ノートル・ダム大聖堂 〜 パリ シテ島にある伝統ある教会は何もかもが大迫力だった!写真撮影OKが嬉しい!! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その27]

広告


パリのシテ島にある、あのノートル・ダム大聖堂にやってきた。さっそくご紹介しよう。

2012年ヨーロッパ旅行記、3日目パリ編。

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

ノートル・ダム大聖堂 〜 パリ シテ島にある伝統ある教会は何もかもが大迫力だった!写真撮影OKが嬉しい!! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その27]

ポンヌフを渡ってシテ島に入った我々は、そのままノートルダム寺院を目指す。

外壁にびっしり施される彫刻に圧倒される!!

来ました!ノートル・ダム!

前回4年前にも来たのだが、その時たくさんたむろしていたジプシーや物乞いの人達が今回は全然いなかった。

 

外壁にビッシリと施された彫刻が圧倒的な迫力だ。

 

 

 

 

 

 

寺院内部も撮影OK!荘厳な雰囲気に息を飲む

寺院の中に入る。

宗教施設は写真撮影を禁じているところが多いが、ノートルダム寺院はフラッシュを使わなければ、撮影自体はOK。

これは嬉しい。

 

中心の座席は信者の人たちがお祈りをしたりミサに参加するためのもので、我々は入ることはできない。

 

 

 

 

ステンドグラスも凄い迫力。

 

 

 

 

美しさに圧倒されつつも、宗教とこのような凝った表現の結合自体にはどうしても違和感を感じてしまう。

 

ここが祭壇になっている。4年前に来た時はたまたまミサをしていて、ここに神父さんが立ってお説教をしていた。

今日は無人。

 

 

 

 

 

 

 

向こう向きに跪いているのは人形ではなく、本物のご婦人。

 

 

「お静かに」という札には日本語も書かれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び外に出て裏手に回る

外に出て裏手に回る。尖塔も重厚感たっぷり。

 

横から見たノートルダム。

まとめ

以前に一度来ているのに、それでも圧倒される大迫力。

さすがノートルダム寺院。異教徒の人間でも引き込まれるのだから、敬虔な信者の方達にとっては、すごいインパクトだろう。

これだけの建築物を造らせた、そのエネルギーが何だったのか、それがとても気になる。

旅の続きの記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

ノートル・ダム大聖堂 公式情報 (フランス観光開発機構)

パリをもっと知りたい人が読む本

2012年ヨーロッパ旅行記、こちらもご一緒にいかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします