鳩サブレー 鎌倉土産といえばこれ!明治生まれの豊島屋が生み出した銘菓中の銘菓!! [鎌倉]

広告


鎌倉土産といえば、まず思いつくのが豊島屋の銘菓「鳩サブレー」だ。

子供のころから食べているが、自分で買うことはなかった。

今回鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りしたら、鳩サブレー売り場があったため、思わず購入。

今年から麻布・六本木と並んで「鎌倉ブランディング」もしていきたいので、まずはド定番を紹介しようと思う。

鳩サブレー 鎌倉土産といえばこれ!明治生まれの豊島屋が生み出した銘菓中の銘菓!! [鎌倉]

160125-06 - 1

▲ 鶴岡八幡宮の参道の脇に、こんなオシャレなカフェがあった。

 

160125-06 - 2

▲ そしてその脇に、鳩サブレー売り場発見!

店員さんに教えてもらったのだが、カフェとこの鳩サブレー売り場は別々の経営で、関係はないとのこと。

 

160125-06 - 3

改めてこうしてパッケージが並んでいるのを見ると、なんとも壮観である。

シンプル・イズ・ベスト、という言葉を思い出す。

 

160125-06 - 4

▲ 購入したのはこちらのバッケージ。

鳩サブレー5個入りである。

 

160125-06 - 5

▲ 鳩サブレー登場。

裏面を見ると分かるのだが、添加物がほとんど入っていない。

小麦粉、卵、バター、砂糖、以上!みたいな潔さ。

この形と味、関東の人なら誰でもおなじみなのではないだろうか。

久し振りに食べたけど、やっぱり美味しい♪

 

まとめ

鳩サブレーの豊島屋といえば、鎌倉の「材木座」「由比ヶ浜」「腰越」3つの海水浴場のネーミングライツ、命名権を1,200万円で購入。

購入したが、あえて名前は変えず、そのままにした、ということで称賛を浴びた企業としても知られる。

地元民から愛されている海水浴場の名前を他の企業に変われないように買い取ったうえで、そのままの名前を残す、というのは、なかなかできないこと。

そんな地元愛に満ちた豊島屋の鳩サブレー、じっくり味わった。

次回は本店で買おうと思う。

鳩サブレーの豊島屋 オフィシャルサイトはこちら!

鎌倉をもっと知りたい人が読む本

鎌倉情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします