so-bar 音ゆ 〜 金沢 ひがし茶屋街 裏手に潜む隠れ家バー! 昼は別名で蕎麦屋として営業!! [2016年 冬 北陸旅行記 その28]

広告


金沢のひがし茶屋街の裏道に潜むバー、「so-bar 音ゆ」をご紹介。

2016年冬 北陸旅行記 金沢編。

旅の一つ前の記事はこちら!

2016年 冬 北陸旅行記 目次はこちら!

雪が舞う中ひがし茶屋街を抜け、一本裏手の路地に入る。

そこにぼんやりと薄明かりが灯り、看板が見えてきた。

食べログにもデータはあるが、評価はされておらず、完全な隠れ家バーだ。

さっそく紹介しよう。

so-bar 音ゆ 〜 金沢 ひがし茶屋街 裏手に潜む隠れ家バー!  昼は別名で蕎麦屋として営業!! [2016年 冬 北陸旅行記 その28]

160321-04 - 1

▲ 雪が舞う金沢ひがし茶屋街。

この一本裏手の路地に向かう。

 

160321-04 - 2

▲ こんなところにバーがあるのかと唸るロケーション。

まさに隠れ家だ。

 

160321-04 - 3

▲ 茶屋街の街並みに溶け込む建物は、もともとは銭湯だったものを改築したとのこと。

 

160321-04 - 4

▲ 夜は「so-bar 音ゆ」として営業しているが、日中は「武右衛門」という名前の蕎麦屋さんとして営業している。

看板にも「BUEMON」と「OTOYU」と両方の名前が入っている。

 

160321-04 - 5

▲ 暖簾も昼は掛け替えるのだろうか?

 

160321-04 - 6

▲ 店内。

吹き抜けになって天井が高いのは、銭湯の名残だろう。

 

160321-04 - 7

▲ ジャズが静かに流れる店内は、意外と明るく夜も営業しているカフェのよう。

 

160321-04 - 8

▲ お通しで出てきた赤かぶの浅漬けが、とても美味しかった。

 

160321-04 - 9

▲ こちらは昆布。

お通しが渋い。

 

160321-04 - 10

▲ グレンリベットのロックをいただきつつ、金沢の夜が更けていく。

まとめ

今回はおなかがいっぱいの状態だったので、食べ物を注文できなかった。

次回はぜひ名物のおそばを食べてみたいものだ。

昼の蕎麦屋さんの顔も見てみたい。

昼と夜で衣替えするお店が金沢にはいくつかあるようだが、面白いスタイルだと思う。

楽しみ方が増えていいいね。

旅の次の記事はこちら!

只今準備中♪

2016年 冬 北陸旅行記 目次はこちら!

so-bar 音ゆ お店情報

関連ランキング:バー | 北鉄金沢駅七ツ屋駅金沢駅

金沢をもっと知りたい人が読む本

金沢情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします