浅草神社 参拝レポート 〜 「三社権現」「三社様」浅草三社祭が有名な浅草総鎮守に参拝!! [東京神社]

広告


浅草の「浅草寺」の隣にある「浅草神社」に参拝してきたのでご紹介。

浅草神社浅草寺は江戸期までは神仏習合で一つの寺社であった。

それが明治の神仏分離により別法人になり、名称もそれまでの「三社権現」や「三社様」から「浅草寺」と「浅草神社」へと分離された。

ある意味いまの形は不自然なわけだが、分離から100年以上が経過して、分離した状態が定着している。

浅草神社といえば浅草三社祭が有名だ。

浅草神社も浅草寺同様いままで何十回も参拝してきたが、今までは神社の記事を書く発想がなかったため、今回初めての記事となる。

今後参拝のたびに少しずつ充実させていきたいと思っている。

浅草神社 基本情報

神社名 浅草神社
住所 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号 03-3844-1575
創建年 平安末期から鎌倉初期以降
ご祭神 土師真中知命(はじのまつちのみこと)

檜前浜成命(ひのくまのはまなりのみこと)

檜前竹成命(ひのくまのたけなりのみこと)

入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト 公式サイト

Wikipedia

浅草神社 御由緒

以下は公式サイトからの引用。

正確な創建年代は不明ですが、その起源と経緯や各時代の縁起等に記される伝承を鑑みて、仏教普及の一つの方便である「仏が本であり、神は仏が権りに姿を現じた」とする権現思想が流行り始めた平安末期から鎌倉初期以降と推察されます。

奇しくも明治政府より発せられた神仏分離令により、明治元年に社名を三社明神社と改めて、同五年には社格が郷社に列せられ、翌六年に浅草郷の総鎮守として現在の浅草神社に定められました。今でも氏子の方々にはその名残から「三社様」と親しまれています。

浅草神社 地図とアクセス

地下鉄/東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩7分
地下鉄/都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩7分
東武線浅草駅から徒歩7分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

最新!浅草神社 1回目の参拝レポート! 2019年11月

参拝日と参拝シーン

2019年11月20日(水)

社頭参拝。

当日の様子

▲ この日はあとに予定があったので、簡単に参拝だけ済ませる形。

浅草寺に比べると大幅に観光客は少ない。

 

▲ 振り袖を着ている女性はほとんどが外国人でビックリした。

ひさしぶりの参拝ができて良かった。

 

▲ 台東区教育委員会によりるプレート。

この日のまとめ

時間が限られていたのでちょっと慌ただしかったが、ひさしぶりに浅草神社に参拝できて良かった。

三社祭も最近は仕事とバッティングして参加できていなかったので、来年こそはゆっくり参加したい。

今後参拝のたびに追記して、充実したぺージにしていきたいと思っている。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします