北海道神宮 参拝レポート 〜 北海道一之宮 雄大で荘厳!円山公園の紅葉も見事!! [北海道神社]

広告


北海道札幌市中央区の円山公園にある「北海道神宮」という神社に参拝してきたのでご紹介。

今回の旅では、できるだけ北海道各地の神社に参拝したいという気持ちを持っていた。

その中でこの北海道神宮と摂社の開拓神社は参拝したい神社の筆頭だった。

札幌に着いた翌朝、中央卸売市場場外の「鮨の魚政」で朝食を終えた僕は二十四軒駅から地下鉄で円山公園に出た。

目的はもちろん北海道神宮参拝のためだ。

さっそく紹介しよう。

北海道神宮 基本情報

神社名 北海道神宮
住所 北海道札幌市中央区宮ケ丘474
電話番号 011-611-0261
創建年 1871年(明治4年)
ご祭神 大国魂神 (おおくにたまのかみ)
大那牟遅神(おおなむちのかみ)
少彦名神 (すくなひこなのかみ)
明治天皇 (めいじてんのう)
入場料 無料
駐車場 あり
ウェブサイト 公式サイト

サポカン

北海道神宮 地図とアクセス

東西線円山公園駅下車 徒歩15分
JRバス神宮前停留所下車 徒歩1分

最新!北海道神宮 1回目の参拝レポート 2019年10月

参拝日

2019年10月26日(土)の朝8:30ごろに参拝。

参拝方法

社頭参拝。

当日の様子

▲ やってきました、北海道神宮。

この日僕は地下鉄の円山公園駅から公園の中の見事な紅葉を眺めながら到着した。

あとから調べて知ったが、これは二の鳥居だそう。

 

▲ ずーんとひたすらまっすぐ続く参道が凛として美しい。

 

▲ ところどころに見事に色づいた紅葉が美しい。

 

▲ ご祭神と由緒。

昭和39年に明治天皇がご祭神に加わり、名称を札幌神社から北海道神宮に変更した。

北海道神宮は北海道の総鎮守、北海道の一之宮である。

 

▲ カラスに注意。

 

▲ 迫力ある神門。

 

▲ そして本殿へと向かう。

この日は社頭参拝をし、お札を頂いてきた。

 

▲ そして開拓神社のさらに先、紅葉に包まれる第3鳥居。

 

▲ 第三鳥居は風水的に金運に良いとされているという。

円山公園側に抜けようとしないと通らないので、ここは要チェックだ。

この日のまとめ

初めての参拝だったが、第二鳥居から神門を抜けて本殿へと至る参道の荘厳さには圧倒された。

ぜひ一度は昇殿参拝もしてみたい。

強いエネルギーをいただいた時間となった。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします