袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前 — 天然温泉大浴場とサウナが嬉しい ベッドも広く満足の宿 [2014福岡・高知旅行記 その12]

広告

140804-04-01福岡の博多駅近くの「袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前」を利用したのでご紹介しよう。

旅の一つ前の記事はこちら

2014年夏 福岡 高知旅行記 目次

今年は1月、5月に続いて3回目の福岡訪問なわけだが、ホテルはすべて同じところにした。

そのホテルとは、「袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前」である。

以前にもこのホテルについて紹介している。以下のエントリーをご参照ください。

博多駅周辺には2つドーミーインのホテルがあるのだが、こちらキャナルシティ前の方が僕は便利で気に入っている。

さっそく紹介しよう。

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前 — 天然温泉大浴場とサウナが嬉しい ベッドも広く満足の宿 [2014福岡・高知旅行記 その12]

博多駅や天神周辺にはたくさんホテルがあるわけだが、このホテルをすっかり気に入っている。

ポイントは幾つかあるのだが、以下が大きい。

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前のお気に入りポイント

  • 天然温泉の大浴場がある
  • サウナがある
  • チェックアウトが11時と遅め
  • ベッドが広い
  • 電源・ネット関係が充実している
  • 朝食会場のコーヒーを部屋に持って帰れる

あと、このホテルの朝食は豪華なのだが、最近僕は朝食を食べなくなったので、朝食については抜いた。

年に3回も4回も泊まるとちょっと新鮮味がなくなり、他のホテルも試してみたくなる。

それでも続けて泊まってしまうのは、やはり気に入っているポイントが多いからだろう。

いっぽう、どのホテルでも良い点があればいまいちな点もあるわけで、イマイチな点も挙げておこう。

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前のいまいちな点

  • チェックインが15時で早めに着いても入れてくれない
  • ローカルルールが多い
  • 引き出し式クローゼットがない

いまいちな点はあまりないのだが、一応説明しよう。

チェックインが15時で早めに着いても入れてくれない

チェックインが15時というのは一般的な時間なのだが、多くのホテルでは早めに着いて相談すると、部屋の準備が出来ていればチェックインさせてくれる。

しかしこのホテルはしっかりアーリーチェックイン料金を取られる。

過去3回宿泊して、3回ともアーリーチェックイン料金を支払っている。

早く使わせてもらうので料金を払うのが嫌なのではないのだが、もうちょっと融通がきいてもいいかな、とも思う。

ローカルルールが多い

新興勢力のホテルチェーンに多いのが、「ローカルルール」だ。

そのホテルチェーンだけでしか通用しない、独自のルールのことを指す。

ドーミーインの場合、大浴場があるため、普通のホテルではNGな、浴衣的な部屋着でホテル内を歩いて良いことになっている。これもローカルルールの一つだが、これは別に気にならない。

問題なのが、部屋の掃除をして欲しい場合、朝9時までに部屋のドアに「掃除をしてください」ステッカーを貼らないと掃除をしてもらえないというローカルルールだ。

今回僕は2泊していて、2日目の朝はセミナー準備をしていたので10時半過ぎまで部屋で仕事をして、それから部屋を出た。

仕事をしている間に掃除に来られると面倒なので、「Do not Disturb」ステッカーを部屋を出るまでは貼っていた。

部屋を出るときに「掃除をしてください」ステッカーを貼って出かけたところ、夜に部屋に戻ってきたら、文句の紙がベッドの一番目立つところに置かれていた。

内容としては、「9時までにステッカーを出していなかったけど、今回は特別に掃除しておいた。次回からはルール守ってね」的なもの。

これは読んで一瞬カチンと来た。

ローカルルールが多いと、息苦しく窮屈に感じる。

お客がホテルに合わせて滞在しなければならないというのは、どうも好きになれない。

引きだし式クローゼットがない

これも最近のトレンドで、引きだし式クローゼットがあるホテルの方が少なくなってきた。

僕はスーツケースの中の荷物はチェックインしたら全部クローゼットに出してしまいたいのだが、それができない。

仕方なくずっとスーツケースのファスナーを開けたまま、用事があるたびに出し入れしていて落ち着かない。

これはでも全国的なトレンドなので、もう嘆いてもダメなのだろうと諦めている。

というわけで、気に入っている点といまいちと思う点を列挙したところで、写真とともに簡単にホテルを紹介しよう。

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前 — 天然温泉大浴場とサウナが嬉しい ベッドも広く満足の宿

140804-04-01

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前入口。博多駅から徒歩7分くらい。歩きたくない方は天神方面行きのバスがひっきりなしに通っている。

バスは100円とお得。

地下鉄の祇園駅から歩くという手もあって、こちらは徒歩5分ほど。

僕は博多駅ビルで昼食を食べることが多いので、博多駅から歩いてしまうことが多い。

キャナルシティのすぐ隣で、中洲や天神も徒歩圏内だ。

 

140804-04-02

部屋のベッドが広いのが嬉しい。

「ダブルルームのシングル利用」というプランになっているのだが、ビジネスホテルだから、多分もともとダブルはシングル利用を見込んでいるのでは?と思う。

 

140804-04-03

枕元に電源コンセントがあるのも重要。あと、調光器でスタンドの明るさを無段階で変えられるのも嬉しい。

 

140804-04-04

ライティングデスクも広々していて嬉しい。

椅子がもうちょっとちゃんとしてたらもっと嬉しい。

あと、ごちゃごちゃと広告がたくさん並ばないともっと嬉しい(笑)。

 

140804-04-05

余計なものを全部片づけてデスクスッキリ。テレビもいらないので本当は撤去して欲しいんだけどね。

予約入れるときにリクエストしたら撤去しておいてくれるかしら?

 

140804-04-06

部屋と洗面台の間にドアがあるのもポイント。冷蔵庫が洗面台側にあるので、スイッチを入れていても夜中音が気にならない。

洗面台スタイリッシュだよね。

 

140804-04-07

ドーミーインの特徴として、天然温泉の大浴場がある代わりに、部屋にはバスタブがなくてシャワーだけ。

僕はホテルに着いてまず汗を流すときにシャワーを利用して、夜と朝ランニングから戻ったあとに大浴場に行った。

大浴場でのびのび広々入浴できるので、部屋にバスタブがなくてもまったく問題ない。

 

140804-04-08

大浴場はホテル2階にある。

ちなみに女湯は、ドアに鍵がかかっていて、チェックイン時に受け取るパスコードを入れないと中に入れないようになっているらしい。

そこまでする必要があるかしら?と思うけど、まあ、安心なんだろうね。

 

140804-04-09

普段大浴場の写真は撮れないけど、この日はなんと誰もおらず貸し切り!

というわけで脱衣場。

風鈴がぶら下がっていていい音がしていた。

 

140804-04-10

右手が大浴場。体重計があったり冷水機があったり。右手前は洗面台が並んでいる。

 

140804-04-11

大浴場。内湯と外湯、それに冷水風呂、サウナがある。

中央にぼんやり見えているのが内湯。

お湯は無色透明で、ちょっとだけ硫黄っぽい匂いがある。

 

140804-04-12

こちらが外湯。

「外湯」といっても、ビルの2階なので「露天風呂」ではない。

写真奥の椅子が見えている辺りが、天井がなくて一応外気が入るようになっているので、「外気風呂」と呼ばれている。

冬に朝ここに来たら、ぷかぷかたくさん林檎が浮いていて、「林檎風呂」となっていた。

ちなみにこの外気風呂、左手にテレビが埋め込まれている。

スピーカーもあって音も聞こえるようになっている。

あと、サウナの中にもテレビが埋め込まれていて、音も出ている。

個人的にはテレビには興味がないので、ゆっくりお風呂に入るときにテレビはいらないのではないか?と思う。

でも、裸でじーっとテレビに見入っているおっちゃんを良く見かけるので、テレビがあるときっと好評なのだろう。

一度サウナの中のテレビのチャンネルを、フロントに電話をかけて変えさせているおっちゃんもいた。

黒服の人がやってきてリモコンでサウナの中のテレビのチャンネルを変えていて、ビックリしたことがある。

 

僕はサウナでチリチリに温まって、そのあと冷水風呂でキンキンに冷やす、というのを繰り返す「温冷浴」が好き。

温冷浴をやると、疲れがぱーっと取れて元気になる。

 

140804-04-13

朝食。

前回までは朝ごはんを食べていたので、このホテルの豪華な朝食が嬉しかったのだが、今回はフルーツとコーヒー、それにリンゴ酢のみ。

そういう目で見ると、もうちょっとフルーツの種類と、あとフルーツの鮮度にもこだわって欲しいな。

一応スイカとマンゴーなんだけど、かなり寂しいクオリティーであった。

 

140804-04-14

2日目の朝食はメロンとアメリカンチェリー。この日のチェリーもちょっと元気がなくて残念だった。

まとめ

ベタ惚れ、というほど気に入っているわけではないのだが、コストパフォーマンスが良く、従業員の皆さんも親切、そして冒頭に書いたように色々とお気に入りポイントが多い。

9月にまた福岡に行く予定があって、またここに泊まるかどうか、さすがにちょっと迷っている(笑)。

でも、大浴場の快適さ、広々ベッドの楽々さなどを経験してしまうと、それらがない他のホテルにはちょっとなかなか興味が持てないというのが正直なところ。

平均点がとても高いというのが一番ぴったりな言葉なのではないだろうか。

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前、福岡旅行を予定されている方は、ぜひ候補に入れてみてください。

なかなかオススメです。

旅の次の記事はこちら!

2014年夏 福岡 高知旅行記 目次

袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前 のチェックはこちらから!

福岡をもっと知りたい人が読む本

福岡情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

自分の「好き」「得意」をセミナー・講座にして登壇したい人のための1day講座開催(東京、平日・休日)

自分の「好き」「強み」をネットで発信するだけでなく、セミナー・講座にしてブログとSNSで集客しよう!! 休日コース11/18、平日コース11/29開催。

講座の作り方セミナーについて詳しくはこちら

「複業」時代のひとりビジネス構築法をすべて伝えます!!

ネット時代の「一人ビジネスの構築方法、育て方、そして多角化までをぎっしり詰め込んだ1day講座開催! ブロガーとして独立してから7冊の本を出版し、講座・セミナーを多数企画・開催、心理カウンセラー、ブランディングコンサルタントとしても活動する「スラッシャー」立花が直接指導。 12/9に休日コース、12/20に平日コース開催。

一人ビジネス構築セミナーについて詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします