鎌倉初日の出はランニングで由比ヶ浜へ! 耳が痛くなるほど寒かったが絶景だった!! [鎌倉ライフ]

広告

2018年は除夜の鐘と初日の出を両方楽しむことができた貴重な年の初めとなった。

普段は早寝してしまい、除夜の鐘は聞けないのだが、今年はちょっと寝不足を覚悟で夜更かしのうえ早起きした。

といっても身体は不思議なもので、目覚ましなしで6時30分にぱっちり爽やかに目覚め、支度をして出かけると、バッチリ日の出の時刻。

やっぱりどうせ全部上手くいくのだ。

鎌倉初日の出はランニングで由比ヶ浜へ! 耳が痛くなるほど寒かったが絶景だった!! [鎌倉ライフ]

▲ まずやってきたのは材木座海岸。

材木座海岸は人影も少なめ。

 

▲ 材木座海岸は、逗子との境にある名越の山が近くにあるため、日の出がその山を超えてからの時間になるため、初日の出には適さない。

去年は材木座で日の出を待っていたのだが、寒いし時間は遅くなるしで辛かったので、今年は由比ヶ浜まで走っていき、由比ヶ浜で初日の出を見ることにしていた。

 

▲ 穏やかな元旦だ。

 

▲ 国道134号を由比ヶ浜に向かってランニング。

鎌倉市内は三が日は交通規制があって、中心部には車か乗り入れらない。

滑川の交差点も警察官の方たちが寒い中交通整理をされていた。

 

▲ どーん!

由比ヶ浜はものすごい人出。

花火大会のときみたいな大混雑。

 

 

▲ 由比ヶ浜は大混雑なので、一番奥まで走っていく。

ランニングで約2.5kmの地点。

 

▲ ここまで来ると、さすがに人は少なめで、主に地元の人たちという感じ。

ここで日の出を待つ。

 

▲ そしてご来光。

三浦半島の向こう側からなので、海から直接ではないのだが、それでも絶景だ。

ここまで来て良かった。

 

▲ 耳が痛くなるほど寒かったが、見事なご来光を拝むことができて良かった。

 

▲ というわけで、初日の出の5kmランでした。

今年もランニングも頑張ろう♪

まとめ

サラリーマン時代は、大晦日から日付が変わってもずっとだらだら起きていて、初詣でに行って酒を飲んで明け方に寝て、元日は昼前まで寝ていることが多かった。

それが、ランニングを始めてから元日の過ごし方がまったく変わり、毎年初日の出ランニングをするようになった。

いま検索したところ、ブログをスタートした翌月にあたる、2009年1月1日から、早朝初日の出ランを始めたようだ。

この習慣は、ずっと続けていきたいと思っている。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします