白米千枚田(しろよねせんまいだ)〜 石川県輪島にある世界農業遺産の棚田の風景が素晴らしかった!! [2016年6月 北陸旅行記 その37]

広告


石川県の能登半島の北端、輪島市の白米(しろよね)町にある、千枚田を見てきたのでご紹介。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年6月 北陸旅行記 目次

レンタカーで金沢から能登半島先端の町、珠洲を目指してドライブ中。

休憩を終えた僕は、能登半島の北側の海岸線を、東に向かってドライブした。

そして辿り着いたのが、ここ、白米の千枚田だ。

さっそく紹介しよう。

白米千枚田(しろよねせんまいだ)〜 石川県輪島にある世界農業遺産の棚田の風景が素晴らしかった!! [2016年6月 北陸旅行記 その37]

▲ やってきました、千枚田。

日本には何箇所か有名な千枚田があるため、ネットで検索すると、ここ輪島の千枚田は地名の「白米(しろよね)」とくっつけて、「白米千枚田」と呼んでいるものが多かった。

 

▲ 日本海を臨む。

遥か彼方の島はなんだろう。

 

▲ 細かい区画でびっしりと稲が植えられている。

 

▲ 訪れたのは2016年6月の梅雨入り直前の時期。

みずみずしい緑の縁どりが美しい。

 

▲ 海のすぐそばまで棚田は続いている。

 

▲ 手前の遊歩道から、棚田に入って僕たちも歩くことができる。

 

▲ 観光客も結構くるのだが、普通に農作業をしている方がいて、やりにくくないかな、と心配になったり。

 

▲ 秋の収穫の時期はまた違った美しさだろうな。

まとめ

千枚田、美しかった。

決して派手ではないが、世界農業遺産になるのも分かる気がする。

秋の収穫の時期に来たら、黄金色の稲穂が見られるのだろう。

その時期の夕暮れなんかもちょっと来てみたい。

旅の続きの記事はこちら

2016年6月 北陸旅行記 目次

白米千枚田 公式情報

能登をもっと知りたい人が読む本

能登・金沢情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします