岩内神社(いわないじんじゃ)参拝レポート 〜 北海道岩内町の紅葉が美しい神社に参拝!! [北海道神社]

広告


北海道岩内郡岩内町にある「岩内神社(いわないじんじゃ)」に参拝してきたのでご紹介。

同じ漢字で読み方が「いわうち」な神社が石川県にあるが、こちら北海道は町も神社も「いわない」である。

この日は岩内温泉の「高島旅館」に宿泊予定。

今回の旅から滞在先の神社に参拝してブログに記事を書くという実践をスタートさせたので、検索してこの岩内神社に参拝。

さっそく紹介しよう。

岩内神社 基本情報

神社名 岩内神社(いわないじんじゃ)
住所 岩内郡岩内町字宮園41番地
電話番号 0135-62-0143
創建年 寛政年間
ご祭神 応神天皇(おうじんてんのう)
市岐島比賣神(いちきしまひめのかみ)
保食神(うけもちのかみ)
入場料 無料
駐車場 あり
ウェブサイト 北海道神社庁

Wikipedia

岩内神社 御由緒

以下、北海道神社庁サイトより引用。

寛政年間松前志摩守良広公が守護神である厳島大神を岩内場所請負人熊野屋与左衛門に命じて祭祀せしめ、文久2年8月15日当時上磯国茂辺地村矢不来天満宮祠官池田茂逢に北門防禦の守護神たる八幡神を奉じ祀職を命じ八幡社を創建せしめた。明治9年郷社に列せられ、明治31年4月19日付で岩内神社と改称した。明治32年1月25日同町22番地へ移転。

岩内神社 地図とアクセス

札幌より中央バス「岩内」下車。

最新! 岩内神社 1回目の参拝レポート 2019年10月

参拝日と参拝方法

2019年10月29日(火)。

社頭参拝。

当日の様子

▲ やってきました、岩内神社。

見事な紅葉に出迎えられる。

美しいなぁ。

 

▲ 石造りの鳥居も凛としていて紅葉と素晴らしく合っている。

 

▲ 境内へと進む。

 

▲ 穏やかで優しい雰囲気の社殿。

パッと見てすぐに雪が積もった姿を想像した。

 

▲ 誰もいない場所に静かに佇む美しい神社だ。

 

▲ 境内にあった忠霊の碑。

 

▲ 碑の由来。

この日のまとめ

訪れる土地ごとに神社に参拝するようになり、徐々にだけど、神社ごとの表情が分かるようになってきた。

凛として力強い神社もあれば、この岩内神社のように穏やかで優しい神社もある。

大変だとは思うけど、一度雪の時期に参拝したい、そんな神社だった。

北海道神社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします