パリに飛ぶならエールフランスがオススメな5つの理由! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その1]

広告


ヨーロッパ!

120829-01-14

2012年8月〜9月、フランス、ポルトガル、スペインのヨーロッパ旅行記、始まります!!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

2年ぶりのヨーロッパ、そして4年ぶりのパリにやってきた。

2年前は完全に仕事の出張として渡欧した。

その時はドイツだけ、しかも空港のあるハンブルグ以外は、仕事で滞在したハイデルベルグ近郊にしか行けず、すごく残念だった。

今回はサラリーマンとしてではなく、フリーのブロガーとして初めての海外ということで、すごく楽しみにしていた。

奥さんとの二人旅。ヨーロッパを満喫したいと思います。

今日からしばらく、ヨーロッパ旅行記を、できるだけたくさんブログに書きたいと思う。

美しい街並みや美味しい食事などをお伝えできればと思っています。

その第1回として、まずはヨーロッパへの空路、飛行機のお話しから。

パリに飛ぶならエールフランスがオススメな5つの理由! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その1]

成田からエールフランスでパリへ

120829-01-01

今回の旅の最初の目的地はパリ。僕はそれほど多くの場所を旅してきたわけではないけれど、今まで行った場所の中ではパリが一番好き。

パリの魅力については、ここでダラダラ書くよりも、今後行った場所などについていろいろ書きたいと思っているので、そちらを楽しみにしてください。

そしてパリに行くときは、僕は絶対エールフランスで飛ぶことにしている。
パリに行くならエールフランスがオススメなのだ。

オススメポイントを簡単にまとめてみよう。

念のため書いておくが、僕はエールフランス関係者ではないし、お金をもらって書いているのでもない。

単純に好きだから書いている。それだけのこと(^-^)。

おすすめポイント1. 成田から既にパリの雰囲気

120829-01-02

エールフランスはフランスのエアラインだ。

だから、機内アナウンスもフランス語が最初で、次が英語、そして日本語という順序になる。

アテンダントの方も、フランス人の方が多く、日本人は1人か2人しか乗っていない。

マガジンラックにもLe Mondeなどのフランスの新聞や、Finalcial Timesなどが置かれている。

成田の搭乗口をくぐった時から、そこはもうフランスの一部という気持ちにさせてくれる。

パリへの直行便は、エールフランス以外にもJALやANAも飛んでいるが、日本の航空会社でパリに飛ぶと、パリに到着するまでが日本の延長といか感じがする。

パリまでは片道12時間近くかかる長旅だ。往復23〜24時間、丸一日を機内で過ごすことになる。

その丸一日を、「日本」で過ごすか「フランス」で過ごすかを考えた時、僕の場合はちょっとでも長くフランスの雰囲気に浸っていたい。

なのて、成田からもうフランスという気持ちにさせてくれるエールフランスが、とても嬉しいのだ。

おすすめポイント2. エコノミークラスでもシャンパンが無料で飲める

120829-01-03フランスといえば、ワイン、そしてシャンパンの国として有名。

エールフランスでは、エコノミークラスに乗っても、シャンパンを無料で飲ませてもらえる。

他のエアラインでも、ファーストクラスやビジネスクラスだと無料でシャンパンが出てくる。

あと、お金を払ってシャンパンを買えるラインもある。

でも普通にサーブされる飲み物にシャンパンが含まれているのは、エールフランスだけだろう。

しかも、シャンパン産出国のフランスのエアラインだから、スパークリング・ワインではなく、本物のシャンパンが出てくる。

これはとても嬉しいサービス。僕はお酒大好きなので、いつも頼んでしまう。今日もしっかり飲んだ( ´ ▽ ` )ノ

おすすめポイント3. お酒が何杯でも無料

120829-01-04

アペリティフとしてシャンパンを頂き、食事の時には赤ワインを貰った。

赤ワインはミニボトルで提供されるが、これも無料。そしてお代わり自由。

アテンダントさんが「ワインもっといかがですか?」と聞いてまわるほど。

最近はビールやワインなどのアルコール飲み物が別料金になっているエアラインも多いなか、この太っ腹の対応は、さすがワインの国という印象。嬉しい。

おすすめポイント4. 機内食が美味しい!

120829-01-05

エールフランスは機内食が美味しい。

ファーストクラスがどんなことになっているかは知らないが、エコノミーでは、僕が今まで乗ったエアラインの中ではダントツの一番。

今日はお昼のフライトだったので、ランチとディナーの2回食事が出た。

 

120829-01-08

120829-01-09

メニューからして本格派。ちゃんとその日の献立が書かれていて、飲み物もリストになっている。

 

120829-01-10ランチ。メインはイタリアン風チキンソテーか、和風の牛肉煮込みのチョイスだったので、僕はチキンを。

 

120829-01-07

前菜のサーモンとツナのスモーク。これも美味しかった。

 

120829-01-06

そして忘れてはいけないのがフランスパン!

成田空港の近くに専門の工場があって、そこで焼き立てのパンを持ち込むのだそうだ。すごく美味しい。

 

120829-01-11

フランスだからチーズはカマンベール。パンに塗って食べても美味しい。ワインのおつまみにもGood。

 

そしてディナー。

120829-01-12

ヨーロッパ人は食事はランチを本格的に食べて夕食は軽めな習慣があるせいか、それとも単に2回目の機内食だからか、2度目の方が軽め。でもしっかり美味しい。

おすすめポイント5. アテンダントさんも良い!

キャビン・アテンダントさんは男性が多く、男女比半々くらい。

皆さんニコニコしていてとても対応も良い。フランス語で挨拶すると、とても嬉しそうな顔をしてくれる。

日本のエアラインのように若い女性ばかりということはなく(あれは日本だけの特殊な慣例ではないかと思う)、比較的年齢は高目だが、対応は変にキビキビし過ぎずのんびりしていて良い。

まとめ

120829-01-13

出張などの制約がなく、時間が許せば、僕は海外旅行に行く時は、渡航先の国のエアラインを選ぶことが多い。

ドイツに行くときはルフトハンザ、フランスに行く時はエールフランスという感じで。

JALやANAで飛ぶよりも、乗客の比率もその国の人の割合が高く、日本人が少ないことが多い。

その方が、成田から海外が始まっている気がして素敵だ。

というわけで、今回は11時55分成田発のエールフランス275便で無事パリに到着。11時間飛んでカラダがバキバキになったけど、4年ぶりのパリはやっぱりいい!

これからどんどんブログ書いていきますので、楽しみにしててくださいね( ´ ▽ ` )ノ

パリを満喫するぞー!

旅の次の記事はこちら

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら

パリをもっと知りたい人が読む本

ヨーロッパに関する情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうそ!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします