濤亭(とうてい) 入田浜 伊豆下田 のオーシャンビューの部屋と豪華すぎる料理が凄い日本旅館!!

広告


鎌倉生まれで海が大好きな奥さん。

毎年夏には海に行く旅行を計画してきた。

そして今年は伊豆は下田の「入田浜」へとやってきた。

 

旅の情報収集は僕よりも奥さんの方が100倍以上優れているので、毎回奥さんが選んだ候補の中から、二人で相談して行く場所を決めている。

今回二人の意見が一致したのが入田浜だった。

そして宿は、奥さんチョイスの「濤亭(とうてい)」を予約。

入田浜まで徒歩1分というロケーションの良さと、温泉宿であること、そしてオーシャンビューが決め手だった。

 

 

では、どんな感じだったかを、ちょっとだけ紹介しよう。

濤亭(とうてい) 伊豆下田 入田浜のオーシャンビューの部屋と豪華すぎる料理が凄い日本旅館!!

濤亭(とうてい)は部屋からの入田浜の眺めが凄い!

△ 僕らが泊まった部屋からの眺め。オーシャンビューの素晴らしい眺め。

10月から3月までの冬場は、海からの日の出が見られるとのこと。

 

△ ちょっと不満だったのが、ご覧の通り目の前を通る電線の存在。

地方だと難しいんだろうけど、これ、地中に埋められませんかね。この電線の存在はちょっと邪魔だったなあ。

 

△ はるか彼方を行く船。お天気が良いと最高に気分がいい。

 

△ 部屋は落ち着いた和室。今回気合いを入れてスイートを予約したので、眺望的には宿で1番良かったはず。

だよね?多分?おそらく??(汗)。

 

△ 僕らが泊まったのは群青の間でした。

ここはクラシカルな旅館のスタイルで、中居さんが部屋に入ってくる。食事も運んでくれるし布団も敷いてくれる。

その代わり、ホテルのような完全なプライバシー空間にはならない。

 

△ 鏡台の脇からも海しか見えない。

 

△ この掛け軸の意味はなんなのだろう?全然不明w

 

△ 一つ上の写真に写っていた座卓に座ると目の前の景色はこんな感じ。海しか見えない。

 

△ 窓際にくるとこんな感じ。

 

△ 部屋から最大望遠でサーファーを追いかける。すごく上手。

 

△ カッコいいぜ!

 

△ あーーーっ!(笑)

 

【次のページ】濤亭(とうてい)の夕食はビックリするほど豪華だった!


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします