5年前までの僕にとって「名古屋」とは名駅の「名古屋うまいもん通り」だけだった [日記] [2016年5月 名古屋・伊勢旅行記 8]

広告


日記ブログが楽しい。

思考のダダ漏れを知らず知らずのうちに我慢していたみたいで、この言いたいことを独り言のようにぶつぶつ呟くことが、堪らなく楽しい。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年5月名古屋・伊勢旅行記 目次

5年前までの僕にとって「名古屋」とは名駅の「名古屋うまいもん通り」だけだった [日記] [2016年5月 名古屋・伊勢旅行記 8]

JR名古屋駅に、「名古屋うまいもん通り」という飲食店街がある。

以前は何回か利用した記憶があるが、ここ数年はまったく興味がなく、立ち寄ることもなくなっていたし、その存在すら忘れていた。

ところが今回の旅で、たまたま名古屋駅を歩いていたときに、「名古屋うまいもん通り」の前を通りかかったときに、僕の感情が波打った。

かすかに、でも確実に僕の心がざわつき、並みを打った。

「なんだろう?」と思い、僕は思わず写真を撮った。

そして移動の電車の中で、僕は自分の心を探ってみた。

すると、出てきた。

サラリーマン時代の名古屋の思い出が。

当時の僕は、会社の仕事で名古屋に来ていた。出張だ。

そして、当時の僕は、会社の命令に逆らわないようにすることに、全神経を尖らせて生きていた。

だから、出張先の仕事が始まる前の早朝の新幹線に飛び乗って名古屋に来て、一日刈谷で仕事をして、夕方に仕事を終えるとその日のうちに新幹線で東京に戻った。

帰京後にオフィスに戻ることもしばしばあった。

だから僕は、名古屋のことをなにも知らなかった。

そんな僕が唯一探索していたのが、この「名古屋うまいもん通り」だったのだ。

仕事を終えて帰京する前に、夕食を食べるときに、「名古屋うまいもん通り」で味噌カツやきしめん、味噌煮込みうどんなど、名古屋のおいしいものを食べる。

それが当時の僕にできる、最大限の冒険であり、楽しみだった。

そのころの僕だって、名古屋に美味しいお店がたくさんあるだろう、ということはもちろん想像できていた。

でも当時の僕には、一歩を踏み出す勇気がなかった。

当時の僕にとっては、エスカ地下街すら、はるか彼方に霞んで見えていた。

「名古屋駅から出られない男」

それが当時の僕だったんだ。

だからいまでも「名古屋うまいもん通り」の前を通ると、僕の心はざわめく。

あの頃の劣等感と無力感の残存記憶が、いまでも疼くんだ。

大丈夫。

と、僕は自分の過去に寄り添って自分自身を癒していく。

今の僕は名古屋駅を出て、好きな場所に行くことができる。

平日だろうが何時だろうが、好きな場所に行って好きなことができる。

今の君はなんでもできる。

今の君は無力じゃない。

でも、あの頃の君は、会社の中で生き残るために、必死に頑張ったんだね。

偉かったね。

無理してたんだね。

もう大丈夫だよ。

いまの君は、誰よりも自由で、そして誰よりも楽しく生きているんだから。

旅の次の記事はこちら

2016年5月名古屋・伊勢旅行記 目次

名古屋をもっと知りたい人が読む本

名古屋に関する情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?<?h2>

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします