モンマルトルの丘からのパリの眺めはホントに絶景だった! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その34]

広告


ヨーロッパ旅行の最初の滞在地、パリも最後の日となった。

2012年ヨーロッパ旅行記、4日目パリ編。

2012年ヨーロッパ旅行記、3日目パリ編。

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

モンマルトルの丘からのパリの眺めはホントに絶景だった! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その34]

ホテルのチェックアウトが12時と多少ゆったりできるスケジュールだったので、午前中は行きたいところに行こうということになる。

そして最後の訪問地に選んだのはモンマルトル。まだ行ったことがない場所だが、ホテルから歩ける範囲。

 

朝のサン・ラザール駅。今回は北駅にも東駅にも行く機会がなく、このサン・ラザール駅ばかり眺めていた。

 

モンマルトルに向かってホテルからどんどん北東に向かって歩いていく。

ゆるやかな勾配をずっと上っていく感じ。

 

やがて徐々に坂がきつくなり、パリ中心地とは街並みが変わってくる。

独特のゆとりと田舎っぽさと、美しさ。

 

お店の壁がキレイな朱色に塗られていて思わず写真を撮った。

 

きれいなカーブ。並木も素敵だ。

 

パリ中心部ではなかなか見られない素朴な商店も見え始める。

 

カフェもいい感じ。

 

人通りは少なく、でも街並みは整然としていて、ちょっと不思議な感じ。

 

中心地から外れてもやはり路上駐車はパリ名物。

 

街の八百屋さんの表情。

 

果物。リンゴと桃がたくさん並んでいた。桃は日本のものよりずっと小さくて、スモモに近いのかな?

 

いよいよモンマルトルの岡の頂上に位置するサクレクール寺院が見えてきた。

あれ?階段の上に何か見えるぞ。

 

見えますか?階段の上に、タキシードとウェディング・ドレスを纏った新郎新婦が。

たまたま結婚式を挙げるカップルの撮影現場に居合わせたようでした。

ブロンドヘアーの白人カップルかと思ったら、中国系のアジア人カップルでした。まあそんなもんかもね。

 

サクレクール寺院を目指して。

 

 

 

 

 

 

 

鳶にも似た大きな鳥が空を舞う。

 

 

そしてようやく正面に回ってきた。これがモンマルトルの丘に聳えるサクレクール寺院。

 

 

 

ノートルダム寺院は撮影OKだったが、このサクレクール寺院は内部撮影NGだった。残念。

でも撮影OKの施設とNGの場所の違いって何なんだろう?

 

これがモンマルトルの丘から見たパリの景色だ!とにかく平らなんだよね。

 

 

 

 

凱旋門の上から眺めてもとにかく目立っていたサクレクール寺院。

 

さあ帰ろう。帰りは正面から長い階段を下りていく。

 

長い階段を下りると、メトロの入口が目の前にあった。

 

メトロに乗ってホテルのあるサン・ラザールまで戻ろう。

 

パリのメトロの駅の雰囲気って、ちょっとだけ大阪の地下鉄の感じに似てるような気がする。

東京っぽくないよね。

まとめ

ひんやりした秋の空気の中楽しいモンマルトル散策だった。

そして僕らはホテルに戻り、次の渡航先に向かう準備を始めた。

旅の続きの記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

パリをもっと知りたい人が読む本

2012年ヨーロッパ旅行記、こちらもご一緒にいかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします