「週次デザイン」が自分の生命線だと再認識する [ライフスタイル]

広告

仕事をしていくうえで、誰もが弱点を持っている。

僕の場合、仕事のスケジュールの管理が甘くなり、見通しが立たなくなるのが弱点だ。

特に仕事のスケジュールが押してきて、忙しくなると、その傾向が強くなる。

「週次デザイン」が自分の生命線だと再認識する [ライフスタイル]

セミナーや講座、イベントなどの告知は、早いほど良いのは自明のこと。

なぜなら、告知が遅くなれば、皆さんどんどん他の予定を入れてしまい、「来たいのに来られない」人が増えてしまうからだ。

それに、個人の情報発信でイベントを認識してもらうには、かなり時間がかかる。

主催側が、そうとうしつこく告知しているつもりでも、実はあまり行き届いていないことが多い。

なので、告知を早くして、浸透する時間を確保することも大切。

なのに、バタバタしていると、目の前の仕事に追われてしまい、先の告知がどんどん後回しになってしまうのだ。

なぜこうなってしまうかというと、忙しくなると「週次デザイン」が雑になり、やがてやらなくなってしまうからだ。

僕は毎週月曜日に「週次レビュー」と「週次デザイン」をやっている。

レビューは前週の振り返りで、デザインはその週にやるべきことを俯瞰的に見て、書き出していく作業だ。

面白いというか、不思議なもので、僕は週次レビューを欠かすことはあまりない。

レビューはもう終わったことの振り返りなので、実は優先順位はちょっと低いはずだ。

でも、こちらは相当忙しくても、丁寧にやっていたりする。

ところが、もっと大事な「今週やること」を俯瞰する、週次デザインを、忙しくなると、サボりがちになるのだ。

11月はすごく予定が詰まっていたわけだが、ノートを振り返ると、週次デザインの書き出しを一回もやっていない。

だから、どんどん目先の仕事にばかり視点がいき、先の予定を曖昧なままにして、結果として告知がすごく遅くなったりしてくる。

今週月曜日に強い危機感を感じて週次書き出しをやって、仕事の棚卸しをしたところ、スイスイ仕事が流れ始めた。

ああ、やはりここが生命線なんだな。

週次デザインで、やることを書き出してリストにする。

そして、日次デザインで、週次に書いたことのうち、優先順位が高いものから処理していく。

さらに、週次に書かなかった「やること」を思い出したら、それも週次に書き加えたり、日次に書いて処理していく。

これを愚直にやっている限り、仕事は停滞しないし、どんどん処理が前倒しになっていくので、精神的にも良い。

というわけで、今後は、どんなに忙しくても、週次デザインだけは絶対にスキップしない、という誓いを立てた。

リマインダーアプリにしっかり入れたので、愚直に実行しよう。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします