パリの凱旋門は屋上まで昇るとずっと楽しい 〜 美しすぎるパリ写真日記 [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その14]

広告


ホテルを出てマドレーヌ教会からコンコルド広場を通り、シャンゼリゼ大通りを歩いてきた。

2012年ヨーロッパ旅行記2日目、パリ編。

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

そしてやってきたのは凱旋門。泣く子も黙る大名所である。

パリの凱旋門は屋上まで昇るとずっと楽しい 〜 美しすぎるパリ写真日記 [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その14]

パリに来たら毎回絶対来てしまう。お上りさんと呼ばれてもいい!ここはやっぱり好きだ。

 

凱旋門の交差点はロータリーになっている。何と12本の道路が放射線状に交差点に集まっている。

 

ご覧のようにぐるぐると車がひっきりなしにロータリーを回っているので歩行者は横断不可。

凱旋門に渡るには、地下道を潜っていく必要がある。

 

超広角レンズで引いて撮ってみたところ。

 

シャンゼリゼ大通りの標識。

 

シャンゼリゼ。手前の地下に下りる階段が、凱旋門に向かう地下道に続く。

 

地下道を潜ると凱旋門の麓に来ることができる。

麓までは無料で来られるが、9.5ユーロ払うと門の上まで昇ることができる。

昇るだけで9.5ユーロは高いと思い、今までは一度も昇ったことがなかったが、今回は意を決して昇ってみることにした。

 

凱旋門の麓から、シャンゼリゼを臨む。

 

真下から凱旋門を覗く感じで。いやん♡。

 

こちらは反対側。ラ・デファンス方面。ラ・デファンスは現代的な超高層ビルが建ち並ぶ一角。僕は行ったことがない。

次のページでは凱旋門の建物内部をご紹介!意外とあまり知られてないんだよね。

【次のページ】パリの凱旋門の中はどうなっているの?どうやって屋上まで上るの??


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

日々の気づき、星の動きや暦などを軽いテイストでお届けする「次はどこへ行こう」

週に1本尖った長い記事が届く「風の時代に海の街より 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!