あまり気軽に行きたいお店がない。

いっぽう麻布十番は、小さいながらもキラリと光る良店がとても多く、雰囲気も良く味も素晴らしく、しかもお値段もリーズナブルだったりする。

今回紹介するカラペティ・バトゥバも、そんな良店の一つ。

さっそく紹介しよう。

カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)〜 麻布十番のカジュアルフレンチはカウンター席がいい!スタイリッシュだけど親密な空間も料理も素晴らしい!! [麻布グルメ]

▲ やってきました、カラペティ・バトゥバ。

以前は麻布十番のパティオの近くにあったが、移転していまは十番稲荷のすぐ向かいの大通り沿いの2F。

 

▲ コの字のカウンター席とテーブルのお店だが、おすすめはカウンター席だ。

 

▲ まずはグラスのシャンパンで乾杯。

 

▲ メニューはすべて手書きでアラカルト推し。

これもまた個性豊かで良い。

 

▲ カウンターの内側にスタッフの方たちが陣取り、ドリンクの提供をしてくれる。

 

▲ 自家製のフォカッチャ。

しっとりしていてこんがり焼けて素晴らしい。

 

▲ 栃木野菜とオマール海老のテリーヌ。

しっとり、さっぱりしていてまったくしつこくない。

全体的にお料理はかなりさっぱりしていて、全然もたれない。

 

▲ 白ワイン、シャルドネ。

 

▲ フォアグラのロワイヤル、栗のムースソース。

ふわふわのフォアグラに、ふわふわの栗のソースが良く合う。

 

▲ 続いてはブルゴーニュの赤を。

 

▲ ヒメジのポワレ。

僕はヒメジという魚をこのときまで知らなかった。

 

▲ カリフォルニアの重厚感のある赤。

 

▲ 黒毛和牛カメノコのロースト。

お肉も真っ赤で脂がない部位で、ジューシーだけどさっぱりしていてありがたい。

 

 

▲ ここでもうちょっと食べたいね、ということになり、彼女が気になっていた魚のスープを注文。

見た目はカレーとチーズみたいな感じだが、味わいはコンソメと深みのある魚のブイヨンという感じで、優しい。

 

▲ 最後にもう一杯赤を。

 

▲ デセールで〆。

まとめ

スタイリッシュながらとても親密な空間で、素敵な大人が思い思いにゆったりした時間を過ごしていて、とても素敵なお店だった。

お料理もどれもあっさりしていて日本人好み、ヘビーすぎず和のテイストが入っていて嬉しい。

とても良いお店で、繁盛している理由が分かった。

ぜひまた訪れたい良店。

カラペティ・バトゥバ、オススメです!!

カラペティ・バトゥバ お店情報

関連ランキング:フレンチ | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

更新履歴

2018年3月2日 コンテンツを公開しました。

2019年3月16日 2019年3月訪問レポートを追加してリニューアルしました。

2019年4月11日 2019年4月訪問レポートを追加しました。


あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!